カフェ/飲食店の開業資金よりも   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

カフェ/飲食店の開業資金よりも

■カフェバー/ダイニングレストラン/弁当屋/ラーメン屋/居酒屋/焼き鳥屋/定食屋/からあげ屋/たこやき屋

カフェ/飲食店の開業資金よりも
飲食店開業で失敗せずに成功する方法。



バス男「・・ふ〜む、飲食店開業ねぇ。」


バス子
「そう。私ね、自分のお店をもちたいの。可愛いカフェをオープンさせたいなー」


バス男「バス子ちゃーん。僕は新鮮な魚が自慢の居酒屋をオープンさせたいよ。」


バス子「自分も魚のくせに!とか、突っ込んだほうがいい?仙人に【カフェ/飲食店の開業資金よりも大切なことは?】を聞いてみようかなぁ。」


「仙人様の【カフェ/飲食店の開業資金よりも大切なことは?】か〜。」







〜カフェ/飲食店で失敗せずに成功するコツ・秘訣〜

1.カフェ/飲食店の開業資金よりも大切なこと

@飲食店を独立開業したい

■カフェや居酒屋、ラーメン屋、お弁当屋さんや、定食屋さんなど、自分のお店を開業し、多くのお客様から喜ばれ繁盛するなら、それは素敵なことですよね。
しかし飲食店の開業で失敗する自営業者・経営者も多いと聞きます。飲食店は3年もてば良いほうだ・・そんな話も聞いたことがあります。

なぜ、飲食店の開業で失敗するケースが多いのでしょうか。
その理由は「飲食店は身近なもので、また、敷居が低いため、 ビジネス感覚のない、ビジネスの面では素人の方が、飲食店ビジネスに参戦する割合が多いから」という話を、聞いたことがあります。
ビジネスのプロが飲食店を開業するさいは、料理の味もさることながら、経験や調査に基づき、立地にこだわり、また投資回収年なども細かく正確に検討し・・・と、するそうですよ。

カフェや居酒屋、ラーメン屋、お弁当屋さんや、定食屋さん・・・飲食店の開業でも、長くお店を繁盛させるためには、ビジネスの感覚は重要となりそうですね。

というわけで、今回の記事では、ビジネスの感覚を磨くための【ビジネスのチェックリスト】について、見てみたいと思います。



A自分のお店をもちたい〜カフェ/飲食店の開業で失敗する経営者とは〜
■お金持ちになる方法や、お金に余裕のある豊かな生活をする方法には、いろいろな方法があるでしょうが、そのための方法の1つが「投資・ビジネス・副業で成功すること」ですよね。
現在はインターネットがあるため、家にいるときでも、仕事の休憩中でも、世界中の国に投資可能ですし、世界を相手にビジネスを行うことも可能です。
会社員として働きつつ、副業や投資(株式投資・不動産投資)で成功して、お金に余裕のある豊かな生活をされている方の話も耳にする機会が増えてきました。
そういう意味では、チャンスの多い時代なのかもしれません。

さて、カフェなどの飲食店を開業するにせよ、投資を行うにしても、ビジネスを行うにしても、副業を行うにしても、「その投資案件・ビジネスは、今後も儲かり続けるか?」を判断する必要がありますよね。
たとえば株式投資においても、「この会社は将来的に利益を出し続けるか?」を判断する必要がありますし、ビジネスや副業をするにしても「このビジネスは、将来的にも大丈夫?」と見極める必要がありそうです。

というわけで、投資やビジネスを検討するための指針・チェックリストについて、飲食店開業に話を絡めながら、見ていきます。
※投資やビジネスの世界では、定期的に新しいビジネスモデルが誕生し、その新しいビジネスモデルに「投資するか?もしくは自分で新しいビジネスを行うか?」を判断することになる。そのため、投資やビジネスを検討するための指針・チェックリストを自分の中でもっていることが望ましい。



Bカフェをはじめたい〜カフェ/飲食店の開業で失敗する経営者とは〜

■投資やビジネスを検討するための指針・チェックリストには、以下の点も含まれることになるかもしれません。

以下の点に共通することは「経営者が優秀でなくても儲かるビジネスモデル」「経営者が不在でも儲かるビジネスモデル」という点でしょうか。
経営者が、高度な判断をし続けなければ利益が出ないようなビジネスや会社の場合、そもそものビジネスモデルが、理想的なビジネスモデルではない・・・とも言えるのかもしれません。

