家族愛の意味   



スポンサーリンク

家族愛の意味

■家族愛とは?意味。家族間の人間関係を良好にする、保つ秘訣・コツとは?家族仲良し、家庭円満のコツ・方法とは?

家族愛の意味
【家族間の人間関係とバランスは愛によって成り立つ】カタルシス(浄化)を経験する。




バス男「むむ、けしからんですなぁ。バス香ちゃんの素敵な笑顔は、けしからん。また、お金を使ってしまいそうだ (´⊆`*)ゞテヘヘ」


バス子
「バス男さん、嬉しそうな顔して独り言いうのは辞めなさいよ。」


「バス子ちゃ〜ん、このサイト【桃もも動画桃源郷】は、本当にけしからんサイトでね。僕の経済状況が悪化している諸悪の根源みたいなサイトで・・。」


「諸悪の根源は、バス男さんの‘心’でしょ?」


「なっ、・・そ、そんな考え方もあるのか。・・・なるほど。」


「なに深く感銘を受けているのよ、仙人の【家族愛の意味/カタルシス(浄化)を経験する】を聞き、心を浄化してきたらどう?」


「仙人様の【家族愛の意味/カタルシス(浄化)を経験する】かぁ。」







〜家族間の人間関係とバランスは愛によって成り立つ〜

1.家族愛の意味/カタルシス(浄化)を経験する

@とある家族の事例

■ ある年の4月・・

桜の花が咲き乱れる、よく晴れた日曜日・・健二と加代子の結婚式が行われた。

健二は、明るい自立心強い会社員であり、仕事に一生懸命な男だった。
加代子は、ネガティブになりやすい側面はあるものの、だからこそ、明るい健二に惹かれ、「健二をサポートしていきたい!」とポロポーズを受け入れ・・2人は結婚することになったのであった。

結婚生活は、たまに専業主婦の加代子が体調を崩し入院をする面を除けば、順風満帆であった。
子宝にも恵まれ・・長女の早紀が生まれ、その後も1人の子供を授かることになった。

健二の仕事は上手くいっており、比較的裕福な家庭の中、早紀たちは、すくすくと育っていった。
家族の全てが上手くいっていた。
早紀が社会人になった年の、あの日が来るまでは・・。



A突然の死 〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
■穏やかに晴れた冬晴れの日が続いていたのに・・あの日は、久し振りの曇りであった。

まだ慣れない仕事/職場ではあったが、父の健二に似たのか?明るい早紀は、初めての仕事/職場にて、夢や、やりがいを持ちつつ働いていた。
その矢先・・父の{突然の不幸}の電話が職場に入ったのであった。


突然の・・であったため、早紀は父親と、最後に話しをすることさえ出来なかった。
冷たく硬直した父の側で、早紀は、ただ泣いた。ただただ、泣いていた。
ショックだった。
明るく、優しい大好きな父だった。
父はまだ若く、死ぬには早すぎる年齢だった。ショックだった。涙が止まらなかった。


その後、妻であり母であった加代子は、精神的ショックで入院した。
下の兄弟も、抜け殻のようになり学校に行けなくなった。
父・健二の死後、家族は崩壊していた・・。

父であった‘健二’無き家族にて、経済的にも精神的にも、頼れそうなのは早紀しかいなかった。

「私が明るく振舞い、私がしっかりしなきゃ!でないと、大切なものを、また失っちゃう!!」
早紀は泣くのを辞めた。

20代前半の早紀は、母の加代子や、下の兄弟のために、それまで以上に明るく振舞い、仕事を頑張り始めるのであった。

「私が明るく振舞い、頑張らなきゃ、家族が崩壊しちゃう!!」
そんな漠然とした恐怖感・・早紀自身も自覚はしていない恐怖感が、早紀を突き動かし、早紀はそれまで以上に頑張るのであった。



B結婚 〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
■時の経過は、人の心の傷を癒してくれる・・。

