お金とは汚い?嫌い?お金の秘密   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

お金とは汚い?嫌い?お金の秘密

お金とは汚い?嫌い?お金の秘密
そもそもお金とはなにか?



バス男「なんだよ、この{若鶏のなんこつから揚げ}は。量は少ないし美味しくないし。こんなものに100円以上、払えるかよ。なんで380円もするんだよ!」


バス子
「ちょっとぉ、文句ばかり言うのは辞めなさいよ。」


バス男「だってぇー。こんなことなら注文せずに2件目のお店でお金を使った方が・・ブツブツ


「バス男さんは仙人の【お金とは汚い?嫌い?お金の秘密】の話、聞いていないの?」


「仙人様の【お金とはなにか?】の話?」


「うん。仙人が言うにはね・・」







〜そもそも、お金とはなにか?〜

1.お金について学ぼう

@友人との食事の最中
■「確かに、言われてみれば・・俺もお金が貯まってくると、なにかしらの出費が発生して、お金が出て行くことになるような・・」

定食の野菜から白身フライ、それに‘から揚げ’にまで全部マヨネーズをかけながら、A君がそう返してきました。

私は内心「マヨネーズかけすぎじゃない?笑」とも思いながら、【お金が貯まってくると、なぜか不思議と出費が増え始める】に関する話を続けたのでした。

「そうだよね。{お金が貯まってくると、なぜか不思議と何かしらの出費が発生し、お金が出て行く現象}が、今回、また起きてね。今までは、そういった現象が発生するのは、主にお金の許容量の問題だと思っていたんだけど・・」

「お金の許容量の問題?」

「うん。どうもね、私達は、人それぞれの{お金の許容量}をもっているようなんだ。この{お金の許容量}というのは、当人の心の中にある許容量なんだけど。」

店員さんからハンバーグ定食を受け取りながら、A君からの「心の中にある許容量??」という質問に対し、話を続けました。

「例えばね、A君にとっての「大金」って、どのくらい?」

「うーん。30万円とか?」

「その場合、A君にとっての{お金の許容量}は30万円くらいなのかもしれない。で、バケツに水がいっぱいに入ると、それ以上は水が溢れ出ていくのと同じでね。」

「うん。」

「許容量の限界である30万円以上、お金が貯まり始めると、それ以上はお金が溢れ出ていくこともあるようなんだ。」

「あー。なるほど・・だから俺の場合は、30万円以上に貯金が増えてくると、いつもなにかしらの出費が発生して、お金が出て行くことになり・・結局は、30万円以上に貯金額が増えない。ふーむ。。。」

眉間にシワを寄せつつ、真剣に自己分析をしているかのような表情で、A君は独り言のように言うのでした。

真剣な表情のまま白身フライに再度マヨネーズをかけ足しながら、

「うーん・・でも、そういえば、さっき名無きは{今までは・・}と言ってなかったけ?」
A君は顔をあげ、そう聞いてきました。

(マヨネーズかけすぎだ 笑)そうなんだ。今回の出費はね、自分としては{お金の許容量}を、まだ超えていないのに発生したように思えたんだ。というのも、仕事・結婚/強運になる方法(心の受け皿)などにもあるように各種の修行によって、以前に比べれば・・だけど、自分の中での{お金の許容量}は増えてきている気がしていて、そのため今回はいまだ{お金の許容量}には達していないように思えるんだ。これは個人的な感覚ではあるんだけど。」

「今回は、{お金の許容量}には達していないのに、なにかしらの出費が発生して、お金が出て行くことになった・・というわけ?」

「うん。だからね、今回は、何か他の原因があるのではないか?とも、思えていてね。」

私はそこで話をきって、ハンバーグを食べ始めたのでした。少し沈黙の後、A君が話し始めました。


「で、名無きが、こんな話し方をするってことは、その{何か他の原因}の答えがわかったんだろ。」

「えっ?」
少しドキっとして、A君の方を見ると、A君はニヤりと笑いながら続けます。

「何年、名無きと付き合っていると思っているんだい?新たにわかった発見を、話したいんだろ?で、その{何か他の原因}って、どんなことなの?」

「うっ、ははは。そうなんだけど。それがね・・っと、さっきから、{う○こ}が出そうで、先にトイレに行ってからでも、、、」

「おいおい、{う○こ}の話なんて辞めろよ。{う○こ}の話なんて、したくないよ。」

自分のコップに水をついだ後、呆れ顔をしながら、A君は私のコップにも水を注いでくれつつ、そう言うのでした。
私は、A君が水をついでくれたコップを手に取り、話を続けたのでした。