理想的なビジネスモデルは、経営者が常識的な判断をしていれば利益がでて、また、経営者が旅行や病気などで長期間不在でも、逆に利益が増えていくようなビジネスモデルですよね。


@資本の大きなところが参入してきても
→グローバル経済の中では、今後、海外の会社も含め資本の大きなところがビジネスに参入してくることも考えられます。

そのため、自分で起業したり副業をする場合、資本の大きなところが参入してきても負けないビジネスモデルであることは、重要なこと!と言えそうですね。

例えば、安いお弁当屋さんを自分で始めるとしましょう。
そのとき、隣に、資本の大きなところが安い弁当屋を始めれば、自分のお店は潰されてしまうかもしれません。大企業ならば、最初の3年くらいは赤字覚悟でも安売りし続けるだけの財力があるでしょうから。

上記はお弁当屋の例ですが、このようなことはカフェや居酒屋などの飲食店はもちろんのこと、インターネットビジネス含め、どんな業界・業種・ビジネスでもあてはまることでしょう。

そのため常に「資本の大きなところが、多くのお金・多くの人、それに政治力なども導入し参入してきても負けないビジネスモデルかどうか?」は、考え検討する必要があるかもしれません。

立地ビジネスや、ニッチビジネス(ニッチなニーズに対応するビジネスモデルの場合、利益も少なくなりがちなため大企業が参入しにくい)、人脈や信頼によって成り立つビジネスモデル、1人のカリスマが必要となるビジネス(たとえばカリスマ美容師のお店やカリスマ的なママのいるスナック、作家業など)など、資本の大きなところが参入してきても関係なく利益をだせるであろうビジネスモデルで、ビジネスや副業を行いたいものですね。

例えば、上記を意識してカフェ経営をするならば。
嫌でもお客さんが続々と訪れるであろう立地にてお店をオープンさせ、大手カフェチェーンでは真似ができないニッチなジャンルのカフェにし、お客様と個人的にも信頼関係を作っていき、信頼関係によってリピート客を増やしていき・・・とする、となるでしょうか。


A価格競争に巻き込まれる?
→差別化できない・ブランド化できないビジネスモデルや商品の場合、価格競争に巻き込まれるかもしれません。
価格競争になれば、資本の大きなところの方が強いことでしょう。

自分で起業したり副業をする場合、「価格競争になるかどうか?」を検討する必要がありそうですね。

例えばラーメン屋を開業する場合。
周りのラーメン屋と同じような味やメニューならば、お客さんは価格の安いお店に行くことになりやすいでしょう。すると、周辺のラーメン屋で価格競争が始まり、利益率は下がっていくことになりそうです。

周りのラーメン屋とは違う何か価値を作り出すことで(差別化をはかることで)、値段が高くてもお客さんが来るような状態にしていけると良いのかもしれません。

ちなみに、このHPのブラックバスなどは、差別化をはかるための1要因なんですよ。ホームページもラーメン屋などの飲食店も、特色がなければ、埋もれてしまいがち・・なのかもしれません。


B新製品の開発の必要の有無
→常に新製品を開発し市場に出さなければいけないビジネスモデルは、大変な面もありそうですね。
例えば電化製品や車などは、ニューモデルを開発し続ける必要があるでしょうし、ゲーム会社なども新製品を開発し続ける必要があるでしょう。

経営者が優秀でないと、事業が赤字に転落してしまいそうですね。

一方、新製品を開発し続ける必要のないビジネスモデルの場合、ビジネスが安定しやすくなりそうです。「新製品やニューモデルで失敗し赤字」などのリスクが減るからです。

例えばインターネットビジネスのアフィリエイトの場合。
ニュースサイトならば毎日、更新し続ける必要があるでしょう。
電化製品や車をとりあげているサイトならば、新製品やニューモデルがでるタイミングで更新する必要がありそうです。
一方、高校生に物理を教えるサイトならば、更新作業は少なくてすむでしょう。
パソコンでお金を稼ぐ方法(アフィリエイト初心者の方へ)

「どういったビジネスモデルか?」は、利益の安定度にも関わる重要な部分なのかもしれません。


カフェ経営などの飲食店ビジネスの場合でも、新商品の開発が必要のない飲食店・・・例えばメニューが3種類しかなく、今後もメニューは変わらない{こだわりの蕎麦屋}など、の方が新商品開発のための時間・お金・人件費などが必要なく、経営の面では優しいのかもしれません。