父の{突然の不幸}によりどん底にまで落ち込んだ家族であったが、時の経過とともに、少しづつ、それぞれが、それぞれの道を歩み始めつつあった。

下の兄弟も、学校に通えるようになり・・今は卒業し、働き始めている。
母‘加代子’も、精神的に落ち着きを取り戻し退院して久しい。

そんな折、早紀はお見合いにて、会社員である‘優輝’と出会った。
優輝は、完璧主義すぎる部分がたまに傷ではあるが、精神的にも自立した、責任感の強い真面目な男性であった。
2人は惹かれ合い結婚した。

結婚生活は、たまに夫である‘優輝’が、真面目で完璧主義すぎるがために、ピリピリとした雰囲気を出すことになる面を除けば、順風満帆であった。
子宝にも恵まれ・・長男の蒼人が生まれ、その後、長女の彩加を授かることになった。

夫婦は、子供達の幸せを願い、だからこそ{子供への教育}に力を注いだ。
長男の蒼人も、長女の彩加も、親達の期待に応える形で、塾等の習い事をはじめ、真面目でまっとうな子供として育っていった。

優秀な子供達。
父である‘優輝’の仕事も含め、家族の全てが上手くいっていた。
しかし、そんな幸せな日々も、長くは続かないのであった・・。



C家族間の変化 〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
■時代の変化のためであろうか?
父である‘優輝’の勤め先会社は、業績不振へと陥り始めていた。
‘優輝’の給料は減らされ、リストラや解雇の不安も、現実的なものとなり始めていた。

‘優輝’が、真面目で責任感が強く、完璧主義すぎるからであろうか?
仕事が上手くいかないことに責任を感じ、自分を責め始め・・・家ではピリピリとした雰囲気を出すことが増えていき、家庭内には、ピーンと張り詰めた緊張感が漂うようになっていった。

「お前は、なにをやっているんだ!?なんだ、このテストの点は!」
父である‘優輝’の、子供達に対する厳しさも増していった。


そういった両親の{期待・プレッシャー・ピリピリとしたピーンと張り詰めた緊張感}に応えきれなくなってしまったのか?
長男の蒼人は、進学校であった高校を、不登校気味になった。

両親にとって、期待の長男が不登校になるのは、大変なショックであった。
家庭の雰囲気は、さらに重苦しいものになっていった。
両親は、心配だからこそ長男の蒼人に構うことが増えた。

そして、両親に迷惑をかけたくない!という深層心理も働いていたのか?
長女の彩加は、それまで以上に、真面目で成績優秀な子供として、勉強にスポーツ等に頑張るのであった。


そしてある日、ついに父‘優輝’に、会社からリストラが言い渡された。

無職となった‘優輝’は、自分を責め、将来を憂い・・だからであろうか?
ストレスより胃潰瘍となり、それが治った矢先、今度は、命の危険すらある難病が発症していることが発覚した。

母親となっていた明るい早紀は、「無職となった夫‘優輝’の分まで!」と、頑張って働いていた。その矢先・・夫の{命の危険すらある難病}の電話が職場に入った。

ショックだった。
大好きな父を亡くし、ただただ泣いた‘あの日’のこと・・・思い出さないように努めていた‘あの日’のことが、瞬時にフラッシュバックした。

「また、大切な人を亡くしてしまうの?」・・ショックだった。皆のいる職場にて、涙が止まらなかった。


父‘優輝’が難病の手術のために入院しており、長男が不登校になっている家族にて、経済的にも精神的にも、頼れそうなのは母親である早紀しかいなかった。

「私が明るく振舞い、私がしっかりしなきゃ!でないと、大切なものを、また失っちゃう!!」
早紀は泣くのを辞めた。

40代となっていた早紀は、夫や、子供達のために、明るく振舞い、それまで以上に、さらに仕事を頑張り始めるのであった。

「私が明るく振舞い、頑張らなきゃ、家族が崩壊しちゃう!!」
そんな漠然とした恐怖感・・早紀自身も自覚はしていない恐怖感が、早紀を突き動かし、早紀はそれまで以上に、もっとポジティブに、もっと自立して、頑張り始めるのであった。