「普通、この場面では「水を注いでくれてありがとう!」と言うことになるけど・・もしね、{感謝を表現してはいけない}という法律があった場合、私はA君に対して、水を注いでくれたことに対するお礼が出来ないよね。」

「まぁ・・」

「もし、A君が逆の立場だとしたら。水を注いでくれた私(名無き)に対して、どうする?「ありがとう!」などと感謝を表現しては、いけないんだよ。」

「感謝を表現してはいけないのだったら、、、チップを渡す?」

「そうだよね。5円くらいのお金を、感謝の気持ちの代用として渡したくなるよね。つまり・・」

「うん。」

「お金は、感謝の代用なんだ。言い換えると、お金は感謝の具象化なんだ。感謝の気持ちを、目に見える形あるものにしたのが、お金・・とも言えるのかもしれない。」

「お金は、感謝の具象化?」
皿に残っていたマヨネーズを箸ですくいとり口に運びつつ、不思議そうな表情をしているA君は、そう聞いてくるのでした。

「例えばね。もし、この世界に、お金が存在しないのであれば。」

「うん。」

「私達が今日食べさせて頂けた、この定食に対して、お金を支払うことが出来ないよね。」

「まぁ、この世界にお金が存在しないのであれば、定食を食べても、お金を支払うことは出来ないな。」

「そうだよね。じゃあ、美味しい定食をご馳走になったにも関わらず、お金が存在しないため、お金を支払えないのであれば、どうする?まさか、食い逃げするわけにもいかないし。」

「お金を払うことが出来ない代わりに、じゃあ、感謝するってこと?」

「そうだね。マヨネーズもたくさん食べたことだし・・キッチンに行って、お店の方に対し、500回くらいは「ありがとう!」と頭を下げたくなるよね。」
冗談っぽく笑いながら、私はそう話しました。
A君も照れ笑いをしながら、

「500回、、、うーん、まぁ500回くらいは、「ありがとう!」と感謝を言う必要があるかも。マヨネーズ、いっぱい食べたし。」

「そうだよね。だからこの定食は500円なのかもしれない。お金は、感謝の代用・・・言い換えると、お金は感謝の具象化だから。」

「うん?500円の定食だから500回の感謝?」

「これらは1つの考え方ではあるのだけれど。他にも例えば・・A君がさっき買った服は、3000円だったよね。もしこの世界に、お金が存在しないのであれば、さっき買った服を‘頂く’のに3000回くらいは感謝したくなるよね。」

「まぁ、確かに・・服を作ったり運んだり、店頭に並べたり、、は大変だから、3000回くらいは感謝したくなるかな。」
私の伝えたいことが伝わったようで、A君は、そう冗談っぽく答えたのでした。A君が話しを続けます。

「じゃあ、さっき飲んだ缶コーヒーは、120回程度、感謝したくなる商品(価値あるもの)だから、120円ってことなのか。」
頷きながらそう話すA君に対し、食べ終わった定食の器をテーブル端へと移動させながら、

「ジュースを1本買う度に、ジュース製造/販売会社に押しかけて、120回も「ありがとう」と連呼するわけにもいかないから・・私達は感謝の代わりに、120円を支払っているのかもしれないね。」

「お金は、感謝の代用。お金は感謝の具象化・・じゃあ、俺が貰っている給料も、感謝の代用/感謝の具象化なわけ?」

「例えば、この定食屋で1時間働いたら、店長から1000回は「ありがとう」と連呼されつつ頭を下げられながら、感謝されると思わない?」

「なるほど。じゃあ1時間の仕事につき、1000回の「ありがとう」が、時給1000円となるわけか。店長も、働いてくれるスタッフに対して「ありがとう」と連呼し続けていると自分の仕事が出来ないから。・・感謝の気持ちの代用として、働いてくれるスタッフに対してお金を渡している。」

