就活/転職の不安や焦りの解消方法


スポンサーリンク




スポンサーリンク

就活/転職の不安や焦りの解消方法

■就職活動や転職を行っていて不安な人へ。採用試験・面接、将来、フリーター、ニート。就活・転職が心配、恐い、生活。

就活/転職の不安や焦りの解消方法
就活や転職の不安の克服方法とは?


バス男「さて、忘れないうちに・・」


バス子「バス男さんは、なんのお薬飲んでるの?」


バス男「バス子ちゃ〜ん。これは抗不安薬のデパスだよ。僕はなかなか職が決まらず、不安でうつ病気味だから、毎日食後にデパスとうつ病薬のトレドミンを飲んでるんだぁ。はぁ〜。生きていくのが恐いよぉ。仕事が決まらず不安だぁ。」


バス子「えぇ〜?・・でも確かに{就職・転職中の無職の状態}って不安よね。・・そういえばこの前仙人が【就活・転職の不安や焦りの解消方法】って話をしてたわねぇ。」


バス男「仙人様が?・・仙人様の【就活・転職の不安や焦りの解消方法】って話、僕にも聞かせてよ。」


バス子「うん。えぇ〜っとね、仙人が言うには・・・・」







〜就活・転職で不安だし焦る〜

1.生きる力

@就活/転職で不安と焦りがある・・

■私はあの日、とても不安な気持ちでいました。

なぜならその日は、就職先として希望していた企業の面接日だったからです。

「遅刻してはマズい!」そう不安に思って、1時間前には会場に着き、緊張やプレッシャーを感じながら待機していました。

「なんとかして受かりたい!」そう思っていました。

それも、当然のことでした。
職が決まらないとお金(給料)が入ってこないのですから。

現代社会の日本では「就職職がない→お金がない→食べ物を買えない→生きていけない」ですから、不安になるのも当然でした。

そのため、その日は、私にとっては、まさに生死と人生が決まる運命の日だったわけです。

私は「人生の一大事として決意と覚悟をもって、今日はやって参りました。」と面接でアピールしようかと思うほど・・・、「なんとかして受かりたい!」そう思っていました・・。

就活/転職の不安や焦りの解消方法とは?



A生きる力の正体 〜就活・転職で不安〜
■上記の文章の中では、
現代社会の日本では「就職先がない→お金がない→食べ物を買えない→生きていけない」ということが、出てきました。

しかし、これらは{他人の目や常識の枠に捉われているから}という面も、あるのかもしれません。

就職先がなくても、人間は生きてきた生き物です。

江戸時代の頃の人々は、誰1人、「はぁ〜↓就職先が決まらない。生きていくのが不安だ。」とは言わず、みんな生きていました。
江戸時代の生活・暮らし

誰も、就職先を探すことなく、時給自足的に生活していました。

現在社会を生きる私達は、「就職してお給料を貰いリッチな暮らしをする」という生き方に捉われすぎている面があるのかもしれません。
この{従業員}という働き方は、19世紀のイギリスで起きた産業革命以来、急速に世界に広がっていった働き方です。

人の目や社会常識が作り出している「大人ならば、就職して働かないといけない!」「リッチな生活をするのが当たり前だ」という目に見えない枠から抜け出さない限り、{生きること}に不安をもち続けて人生を歩むことになるのかもしれません。

「就職してお給料を貰いリッチな暮らしをする」という社会の風潮や思い込みは、私達の<生き方>を狭め、また、{生きることそのもの}を難しくしてしまっている面も、あるのかもしれません。

死ぬまでなんとか食いつなげれば、それで良いのかもしれません。
周りを見渡してみれば、犬も猫も、小鳥も昆虫達も、草花も、み〜んな、死ぬまでなんとか食いつないでいるだけです。
歴史を振り返ってみれば、特権階級を除くみ〜んな、死ぬまでなんとか食いつないでいるだけでした。

必死に、「なんとして就活・転職を成功させねば!でないと、生きていけない!」と、肩に力を入れて力んでいるのは現在の人間だけ・・なのかもしれません。


「安定した就職先に就職しないと生きていけない!」という思い込みのせいで、私達は生きることが難しくなっている・・という面が、もしかしたらあるのかもしれません。

こんな風潮が蔓延している現代社会における本当の意味での【生きる力】とは、
@自分で食べていく力A価値観を自ら変容させていく能力なども含まれるのかもしれません。


まず@自分で食べていく力です。
国や会社に頼らずとも、自分で食べていく力を身につければ、それは生きていく力となることでしょう。

取得者数の少ない資格や免許を取得することや、独自長所をコツコツと探し発見し伸ばし自ら商売を行うこと、他にもネット副業投資(株・FX・不動産等)なども行いながら、自分でお金を稼ぐコツを身につけていくことは、生きる力の1つと言えるでしょう。

もちろん、農業もそうですよね。
人間の「生きるための基盤」は、昔も今も将来も、食料だからです。
日本経済と世界経済の真実


次にA価値観を自ら変容させていく能力です。
現在の日本社会にどっぷり浸って生きている私達は、高いライフスタイルや、将来の安定・安心、他人からの高評価を、ついつい無意識のうちに求めてしまうものです。