大切な人を失いたくなかった。
大切な家族が、これ以上崩壊していくことが恐かった。

「私が頑張らなきゃ!」
早紀は、それまで以上に、明るく前向きに家庭内で振る舞い、仕事に頑張るのであった。

そして、父が病に倒れ入院したことが影響したのか?
しばらくすると、長男の蒼人は少しづつ以前の状態に戻り始め、学校にも通えるようになってきた。

と同時に、今度は、あれほど優秀であった妹‘彩加’が、ネガティブに落ち込む機会が増え、うつ気味になっていき、学校を休みがちとなっていくのであった・・。



Dみな愛のために・・ 〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
■家族みな、愛のために・・
皆、愛されたいがために・・。

そして、【バランスの法則(この世界は、バランスをとろうとする傾向がある)】の力学が働き、上記のような家族愛・家族のドラマが生まれたのであった。


〜専業主婦/加代子の事例〜
→加代子は、ネガティブに物事を考えがちな面をもち、体調を崩し入院する機会もある人物であった。
それも、愛のためであった。愛されたいがためであった。

夫である健二は、明るい自立心強い会社員であり、仕事に一生懸命な男だった。
そして、この世界には【バランスの法則(宇宙は、バランスをとろうとする傾向がある)】があるため、妻である佳代子がネガティブな傾向でいれば、バランスをとるかのように、夫である健二は、明るい側面が引き出され・・明るい前向きな夫でいられるのであった。
妻である佳代子は、潜在意識レベルにて、夫である健二に、明るい前向きな人でいて欲しい!と願っていた。だからこそ自分は、ネガティブな傾向をもち続けていたのであった。

また、体調を崩し入院をすれば、つい仕事ばかりになりがちな健二も、その時ばかりは仕事を離れ、‘私(加代子)’のことを心配してくれるため、だからこそ体調を崩すこともあったのであった。夫の愛を感じたいがために、無意識的に体調を崩していたのであった。


〜長女・母/早紀の事例〜
→早紀は、明るくポジティブで、精神的にも経済的にも自立した人物であった。
それも、愛のためであった。愛されたいがためであった。

父‘健二’が亡くなった時も、夫‘優輝’が病に倒れた時も、経済的・精神的に、頼れそうなのは早紀しかいなかった。早紀が、頑張るしか選択肢がなかった。
そのことは、早紀の{ポジティブな傾向}や{自立心}を引き出すことになった。
早紀にとっては、自分が自立しポジティブでいることが、唯一、家族愛を守る手段であると思われた。‘私(早紀)’がしっかりしないと、家族が崩壊していくように思えた。
そして、自分がしっかりし頑張り、家族の役に立つことで、‘私(早紀)’は、家族から愛してもらえる!とも信じ・・
だからこそ、早紀は愛されたいがために、家族愛を失いたくないがために、よりポジティブに、より自立し、より頑張り続けるのであった。


〜夫・会社員/優輝の事例〜
→優輝は、真面目で完璧主義な自立した人物であった。
それも、愛のためであった。愛されたいがためであった。

責任感の強い優輝の脳内では、「一家の大黒柱である‘俺(優輝)’が頑張らないでどうする!?俺が頑張るしかないだろう!」という声が、いつも聞こえていた。
‘俺(優輝)’が頑張らないと、家族は上手くいかず、崩壊してしまうようにも潜在意識レベルでは思えていた。
だからこそ、優輝は、ミスや抜けがないよう完璧に、いつも頑張るのであり・・・そんな頑張っており完璧な自分に比べると、子供達が、無責任で、何も考えておらず、いい加減に見えるのであった。