A君の言葉に頷きながら、少し間をおき、私は話しだしました。

「そう考えてみると。お店のオーナーは、お客さんから感謝の形としてお金を受け取り、そのお客さん達から受け取った感謝(お金)を、スタッフに感謝の気持ちの代用として・・つまりお金{給料}として渡しているのかもしれないよね。だから、一見すると、世の中に流通しているのはお金のように見えるけれど、実は私達の感謝の気持ちが、世の中をグルグルとまわっているのかもしれない。お金という形をもってね。」

「お金は感謝の代用/具象化かぁ。そんな考え方、したことなかったなぁ。じゃあ、1000円ってのは、実は1000回の感謝ってこと?」


A君の頭の中に、そういったイメージが湧いているように思え、私は自分の頭にあるイメージがA君に伝わりつつあることに、嬉しくなって微笑みながら、

「そうだね。私達は、100円、1000円、10000円というふうにお金をよんでいるけれど、実は100感謝、1000感謝、10000感謝なのかもしれない。」

「じゃあ、とても美味しくて皆から喜ばれる料理を、お客さんに提供することによって1日に100万円もの売り上げをあげている繁盛している飲食店は、1日に、お客さん達から100万回も感謝されている、、、とも捉えることができるのか。そう考えると、お金って、別に悪いものではないようにも、思えてくるな〜。」

「うん。「1日に100万円も売り上げがある」なんて聞くと、なんだか負のイメージをもつ場合もあるけれど、実はお客様のためにスタッフ一同頑張ることにより、お客様達より100万回も感謝されている♪・・わけでもあるのかもしれない。」

少しの沈黙の後、A君が口をひらきました。

「お金が感謝の代用/具象化であるなら、お金はむしろ、素晴らしいもの・・でもあるのか。うん?でもお金って、「汚いもの/卑しいもの」なんじゃあ?」

「そうだよね。私は今まで、お金とは「汚いもの」、「卑しいもの」といったイメージをもっていたようなんだ。なんというか、お金には‘負’なイメージがあるというか・・」


「それは、俺もそうだよ。わかる、わかる。」
A君も、私と同じようなイメージをもっているようで、そのため、そのまま話を続けました。

「だから私は、お金を求めつつも、と同時に、お金のことを毛嫌いもしていたようなんだ。そして、そのために今回、許容量に達していないのに、出費が発生することになったのかもしれない。「汚いもの/卑しいもの」であるお金が、多く貯まってくると嫌になるものね。それは、「汚いもの」とされている「う○こ」がたくさん溜まってくると、嫌になるのと似ているのかもしれない。」

「「汚いもの」である「う○こ」がトイレにたくさん溜まってくると、嫌になって流したくなるように、お金も溜まってくると、出費として流しだしたくなる心理が、あるってこと?俺達は、お金は「汚いもの」と思い込んでいるから。」

「まあ、人それぞれだとは思うのだけど。私1個人の場合は、そういった深層心理があったのかもしれない。つまり、そういった深層心理があるために「汚いもの/卑しいもの」であるお金が溜まらないように、出費として出て行くよう(自ら)潜在意識的に仕組むことになり、今回の出費が発生することになったのかもしれない。」

「うーん。まあ誰しも、「汚いもの/卑しいもの」を、持ち続けていたい!とは思わないものね。それが{う○こ}にしろ{お金}にしろ。」

「うん。普通は、このように、お金の話もしないよね。普通は、心のどこかでお金は「汚いもの/卑しいもの」と、思い込んでいるから。」

「そうだなー。普通は「お金の話なんてしたくない!辞めて!」となるよね。」

「それは、「汚いもの」とされている「う○こ」の話をしようとすると、「「う○こ」の話なんて辞めろよ!う○この話なんて、したくないよ。」というのに似ているのかもしれないよね。」

A君は、さきほどの自分の発言を思い出したかのように「そうかも」と笑いながら、「・・じゃあ、」と話始めるのでした。

「「お金の話なんて、したくない!」と発言する人の深層心理には、「お金=汚い」という‘思い込み’があるのかもしれないのか。「う○この話なんて、したくない」と発言する人の深層心理には、「う○こ=汚い」という‘思い込み’があるのと同じく・・」

