配当金生活は可能  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

配当金生活は可能

■株の配当金生活をするには?方法。資金量や銘柄、投資先。株式投資の配当金で生活をしたい人へ。株主優待と配当金生活

配当金生活は可能?
配当金を科学/分析する。


バス男「はぁ〜。安月給の生活は辛いなぁ。これじゃあ、生活していけないよ・・。」


バス子
「だったら、仙人に【配当金とは?/配当金生活をする方法】を聞きに行ってくれば?」


「仙人様の【配当金の説明/配当金生活をする方法】かぁ・・・・」







〜配当金とは?/配当金生活をするには?〜

1.配当金とは?/配当金生活を科学・分析する

@配当金とは?

■今回の記事では、最初に配当金に関する基本的説明を行い、その後【配当金生活】の実情について科学/分析してみます。

配当金生活は「いくらから可能?」を本気で検証するよ!

まず ‘配当金’ の説明から。


〜配当金とは?〜
→配当金とは、企業が得た利益の一部を株主(株を保有している人)に還元するために、年に1〜2回株主に支払われる不労所得の事を言います。
配当金の額は企業によって異なり、業績が悪く利益が少ない年や赤字の年は、配当金が減額されたり無配となったりもします。
※配当金の有無に関するチェックは楽天証券のマーケットスピードにて簡単に行えます。
また、ベンチャー企業の中には利益は出ているものの、その利益を事業拡大に使用するため配当を出していない企業もあります。

配当金を具体的に説明しますと・・
例えば、ABC社の配当金が1株あたり80円だとします。
ABC社の株が100株単位で売買する株の場合、最低単元株数100株を保有していれば1年間に8000円配当金がもらえるわけです。
ABC社の株価が1500円なら、100株買う場合15万円の資金が必要です。
つまり15万円で株を買えば、年間に配当金として8千円貰えるわけです。


〜配当利回りとは?〜
→配当利回りとは、現在の株価に対する年間配当の割合を示すものです。
年間配当を現在の株価で割って算出します。
ですから「株価は安いのに、配当金は多い銘柄」は配当利回りが高いわけです。
配当の多い企業では配当利回りは5%程度ありますが1〜2%程度が平均です。
仮に「株価は安いのに、配当金は多い銘柄」があったとしても、そのような銘柄は高利回りのため人気であり、皆が「買いたい!」と思いますから、株価はどんどん上がっていき、結局、配当利回りは5%程度に落ち着く場合が多いものです。
及び、企業業績が悪化しますと当然株価は下がっていきます。
株価が下がることによって配当利回りは高くなるようにも感じますが、配当というのは企業の利益の中から出されるため、企業業績が悪化すれば利益も減り、利益が減れば配当金が減額されたり無配となったりもしますので、やはり結局、配当利回りは1〜5%程度に落ち着く場合が多いものです。


〜配当の時期と配当落日(権利落日)〜
→配当が受けられる時期は、配当落日(権利落日)の2〜3ヵ月後になります。
配当落日(権利落日)とは、配当を貰える権利が落ちる日の事であり・・配当落日は、企業の決算日の3営業日前になります。
そして株の受け渡しには数日かかるため、権利落日の4営業日前の‘権利確定日’に、株を保有していることが配当を貰うためには必要です。
2月〜3月と、8月〜9月の月末近くに配当落日になっている銘柄が多いため、特にその時期の取引では、取引する銘柄の配当落日(権利落日)にも注意します。


〜配当の税金〜
→配当金は、税金が源泉徴収されて投資家に支払われるます。
源泉徴収税率は20%です。
ただ、国の方針によって軽減税率が適応される時期もあります。
および配当金は、金額に関わらず受取時の源泉徴収のみで納税を完了するため、確定申告の必要はありません。
お金を稼ぐコツを駆使し、ネット副業などで収入を得ますと確定申告が必要となり、所得税率も収入が増えれば30%~40%と上がっていくため、税金面も考慮し手取り収入で考えた場合、配当金は魅力的ではあります。


〜信用取引と配当〜
→信用取引は現物株の取引とは違うため、信用取引で株を買っていても配当金を貰うことは出来ません。
信用取引の場合、信用取引の買い方と売り方で配当に相当する金額をやりとりする方法で調整されます。
配当に相当する金額を{配当調整額}といい、売り方が買い方に{配当調整額}を支払います。
関連制度信用取引と一般信用取引の違い(信用取引の説明)

ちなみに、信用取引で株を買っていても議決権も株主優待もありません。


〜配当落日(権利落日)と株価の推移〜
→株の配当金というのは、1年間、ずぅ〜と保有しておく必要はなく、‘権利確定日’に株を保有していさえすれば良いため、‘権利確定日’が近づくにつれ、配当金目当てで、その株を買いたがる人が増えていきます。
「その銘柄(株)を買いたい人」が増えれば、その銘柄の株価は上がっていくため、‘権利確定日’に向けて株価は上昇していき、‘権利確定日’をすぎると、
「もう、配当を貰える権利はとったから、この株を保有し続ける必要はない。だから売ってしまおう。」
という人が増え、「その銘柄(株)を売りたい人」が増えれば、その銘柄の株価は下がっていくため、‘権利確定日’以降に株価が急落することもあります。