そのため「お前は、なにをやっているんだ!?なんだ、このテストの点は!」と、子供達を叱り、子供達を頑張らせるために、あえて、優輝は良かれ!と思い、あえて、ピリピリとした雰囲気を醸し出していたのであった。
ピリピリとした雰囲気を醸し出し、子供達を‘恐さ’によってコントロールすることで、家族の統率を計ろうとしていた。
それが、自分に出来る最善の方法であると無意識的に思っており・・・そうやって結果(まとまりある家族/まともで優秀な子供達)を出すことにより、自分は一家の大黒柱である父親の役割を果たせることになり、役割を果たせれば、周りや家族達から、愛してもらえる!と、漠然と信じ込んでいたのであった。
愛のためであった。愛されたいがために、良い結果を出そう!と、ピリピリとした雰囲気を醸し出しながら生きていたのであった。


〜長男/蒼人の事例〜
→蒼人は、両親の{期待・プレッシャー・ピリピリとしたピーンと張り詰めた緊張感}に応えきれなくなって、不登校となった。
それも、愛のためであった。愛されたいがためであった。

父親である優輝の中に、「イライラ/ピリピリ」などの、暴力的なエネルギーがいつも溜まっていることを、子である蒼人は潜在意識レベルでは知っていた。
父親・優輝の中にある「イライラ/ピリピリ」などの、暴力的なエネルギーが、外である子供(蒼人)に向かわねば、内に向かうことになり・・父親・優輝が、病気になってしまうことを、子である蒼人は潜在意識レベルでは知っていた。

だから蒼人は、あえて、無責任で、何も考えておらず、いい加減な側面を無意識的に父親の前では出していた。
あえて、不登校な駄目な自分を出すことになっていた。
そうすることにより、自分が父親から怒られることで、父親の中にある「イライラ/ピリピリ」などの、暴力的なエネルギーを自分に向かわせていた。父親には病気になって欲しくなかったのである。

そして、父親である優輝がリストラに合い、「イライラ/ピリピリ」などの、暴力的なエネルギーを本人(優輝)に向かわせることになり、優輝が病気となり入院したことで・・蒼人はあえて、駄目な自分を演じる必要がなくなり、その後、以前の状態に戻り始め、学校にも通えるようになっていったのであった。

及び、真面目でまっとうで、優秀な子供として育った蒼人は「駄目な僕でも、両親は僕のことを、愛してくれるか?」を知りたくて・・つまり、両親は自分のことを、無条件に愛してくれるか?を知りたくて、確認したくて、あえて、不登校である駄目な自分となっていた側面もあった。
全てが無意識のうちに行われていた。全ては愛のためであった。愛されたいがためであった。


〜長女/彩加の事例〜
→彩加は、優秀であったが、父の入院を境に、ネガティブに落ち込む機会が増え、うつ気味になっていき、学校を休みがちとなった。
それも、愛のためであった。愛されたいがためであった。

長男である蒼人が不登校となった際、両親に迷惑をかけたくないがために、長女の彩加は、それまで以上に、真面目で成績優秀な子供として、勉強にスポーツ等に頑張るようになったのだが、それも、両親から愛されたいがためであった。
彩加は「成績優秀で手のかからない子供」になれば、両親から愛してもらえる!と考えたのであった。

そして、この世界には【バランスの法則(宇宙は、バランスをとろうとする傾向がある)】があるため、1人家族のために奮闘する母・早紀が、明るくポジティブになればなるほど、長女彩加は、ネガティブに落ち込む機会が増えたのであった。
また、そうすることで、母・早紀に「そんなに無理してまで頑張らなくても、大丈夫なんだよ。家族も世界も、無理してまで頑張らなくても、崩壊しないよ。」と伝えたいがためでもあった。

及び、彩加は、優秀であったからこそ、「優秀ではない私でも、両親は私のことを、受け入れ愛してくれるか?」を知りたくて・・つまり、両親は、兄である蒼人に対してのように、自分のことも、無条件に愛してくれるか?を知りたくて、確認したくて、あえて、ネガティブに落ち込む機会が増え、うつ気味になっている側面もあった。
全てが無意識のうちに行われていた。全ては愛のためであった。愛されたいがためであった。