「ボロアパートより新築一軒家の生活の方が価値がある」
「時給の低いトイレ掃除の清掃員より、給料の高い華やかな仕事の方が価値がある」
「将来が不安なフリーターより、安定した正社員の方が価値がある」
と、そのような価値観を無意識のうちにもらされています。

そのような価値観をもたされている限り、生きていくのはハードルが高い事柄となってしまい、{生きることそのもの}が大変な作業となってしまうのかもしれません。


生活水準を下げなさい
高い生活水準を求めますと、生きることのハードルが高くなり、生きることに不安をもってしまうことに繋がるのかもしれません。
高いライフスタイルを諦めた瞬間、肩の力が抜け、生きることの不安は激減していくようです。


→価値観を変える
「時給の低いトイレ掃除の清掃員より、給料の高い華やかな仕事の方が価値がある」なんて価値観を知らぬ間にもたされているせいで、私達は生きていくハードルが高くなっているのかもしれません。
既存の偏った価値観をアンインストールした瞬間、肩の力が抜け、生きることの不安は減っていくことでしょう。


→過度な将来の安心・安定を諦めなさい
私達が生きているこの4次元世界は、常に変化し続ける世界ですから、変わらない約束された絶対の将来の安心・安定なんてありえないのです。
そのようなありえないものを求めますと、生きることのハードルが高くなってしまうのかもしれません。
過剰な将来の安心・安定を諦めた瞬間、肩の力が抜け、生きることの不安は減っていくようです。


→過剰に信用・信頼される人間を諦めなさい
過度に信用や信頼を求めすぎると、生きることのハードルは高くなっていくのかもしれません。
信用・信頼される人間であることを諦めた瞬間、肩の力が抜け、生きることの不安は減っていくようです。


上記は一例にすぎませんが、幸せになる方法のとおり、既存の{幸せを感じる基準}を下げることにより、今すぐにでも幸せに生きていけるよう自ら価値観を変容させることができる能力は、【生きる力】の1つと言えるでしょう。


この記事の最初の方に
現代の中学生達は「学校に行かない→周りから「不登校児」とバカにされる→社会復帰できない→生きていけない」とあります。

まともな社会人とは、良い就職先に就職して、良い生活をしている人であるとの風潮があるせいでしょうか?
私はよく周りの方々から「名無きさんは変わり者ねぇ〜」とバカにされます。
社会から少し離脱気味に生きているからでしょうか?
そして私は、社会に復帰するつもりがありません。
そもそも、社会に復帰なんてする必要はあるのでしょうか?


上写真の修行僧の彼は、社会に復帰するつもりがあるでしょうか?
彼には就職先はありませんし、お金も、所有物もほとんどないでしょう。
でも彼は、生きることが出来ています。
生きることに対するハードルを上げているのは、「こうでなければ、ならない!」という私達の思い込みなのかもしれません。


リッチで快適な生活や、周りから尊敬される職業についている自分、高い給料、世間体、将来の安心・・などを求めれば求めるほど、生きることに対するハードルが上がっていってしまいます。

いろいろな欲求や欲を諦めますと、生きることに対するハードルは、少しづつ下がり始め、{お金}や{仕事}の面での不安も、少しづつ減っていくから不思議なものです。


〜追伸〜
→日本社会では、「どこの会社に就職できるか?」で、休日数から年収から仕事のやりがいから、社会的な評価まで、いろいろなことが決まってしまいがちですよね。

そんな{理不尽だけど痛いほどリアルな現実}を知らなかった私は、学生時代に就活をしませんでした。
そのせいで、学生時代には就活の不安はありませんでしたが、社会人になった後に、初めて就活(転職)を経験することになり、不安や焦りを痛いほど経験することになりました。

就活中(転職活動中)は、心底、「ヤバい。正社員になれないかもしれない」と思って、とても焦ってしまい、心の余裕を完全に失っていました。
当時の経験談は、ニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)の記事が詳しいです。

ただ、就活や転職で人生が決まってしまうわけではありません。
就活の負け組にも、敗者復活戦が残されているからです。

就活中や転職活動中は不安になるし焦るけど大丈夫。
就活の負け組にも、ちゃんと敗者復活戦の選択肢は残されているから。


敗者復活に関しては、就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)の記事が詳しいです。

また、転職や、フリーターや既卒者の就活に関しては、

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!お勧め転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

の記事が詳しいです。

〜就活・転職で不安〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「就活・転職が不安なんのは、1番の大元には生存欲求が隠されているんだなぁ。」


バス子「就職・転職については、誰もが不安に思うものね。」


仙人「不安が強くなってきたときには、なにかを諦めていくと、不安も軽減することがあるのかもしれぬのぉ。幸せや幸運が、たくさん訪れるといいのぉ。 関連記事としては、未経験の異業種へ転職成功!20代の私の体験談(異業種への転職でわかったこと)がお勧めじゃよ」


関連面接で受からない人の理由と特徴6つ(面接で受かる秘訣6つ)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
自分に向いている仕事がわからない解決策3つ(向いている職業の見つけ方)
人間関係は鏡の法則!敵を作らない人の生き方(渡る世間を味方ばかりにする方法)
日本社会が厳しい理由と職場に適応するコツ(スーツを着た入隊3日目の新人自衛隊)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他