儲かるビジネスプランの作り方!具体例  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

儲かるビジネスプランの作り方!具体例

儲かるビジネスプランの作り方!具体例
低時給の仕事となるビジネスプランを作っていませんか?




バス男「バス子ちゃ〜ん。高時給のバイト知ってたら紹介してよ〜。出来れば僕、時給5000円以上がいいな。」


バス子
「バカね〜。時給5000円以上の仕事なんて、あるわけないでしょ。そんな仕事があったら私がしたいわよ。」


「・・でもそういえば、この前仙人様が【時給5000円の仕事を作る方法】の話の中で・・」


バス子「え?仙人の【儲かるビジネスプランの作り方!具体例】話?」


「うん、仙人様が言うにはね・・・」







※この記事は、副業や独立起業の視点から書かれた記事となります。
そのため、一般的には、かなり偏った価値観のもと書かれています。

偏った価値観から書かれているため、不快感を与える場合もあるかもしれません。申し訳ございません。


1.時給5000円の仕事を作る方法
@高時給の仕事をしたい!

■「作業の時給は、ビジネスモデル(ビジネスプラン)で決まるのか〜」

駅の近くを歩きながら。
給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)の記事を参考に、目に入ってくる働いている人を観察すると、その方々のおおよその時給がわかってきて、街には、時給の高い仕事をしている人や、時給の低い仕事をしている人が混在しており、その時給の差は、勤め先の会社のビジネスモデルで決まっているよう思われました。


私たちは日々、なにかしらの仕事をしています。
会社員でも自営業でも、アルバイトでも、毎朝起きて、日中は仕事(作業)を行っています。
オーナー社長ですら、1週間に数時間は、仕事をしている場合が多いでしょう。

1流大手企業のサラリーマンも、毎朝起きて、日中は仕事(作業)を行っていますし、中小企業のパートさんも、毎朝起きて、日中は仕事(作業)を行っています。
農業を行っている自営業者も、毎朝起きて、日中は仕事(農作業)を行っています。

さて、上記3者を比べると、同じように1日8時間働いているのに、1流企業のサラリーマンは給料が高く、ボーナスや有休消化や退職金なども含め考えると、1時間あたりの時給は3000円くらいかもしれません。
一方、中小企業のパートさんの時給や農家の方の時給は1000円程かもしれません。

同じ8時間、何かしらの作業を行っているのに時給が高い人もいれば、低い人もいるようです。
一体、どうして、このような違いが生まれるのでしょうか。

「それは、高度な難しい仕事(作業)を多く行う忙しい人は時給が高くて、単純作業を行う人は時給が低いからじゃない?」
一般的には、そのような理解ですよね。

しかし、儲かっていない中小零細企業では、高度な難しい仕事(作業)を多く行う忙しい人でも時給(1時間あたりの給料)が低かったりもするようです。
一方、超大手企業でもある国家や地方公共団体、大手企業では、同じように働いていても時給(1時間あたりの給料)が高かったりもするようです。

有休の消化率や退職金や年金のことまで含めて考えると、1時間あたりの給料額は、仕事の忙しさや難易度よりも、「どの会社で働いているか?」の方が影響力が大きそうです。
一体、時給(1時間作業を行うあたりの給料額)の違いは、どこで生じるのでしょうか。



A高時給の仕事となるビジネスプランの作り方
■私は以前、スロプロを行っていた時期がありました。
実質的には休日0で13時間拘束状態で月収30万円ほどでした。
時給に換算すると770円です。
必死に頑張っていたのに、私の時給は770円でした。

現在、お蔭さまでwebサイト運営をさせて頂けています。
起業当初は、休みなく馬車馬のように記事書き含め作業をしていましたが、この記事を書いている現在は、月に20〜30時間しか作業を行っていないかもしれません。
そのため、現在は・・ですが、過去の蓄積のお陰で時給換算するとスロプロ時代とは桁違いに時給が高いことになりそうです。

この時給の差は、スロプロ時代は頑張りが少なく、今は頑張っているからではなさそうです。
スロプロ時代も、web起業当初なみに必死に仕事をしていた記憶があります。

また、この時給の差は、作業(仕事)の難易度の違いとも思えません。
スロットで月の収支をプラスにしていく作業は難易度の高いもので、記事を空いた時間に好き勝手書く作業の方が難易度が低そうです。

「結局、作業の時給はビジネスモデルで決まるのだろうな〜」
スロプロとwebサイト運営の時給の違いは、ビジネスプランの違いから生じていると思われました。

同じ8時間、何かしらの仕事・作業を行うのに、儲かるビジネスモデルの中で仕事・作業を行えば時給は上がり、儲からないビジネスプランで仕事・作業を行えば、時給が下がると言えそうです。