C差別化・ブランド
→差別化・ブランド化をはかりにくいビジネスモデルよりも、差別化・ブランド化をはたしているビジネスの方が、収益を出しやすく、また利益も安定しやすいことでしょう。

飲食店で差別化やブランド化をはかるなら、一蘭というラーメン屋さんが勉強になりそうです。


Dランニングコストと自己資本と負債
→会社の規模は大きい方が好まれやすい傾向にあるようですが、メリットとデメリットがあるのかもしれません。
規模が大きくなればランニングコストも大きくなりがちだからです。

例えば、自分1人でラーメン屋を営んでいる場合。
客が減っても、自分の給料を減らせば、なんとか凌げるかもしれません。自分1人でラーメン屋を営んでいる程度ならランニングコストも高くないからです。

一方で、ラーメンをチェーン展開し20店舗運営している場合。
客が減ったからと、自分の給料を減らすだけではランニングコストをまかなえず、社員の給料を減らせば社員が辞めていき、店舗封鎖で借金だけが・・なども考えらることでしょう。

自己資本のない状態で、借入にて規模の拡大を続けていると、どこかで歯車が狂うと一気に倒産→借金となる可能性もありそうですね。
「ビジネスの規模を拡大すること」よりも「幸せな人生を生きること」「楽しくカフェなどの飲食店を経営すること」が重要であるならば、無理な規模拡大(身の丈にあっていない背伸びをした規模拡大)に関しては、重々検討すべきなのかもしれません。


Eリピートがおきるか?
→リピートがおきる商品やビジネスモデルの方が、利益が安定しやすいことでしょう。

飲食店は無数にあるため、「いかに、自分のお店に、お客さんにリピートしてもらうか?」を考えることは、とても大事なことになりそうですよね。


Fお金の支払い元の信頼性
→連鎖倒産という言葉あるのですから、お金の支払い元の信頼性は重要ですよね。
お客さんが個人の場合と、どこかの会社である場合と、国等である場合がありそうですが、お客さんの支払い能力及び信頼性については慎重に検討する必要があるのかもしれません。


G自分の年齢
→自分の年齢も、投資やビジネスに影響を及ぼすことでしょう。
20代前半ならば、まだ失敗も恐れずチャレンジして良さそうですし、60代ならば、20代の人とは違った投資やビジネスをすることになりそうですね。

失敗は成功の元!といえど、人生の時間には限りがあり、失敗が続くと人生の残り年数がなくなっていき、また、飲食店の開業ならば、開業資金を借金し、お店をオープンするケースが多く、失敗すると借金が残ることになるため、どこかでビジネスや投資を本気で成功させる覚悟をもち結果をだすようできると素敵ですよね。



C自分でお店をやりたい〜カフェ/飲食店の開業で失敗する経営者とは〜
■個人がビジネスや投資で成功しようとする場合、最初は投資資金がないため、ビジネス・副業に取り組むことになりがちなようです。
そして、個人が参戦できるビジネス・・・個人が新たに参戦しても勝算があるビジネスは、新しいビジネスモデルのものであることが多いでしょう。※昔からあるビジネスモデルには既にシェアを握った企業がいるため、今さら新たに個人が参戦できない傾向にある。

そして、新しいビジネスモデルには、長期的にも伸びていくビジネスモデルと、長期的には衰退していくビジネスモデルがあることでしょう。
自分の中のチェックリストに照らし合わせて、ビジネスモデルをチェックしていきたいものですね。

さて、今回の記事も、最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

貴方のビジネスや投資が、貴方をはじめ多くの人を幸せにしていくことを願って。

〜カフェバー/居酒屋/ラーメン屋/飲食店開業で成功するコツ〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「焼肉屋をオープンさせたいなぁ。焼肉食べたい気分。」


バス子「じゃあ客として焼肉屋に行けばいいでしょ。」


仙人「お客様や取引先や自分自身、そして社会や世の中、みんなにとってwinとなるwin-win-win-winの商売をしていけるといいのぉ。」


関連投資/ビジネスで大切なこと(結果を左右する2つの事柄)
無料ビジネスセミナー(ビジネスで重要なこと)
会社経営者の資格/資質/条件(経営者に必要なこと)
商売繁盛の原則(win-win以外にはありえない理由)
webマーケティングセミナー無料版(マーケティングのコツ)
経営戦略論とは?思考法(リスク分散)
お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他