家族愛・家族のドラマ全ては、愛のためであった。愛されたいがためであった。
この世界の根底は、愛で成り立っているからであった。



E家族愛の意味とカタルシス(浄化)
■私達は、愛のために、そして愛されたいがために、あえて、駄目な自分となったり・・・1人奮闘して頑張ったりと、する側面もあるようです。

例えば上記の家族の場合・・上記の話の中では、長女彩加は、ネガティブな側面が引き出されることになったのですが、逆に「私も早紀お母さんみたいに、ポジティブで自立した女性にならなきゃ!」と思い、長女は母親を見習い、ポジティブで自立した女性を目指し始めるケースもあるでしょう。

ポジティブで自立した女性である母親が、夫に家族に、愛されているのを見て育った娘は「ポジティブで自立した女性になれば、お母さんみたいに、愛される女性になれるんだ!」と思い始め、ポジティブで自立した女性を目指し始めるケースもあるでしょう。
それも、愛されたいがため・・とも言えそうです。


私達はみな、人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)のとおり、愛のために、そして愛されたいがために、ネガティブになったり、ポジティブになったり、自立したり、依存したり・・と、している側面もあるのかもしれません。
それもこれも、この世界の根底は、愛で成り立っているからでしょう。


エネルギー問題の解決策のとおり、私達の目の前に広がる、この痛いほどリアルな現実の世界は、全ては「同じ1つの超微細な光エネルギーの具象化・現れ」とも言えそうです。

そして、全ては{同じ1つの超微細な光エネルギー}であり、その超微細な光エネルギーは、別名【愛】だからこそ、この世界の根底は、愛で成り立っているのでしょう。

超微細な光エネルギー = ‘愛’

私達1人1人は、{同じ1つの超微細な光エネルギー}が具象化された1部分、1部分であり、このことは言い換えると・・
私達1人1人は、{同じ1つの【愛】}が具象化された存在であり、【愛】の1部分、1部分であるため、「愛される」とか「愛する」とかを超越し、私達1人1人は、そもそもが‘愛’そのものであり、‘愛’の現れなのです!
とも言えそうです。

だからこそ、愛そのものであり、愛の現れであるこの世界、この宇宙から「愛されていない人間」なんて存在しませんし、「愛される価値のない人間」も「祝福されるに値しない人間」も、存在しないと、私は信じています。

であれば、愛されたい!がために、過度・過剰に、頑張って、駄目な自分でいる必要もなさそうですし、頑張って、頑張る必要もないのかもしれません。
そのまま、ありのままの自分でも、この世界、この宇宙から、私達は愛され祝福されているようです。
そもそも、この世界、この宇宙が、{同じ1つの【愛】}の具象化であり、‘愛’そのものであり、‘愛’の現れだからでしょう。


つまり・・自立した人やポジティブな人になれば、「周りから愛してもらえる!」と考えるからこそ、私達はポジティブで自立した人間を目指し・・現状を失わないように、頑張って状況のコントロールを試みるわけですが、、、この愛そのものである世界は、過度・過剰に頑張らずとも崩壊しない!とも言えそうです。
貴方が1人で全ての責任を背負い、頑張らなくても、この世界は、家族は、会社は、職場は、崩壊しないようなのです。大丈夫なのかもしれません。

「私が明るく振舞い、頑張らなきゃ、○○が崩壊しちゃう!!」
「私がピリピリとした雰囲気を醸し出し、状況をコントロールしなければ、○○が崩壊してしまう!」
というのは、当人が作り出している幻想であり、当人が作り出している世界観にすぎないのかもしれません。


そして一方・・駄目な自分のままでも、そんなありのままの自分を、この世界、この宇宙は、愛してくれるようなのです。ありのままの自分で、良いのですね。
「はぁ〜、私は駄目な人間だわ。」と自己批判をする必要は、ないのかもしれません。
貴方は、{同じ1つの【愛】}の具象化であり、‘愛’そのものであり、‘愛’の現れであるため、ありのままの自分で、良いのですね。