「そうかもしれないよね。でも、お金が感謝の具象化であるならば。お金は「汚いもの/卑しいもの」でも、ないのかな〜とも思い始めていてね。」

頭の中にあるイメージが、A君に伝わっていることを望みながら、

「だから私は、自分の中にある‘思い込み’を、客観視してみたり、整理してみたり、、、としているところなんだ。」

「ふーん。なるほどね。・・「お金は感謝の代用/具象化」か。お金に対する見方が変わるな〜。」

「そうだよね。私達は、{思い込み}によって{見え方}が決まっていて、そして、そう見えるから、そう行動する!というように、思い込みによって行動が決まっている側面もあるようなんだ。」

口頭で説明するのが難しい話でもあるため、「こんな時に行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)が引用/リンクできればな〜」とも思いつつ、

「だからね、【お金に対する思い込み】が変われば、【お金の見え方】が変わり始め、【お金の見え方】が変われば、{お金を使う}や{お金を稼ぐ}といった行動も、変わり始めたりもする場合があるのかもしれないよね。」
 →→ 

「うん?」

「例えばその・・{お金を使う}ということは、{相手に感謝を示す}ということでもあって、{お金を稼ぐ}ということは、{相手から感謝をされる}ということでもあって、」

「うん。」

「だからお金を支払う時は「嫌だな。支払いたくないな。」などと思うことなく「ありがとう!」と感謝しながら支払えば良いのかもしれないし、お金を受け取る時は「「汚いもの/卑しいもの」であるお金なんて、受け取って良いのかしら?」と罪悪感を感じることなく、相手からの感謝の気持ち(つまりお金)を、「ありがとう!」と素直に受け取っても良いのかもしれない。」

「うーん。・・じゃあ、お金(感謝の気持ち)は、感謝して支払い、お金(感謝の気持ち)は、感謝して受け取りなさい!ってこと?」

「人それぞれの考え方次第では、あると思うのだけど、、、そうとも、言えなくは、ないのかもしれないよね。」

「なるほど〜」
真剣な顔をしながら、1人「なるほど〜」と頷いているA君の様子を見ながら。
少しばかり間をおいた後、私はまるでネタばらしをするかのように、

「まぁ、「お金は感謝の具象化」という考え方は、{書籍/「ザ・マネーゲーム」から脱出する法}の受け売りなんだけどね。」

満面の笑みで、そう伝えたのでした。

「なっ、なんだよ〜。本の受け売りなんだ。」
苦笑いしながら「で、どうだったの?その本は?」とA君は続けたのでした。

「それがね・・」



Aおすすめのお金の本/書籍
■{書籍/「ザ・マネーゲーム」から脱出する法}を読んでみたことにより。

「なっ、・・そ、そんな考え方もあるのか。・・・なるほど。」と深く感銘を受けることになったのでした。

この書籍を初めてアマゾンで見つけた時。
「マネーゲームから脱出する方法?どうせ、不動産などの不労所得を生み出す資産を獲得し、経済的自由を達成しよう!とか、そういった内容だろ?」と思い、しかし訳者が人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)や、家族愛の意味(カタルシス{浄化}を経験する)などでも紹介させて頂いている書籍の、尊敬している著者であっため、「もしかしたら・・」とも思い、一応、アマゾンレビューを見てみると。

「現実は」とか、「ホログラムが」とか、「悟り」とか、「夢であり幻想」だとか、そういった話が書かれていて、「これは、もしや、、、」とも思い、購入してみることにしたのでした。

そして本を読み始めてみると。
この本が、「お金」の本ではなく、「現実の真実」について書かれている本であることがわかってきて、とても興味深く読ませて頂けることになったのでした。

【お金は感謝の具象化】という話は、本の中では、ほんの触り部分にしかすぎず・・それ以上にDEEPな話が本の中では展開されていて、こういったこと{現実の真実etc}に、興味がある人には、おもしろく、また、ためになる本なのかもしれないな、とも思ったのでした。