スロプロの時給が低いのは、スロプロが儲かりにくいビジネスモデルだからでしょう。
どんなに優秀な人が毎日スロットを打つ作業をミスなく効率良くこなし、一生懸命に努力しても、時給は1000円を超えないかもしれません。

一方、
ブログが作られる前の段階で既に、綿密に収益が上がる仕組みが計画され「あとは記事を書いて記事を増やしていくだけ」となっている高収益のビジネスモデルの場合、1記事書く際の時給は高くなるのかもしれません。

そして、その記事が蓄積せされていき、広告収入が入ってくる仕組みが完成したブログは、毎日、なにもしなくても、

寝ている間ですら収益を発生させる不労所得を生み出す資産になり、時給は測定不能レベルに高騰しそうです。
自宅でパソコン仕事/不労所得(分身の術による錬金仙術)

つまり。
仕事の時給・作業の時給は、その会社が作られる前に決まってしまうものなのかもしれません。

元々、儲かりにくい業種で、収益が上がる仕組みなども、あまり考えずに・・・つまりビジネスプランが練られていない状態で、なんとなくで作られた会社で働く場合は、会社が儲からないがために、会社をまわすために必要な作業を行う正社員やアルバイトの方の時給も低くなるわけです。
起業した社長の時給も低くなるでしょう。

一方、綿密に収益が上がる仕組み(ビジネスプラン)が事前に計画され「あとは各種の作業を行い形にしていくだけ。形にした後は管理・運営するだけ」というような会社で働く場合は、会社が儲かるために、正社員はもちろん、アルバイトやパートでも時給が高くなるのかもしれません。

1時間あたりの作業の時給額は、その会社・ビジネスが立ち上がる前に、既に決まっている。儲からない業種で儲かりようのないビジネスを立ち上げれば、会社を始める前から「低時給」が確定する。

例えば、なんの計画も立てずに農業に参戦し農起業をしたとしましょう。
他の農家の方と同じように、差別も行わずにピーマンを作りJAにおろすならば、時給は低くなりそうです。
もしアルバイトの人を雇っても、儲からないがために高い時給は払えず、最低時給で働いてもらうことになるかもしれません。

この場合、<儲かる仕組み>を事前に考えず、なんとなくで起業した時点で、創業者である自分自身や、雇われる社員やアルバイトの方の低い時給が決まってしまっている!とも言えそうです。

一方、会社を起こし商売を始める前に、ライバルが現れても半永続的に高収益が上がり続ける仕組みを、綿密に考え計画し「このビジネスモデルならば、誰が作業を行っても、1時間あたりの作業で生まれる利益は1万円を超える!」というようなビジネスモデルが見つかってから、起業をしたとします。
すると、創業者である自分自身や、雇われる社員やアルバイトの方の時給が高くなりそうですね。

この場合、<儲かる仕組み>が見つかった時点で、起業をする前から既に、高い時給が決まってしまっている!とも言えそうです。

自分でビジネスや商売をはじめ、自分自身が作業を行う場合、その作業の時給は、ビジネスモデルで決まることになりがち



B高い時給で働きたい!

■起業する場合、大きくわけて2つの仕事がありそうですね。

@利益が上がる仕組みを考える(ビジネスモデルを考える)
A利益が上がる仕組みを形にするため、また仕組みを継続させるために必要な作業を行う

Aをアルバイトの方を雇い他人にしてもらい、それでも黒字なら、作業時間がないため限りなく時給が高くなりそうです。

普通は、起業したての頃は、お金がないためAの作業を自分ですることになり、@の頃の「考える時間」も含めて考えると、起業したての頃は時給換算すると低くなりそうです。
本を読んで勉強したりセミナーに参加して勉強する時間も含めると、ものすごく時給が低くなるかもしれません。
私の場合、webサイトで収入が増え始めるまでの間、本を読んで勉強していた頃のことまで考えると、時給は1円以下と、信じられないほど低いことになりそうです。
おすすめ!ビジネス書の読み方(効果的なビジネス書の読み方とは?)

しかし、1度、利益が上がる仕組みを築き上げてしまえば、後は、管理業務・管理作業だけになるので、労働時間は減り時給は高くなりそうです。

例えば、居酒屋経営を例にすると。
「儲かる居酒屋のビジネスモデル」を考え、見つかった「儲かる居酒屋のビジネスモデル」を形にするために、物件を探し入居手続きをして、リフォームのデザインを考え内装業者に相見積もりをとり発注し、機材や家具を選び発注して、アルバイトの募集を職安にかけて、商品を仕入、看板業者やメニュー作成のため印刷会社に連絡をし、HP作成のためにHP業者に連絡をとって、オープン前には社員教育を行い、チラシやポスティングなど集客業務を行って、オープン後には新規のお客様をリピート顧客にし・・などと、大変な作業が待ち受けており、時給換算すると低くなりそうですね。