そして、これらのことは言い換えると・・この世界のバランスを取るために、「周りは、頼りないし、ネガティブな人ばかりだから、私が頑張らなきゃ!」と、過度・過剰に、1人奮闘し頑張る必要もないのかもしれません。

及び、この「ポジティブな人、自立している人が素晴らしい!」とばかり強調する世界のバランスを取るために・・・あえて、過度・過剰に、自分がネガティブでい続ける必要もないですし、駄目な自分でい続ける必要もないのかもしれません。

この世界は、私達がバランスをとるために、あえて過度・過剰に、ネガティブになったり、ポジティブになったり、自立したり、依存したり・・としなくても、大丈夫なようです。
この世界は深い愛によって成り立っているため、無意識的に、あえて私達が過度・過剰に、ネガティブになったり、ポジティブになったり、自立したり、依存したり・・としなくても、成り立っていくようなのです。



Fまとめ 〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
■書籍/ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇 を読んで、「なっ、・・そ、そんな考え方、世界観もあるのか。・・・なるほど。」と、深い感銘を受け、心を浄化されることになったのでした。


この本は、主に人間関係に関する本ではあるのですが、私は1回目も、そして2回目を読んだ時にも、涙が出てしまったのでした。
特に、1回目の時は、何度も涙が出ることになり、「どうして?そんなに泣くほど重い内容か?」と不思議に思ったものです。

著者がポジティブな方であるため、本から受ける印象は、軽やかな印象で、心が軽くなるような本なのですが・・なぜか、泣いてしまったのです。

それは、私の中でカタルシス(浄化)が起きていたからのようでした。

書籍によると、私達は誰しも、自分の中に{ネガティブ/ポジティブ・自立/依存}の、全ての傾向をもっているそうです。
そして、「{ネガティブ/ポジティブ・自立/依存}の、どの傾向が強く出てくるか?」は、周りの人間達との関係性によって決まるそうです。

「周りの人間達との関係性」とは、家族間や兄弟間、友人間、または職場の人間関係・・などです。

私は、{ネガティブ・依存}の傾向が強く・・そして、「なぜ、私は{ネガティブ・依存}の傾向が強かったのか?」という理由が、本をとおして判明し、判明しただけで、心がすぅ〜と軽くなり、カタルシス(浄化)が起きて涙することになったようでした。

また、その後の私は、反動のせいか?
{自立}の傾向が、過度・過剰に強くなりすぎていたようで・・、自分でも意識していなかったのですが、
「私が明るく振舞い、頑張らなきゃ、○○が崩壊しちゃう!!」
「私がピリピリとした雰囲気を醸し出し、状況をコントロールしなければ、○○が崩壊してしまう!」
という己が作り出している幻想、、、世界観にハマり込んでいる側面もあり、息苦しさを感じる時もあったのでした。
それが本を読んだことで幻想、、、世界観から抜け出せ、心がすぅ〜と軽くなり、カタルシス(浄化)が起きて涙することになったようでした。


人によって、本を読んださいに受ける印象は異なるでしょうし、効果?も、様々でしょうが・・
人間関係や、人間関係の仕組み・・そして、「自分は、なぜ今の自分なのか?」ということなどに興味がある場合には、書籍/ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇 は、個人的にはお勧めしたい本となります。

〜家族愛の意味とカタルシス(浄化)〜
<writer 名無き仙人>





バス男「僕も心を洗われたいなぁ〜。」


バス子「ふ〜ん。家族愛の意味とカタルシス(浄化)・・か。」


仙人「自分で作り出している幻想、、、負の世界観から抜け出せると良いのぉ。」


合わせて読みたい人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)
弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)


関連心の自由と幸せを手にする方法(バランスの法則編)
意見の対立を解決する方法(第3の案 成功者の選択/レビュー)
お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)
家族関係/家族構成が人生に与える影響(バランスの法則ー家族編)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他