素晴らしい本を出版して下さったこと、及び、その本に出会わさせて頂けたことに、感謝しています。



Bお金の考え方/捉え方
■私はどうも、「お金は汚いものだ」「お金は卑しいものだ」「お金は諸悪の根源だ」などといった、そういった考えも、もっているようなのでした。

そのため、今まで自覚がなかったのですが、お金に対して、

そういった、イメージをも、もっているようなのでした。


「お金は汚いものだ」
「お金は卑しいものだ」
「お金は諸悪の根源だ」
そういった意見もあるし、そうなのかもしれません。


そして、4次元世界の現実とは?にあるとおり、同じ【事実(空き缶)】でも、見方によって異なるものなのかも、しれません。

正面から見れば、【事実(空き缶)】は↑のように見えますが・・

少し右側から見ると【事実(空き缶)】は↑のように見え・・

反対側から見ると、【事実(空き缶)】は↑のように見えることもあるのかもしれません。

つまり、同じ【事実】でも、見方次第で‘見え方’が異なるのかもしれません。

見方次第で‘見え方’が異なるのであれば、同じ事実【この場合、お金】に関しても、見方次第で、‘お金’の見え方が変わってくる場合もあるのかもしれません。


〜「お金がどう見えるか?」は当人の見方次第で異なる〜



及びプラス思考になるには?のとおり、全ての{モノ・人・出来事}には‘良い面’と‘悪い面’の両方があるようなのです。

お金に関しても、そうなのかもしれず・・・当人の見方、、、それは当人の‘思い込み’から生じている見方・・・当人の見方次第で、お金も「汚い卑しいもの」となったり「素敵なもの」となったり、する場合があるのかもしれません。


「お金は汚いものだ」
「お金は卑しいものだ」
「お金は諸悪の根源だ」

そういった意見もあるし、そうかもしれません。


「いいや、お金は、交換の手段だ。」
「お金は、物々交換の手間を省くために生み出された、丸い石だったり、紙にすぎないんだ」
「お金は、経済活動を円滑にするために、日本銀行が発行している‘日本銀行券’・・つまり‘券’にすぎないんだ。」
そういった意見もあるし、そうかもしれません。


「いえ、お金は感謝の具象化です。」
「お金は、感謝の代用です。」

そういった意見もあるし、そうなのかもしれません。


「ううん、お金はエネルギーなんだよ。」
「お金も含め、全てはエネルギーなんだ。→エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)」
そういった意見もあるし、そうなのかもしれません。


お金に関する意見は、いろいろとあるようです。
そして、そういった意見はどれも、同じ1つの事実・・の1側面なのかもしれません。

「お金は汚いもの」
「お金は交換の手段」
「お金は感謝の具象化」
「お金はエネルギー」

そういった意見はどれも、同じ1つの‘お金’という事実・・の1側面なのかもしれません。


お金好きは善悪?のとおり、お金はたんに紙キレで、お金自体には・・紙キレ自体には、善や悪の力はないのかもしれません。
単なる紙キレに、善や悪の力を与えているのは、私達のマインド、思い込み、、、なのかもしれません。


「お金は汚いものであるから、嫌い!お金の話なんて、しないで!お金の話なんて、したくない!」と、強く感情が湧く理由は、お金に対して、負の強い思い入れをもっているからなのかもしれない。

一方、「スポンジは汚いものであるから、嫌い!スポンジの話なんて、しないで!スポンジの話なんて、したくない!」と、強く感情が湧く場合は少なく、その理由は、スポンジには、強い思い入れをもっていないからなのかもしれない。

どうして、「お金は卑しいもの、お金は汚いものであるから、嫌い!」と思い込んでいるのだろう。
なにがキッカケで、「お金は卑しいもの、お金は汚いものであるから、嫌い!」と思い込むようになり始めたのだろう。

思い込みの原因は、小さい頃や若い頃の、環境や出来事に起因するものが多いようだけど、思い当たることは、あるだろうか。
そして、その「お金は卑しいもの、お金は汚いものであるから、嫌い!」という思い込みは、絶対的に正しいことなのだろうか?それとも、「肯定的側面/否定的側面」の2つの側面のうちの、1つにすぎないことなのだろうか。