しかし、アルバイトさんが仕事を覚え、固定客がつき、新規のお客さんが口コミで自然と来店するようになれば、自分はたいして作業をすることなく、継続して利益が上がり続けることになるかもしれません。
そうなれば時給換算すると高くなりそうですね。
時給は2000円や3000円どころではなく、1万円、2万円、3万円・・・となっていくかもしれません。
ちなみに儲かっている会社の社長さんは、日々の業務(作業)をほとんど行わず、会社運営上の問題を解決するための判断だけをしていて、それでいて日給は10万円を軽く超えたりもするようですよ。

起業家の主な仕事は「@利益が上がる仕組みを考える」であり、会社員・従業員・アルバイトの仕事は「A利益が上がる仕組みを形にするため、また仕組みを継続させるために必要な作業を行う」だとも言えそうです。

そして、「A利益が上がる仕組みを形にするため、また仕組みを継続させるために必要な作業を行う」の作業の時給が高いものになるか?低いものになるか?は、「@利益が上がる仕組みを考える」の時点で決まることになるのかもしれません。

たいして儲かりようがない、周りの居酒屋との差別化もない安売りだけが取り柄の居酒屋をオープンさせれば、利益がでないために、アルバイトさんの時給を高くすることはできないことでしょう。

一方、利益率の高いブランディングされた高級居酒屋が繁盛するならば、普通に運営していくだけでも高収益をだせ、その分、アルバイトさんの時給を高くすることも出来るかもしれません。

作業の時給は、ビジネスモデルで決まる。

どうせ働くなら1時間あたりの作業時給が高い方が、起業後も頑張れそうですね。
そして作業の時給は、ビジネスが形になる前のビジネスモデルを考え決める段階で決まってしまうため、起業する前のビジネスモデルを考える時というのは、とても大事な時間だと言えそうですね。

ちなみに業種毎に「儲かる業種」は決まっていて、例えば金融やインフラ系は儲かる業種であるため、そこで働く正社員やアルバイトの人は高時給になりやすく、飲食業は儲かりにくい業種であり、そこで働く正社員やアルバイトの人は高時給になりやすいそうです。

高時給の仕事やアルバイトを探す場合は、「どんな業種で働くか?」を考えるのも良いかもしれません。
「業種別 賃金」などのワードで検索すると、給料の高い業種がわかるようです。

さて、時給2000円の仕事は、求人情報やハローワークで探さなくても、自分で創りだすことも出来そうですね。
例えば、株取引で利益を出せるようになれば、時給はすぐに3000円を超えることになりそうですし、不動産投資家として実力がつけば、時給は2000円を下回ることはないでしょう。
投資資金が増えてくれば、時給が10000万円、20000万円・・となっていきそうですね。

(ブログやサイトが作られる前から)利益が上がる仕組みが綿密に計画されていた人気ブログや人気サイトを作ることができれば、記事を書く時給は1500円以上にはなりそうですね。高い人なら、記事を書く時給が4000円、5000円、6000円・・となっていそうです。

好きな時に携帯から株を売買し、好きな時間に記事を書いて、それでいて時給が高いなら、ありがたいですよね。
ただし、株で稼げるようになるにも、人気ブログや人気サイトを作れるようになるにも、勉強や試行錯誤の「まったく稼げない時期」を乗り越える必要があり、それは数年単位の話になりそうです。
数年間も時給0円かマイナスが続いても、それでも将来の、約束もされていない、もしかしたら稼げるようになり高時給になるかもしれない・・保証のない高時給のために頑張り続けることができるか?が、結果を決めることになるのでしょうか。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は時給が低くていいから女子高のプールの監視員のバイトをしたいな。」


バス子「バス男さんは絶対に雇ってもらえないわよ。」


仙人「関連記事としては、お店を開くには?経営のコツ(実家のガソリンスタンドから学んだ商売/ビジネスが50年続く秘訣)や、企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)もお勧めじゃよ。」


関連月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)
事業計画書の書き方!私の実例(本音の事業計画書を書いてみた)
お金持ちになるには職業より投資が大事(収入を生み出すエンジン/ドル箱の作り方)
年収500~600万円の仕事(希少価値)
採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
事業計画書の書き方!私の実例(本音の事業計画書を書いてみた)
第二新卒の転職/メリットとデメリット(転職のメリットとデメリットを知ろう!)
優良中小企業に就職する前に(中小企業の実情と大企業との違いとは?)
ブラック企業の定義と診断法(ブラック企業の診断方法と入社した場合の対策方法)
ニート/主婦/フリーター就職で失敗しないコツ(給与額だけで選ぶとブラック企業に就職しがちな理由)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他