私達は現実の事象に触発されて「嫌!」とか「嬉しい!」などの感情が湧き上がることになっていて・・
関連人生は夢(人生の正体)

で、どうせなら、心地良い感情を経験したいわけで。

‘思い込み’を変えることによって、同じ現実の事象・・・この場合「お金を扱う」をするにも、楽しい感情を味わえるようになるのであれば、自分の中にある既存の‘思い込み’を客観視してみたり、整理してみたりすることにより、‘思い込み’を自分の納得できるものに変えていくのも、悪くはないのかもしれません。
関連自分を客観視する方法(人生という名の夢の中で1度立ち止まる)



〜まとめ〜
@‘お金’という1事実も、思い込みから生じる見方次第で、いろいろな「見え方」がするものなのかもしれない。

「お金は汚いもの!だから嫌い!」という思い込みをもっていれば、お金は汚く見えるため、お金を遠ざけようとする深層心理が働くことも、あるのかもしれない。

「お金は感謝の具象化♪」という思い込みをもっていれば、お金が感謝の具象化に見えるため、お金を尊ぶ深層心理が働くことも、あるのかもしれない。

なにが「正しい思い込みか?正しい見方か?」はわからないけれど。
常識や世間体に流される形で、鵜呑み的に{思い込み/見方}を自分の中でもたされるのではなく、自分は自分で、自分にとっての理想的な{思い込み/見方}を、自分で選択するのも悪くはないのかもしれない。
関連自分を大切にする方法(他人の意見と自分の意見)


A私達の人生は、お金が全てではない。
ただ、人生の多くのことに、お金が関わっている。

そのため。
お金を汚いものだと認識し、お金を嫌って生きていれば、人生で嫌な感情を抱くことが増えてしまうのかもしれない。

一方、お金を「お金は感謝の具象化♪」だと認識し、お金を尊び生きていれば、人生で幸せな感情を抱くことが増えてしまうのかもしれない。

人生では、お金に関わる時間、お金に関わる機会が、少なくないため。


〜追記〜

お金とは?という疑問について、斬新な回答をくれる本「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 は、おすすめの本となります。

また、他にも厳選した{おすすめ本}を紹介する記事があります。

以下の記事で紹介している本は、どれも、おすすめの本となります。


<お金、仕事、投資、ビジネス>
7つの習慣内容まとめ!私の人生に起きた変化はコレ
金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします
役立つ仕事術の本3冊
起業するには?お勧め起業本3冊
株式投資初心者にお勧めな本3冊
資産運用の入門本!初心者におすすめ3冊
20代におすすめ自己啓発本3冊
お金の勉強本!お勧め3冊

<スピリチャル>
おすすめの気功の本はコレ!仙人になりたい人へ
おすすめ占い本ランキング厳選3冊
おすすめ瞑想本ランキング厳選3冊

<その他>
眠れない時に読むおすすめ本!心が静まる本はコレ
人間関係に疲れた時のお勧め本3冊
おすすめ健康本ランキング厳選5冊
世界の貧困問題の現状がわかる本3冊
日本の社会問題がわかる本3冊
結局この2冊だけ!大学生が読むべきおすすめ本


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「ふむふむ。つまり僕は、毎週末、2件目のお店で、何万回も感謝をしているわけだな。」


バス子「そんなことをしてるから、お金がなくなるのよ。」


仙人「既存の‘思い込み’から自由になっていき、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事としては恋愛/お金の心理と行動(恋愛/お金の「思い込み」を浄化する)もお勧めじゃよ。」


関連月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)
行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)
人生は夢(人生の正体)
お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)
子供へのお金教育の仕方(お金が与える影響)
家計の貯蓄節約方法(貯蓄/節約のコツ)
投資/ビジネスで大切なこと(結果を左右する2つの事柄)
幸運体質の人生を作る言葉(幸運な人生に繋がる言葉とは?)
ローンを組むな!?(世の中の成り立ち)
自宅でパソコン仕事/不労所得(分身の術による錬金仙術)
貧乏生活を楽しむ知恵(生活水準を下げて幸せに暮らそう)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他