〜株主優待とは?〜
→株主優待とは、株主に対し、現金以外の形で与えられる配当です。
品物やサービスを貰えます。
優待内容はその企業が取り扱っている商品やサービス券、食料品など様々です。
株主優待が届く時期は、権利取最終日から3ヶ月程度である場合が多く・・果実、農産物など季節物の場合はそのシーズンに届くこともあります。
株主優待の内容は、保有している株数に応じより魅力的なものになるのですが、1単元(株式購入の最小単位)でも株主優待を貰えます。
ですから小額投資家にとっては魅力的な制度です。
配当は税金がかかりますが優待は一般的に課税されませんので、手取り収入的な考え方で考えれば、株主優待はバカに出来ない魅力もあります。


〜配当狙いのリスク〜
→配当の多い企業では配当利回りは5%程度ありますが1〜2%程度が平均です。
利回りはたったの1〜2%であるため「配当で得ることの出来る収入」と「売買益」を比べた場合、「売買益」の影響の方が大きくなる場合がほとんどです。
つまり株の価格が買値より下がると、配当金で年間5千円を手にするものの、その株を売った際には3万円も損するようなことが多いわけです。
及び、 企業業績が悪化すれば配当は中止となり、最悪、企業が倒産してしまえば、株券自体がただの紙キレになってしまいます。
利回り1〜2%というのは、投資した金額が減ったり、完全に失われたりするリスクもありえる投資(株・FX・不動産等)としては、魅力的とは言いがたいものです。
1〜2%の利回りは、リスクを背負ってまで狙いにいく利回りではない!のかもしれません。
投資(株・FX・不動産等)には様々な種類があり、{株/fx/不動産}などというのは投資対象の1つにすぎません。
たったの1〜2%の利回りのために、「市場の暴落」「企業業績の悪化」「倒産」などの大きなリスクを抱え込むよりは、株の配当狙いに縛られることなく、投資の本当の意味を学ぶことから始め、投資に関するスキル・技術・経験を身につけ、より良い投資先を見極める‘目’を養いたいものです。



A株の配当金生活をするには?方法
■配当の多い企業では配当利回りは3〜5%程度でありますから、ABC社の配当利回りを5%として考えてみます。
ABC社の株を4000万円分購入した場合、配当利回りが5%ならば、配当金による年収は200万円になります。

年収200万円ならば、洗濯機すらない家賃の安いアパートに住み、TVのない生活をし、自分で髪を切ったりしながら細々とゆる〜い生き方をしていれば暮らしていけそうです。
関連生活水準を下げなさい

税金等を考慮した場合の足りない収入分は、時間があるのですから「時間をお金に変える」ことが可能なネット副業などをし、補填すれば良さそうです。

配当金生活は、いくらから可能?・・・最低4000万円あれば不可能ではない。

現実的には、複数の高配当株に分散投資するので、配当利回りは5%より低くなり3.5%程度となるし、年収200万円では厳しいので1億円は必要となるでしょうか。

配当金生活をするには、普通は1億円以上は必要となるよ。

ただ、株の配当金生活には「企業業績悪化による減配/無配」というリスクがあり、仮に保有株企業が「倒産」「上場廃止」した場合は、投資金額が一瞬で消えてしまいます。

なぜなら、{株を保有すること}というのは{リスクを引き受けること}と同じ意味だからです。

【株を保有すること = リスクを引き受けること】

一般的に配当金生活をしている人や、配当金生活を目指している人は悪く言われます。
「あの人、働きもせずに・・」と影で悪口を言われます。

しかし、会社の従業員と株主では、仕事内容や責任の種類が異なるためしかたない側面もあるのかもしれません。


会社の従業員は、己の時間や能力を会社に投資することの見返りとしてお給料を貰います。
メリットは、企業業績が悪化した場合でも法律で保証されている最低賃金は貰えることであり、大抵の場合、昇給ストップやボーナス○割りカット程度で済みます。
及び、仮に勤め先企業が倒産しても、個人の貯金が没収されたりすることはありませんので、勤め先企業が倒産しても個人資産が減ることはありません。

デメリットは、己の時間や能力を会社に投資することが出来なくなれば・・つまり、体の病気や心の病気(うつ病等)などで働けなくなれば解雇され収入が途切れることであり、またリストラの可能性もありえます。
もう1つのデメリットは、企業業績悪化による減給や、最悪の場合、倒産が予想されるようになっても、{引継ぎ}{人間関係}{年齢/能力}の問題等から、たとえ就活・転職のコツを身につけていても簡単には転職出来ないことです。


一方・・
株を買って保有している人は、己のお金を会社に投資することの見返りとして配当金を貰います。
メリットは、物理的に毎日・毎日働いていなくても、体の病気や心の病気(うつ病等)で働けなくても、株を保有してさえいれば配当金収入が入り続けることです。また急なリストラもありません。
「その会社がなにをしている会社か?」すら知らなくても、株を保有してさえいれば配当金収入は入り続けます。
もう1つのメリットは、企業業績悪化による減配/無配や、最悪の場合、倒産が予想されるようになっても、その場合は投資先企業を変更し、PC上で「売る」ボタンを押し既存株を売り、新しく投資する企業の銘柄を「買う」ボタンを押して買うだけで、リスク回避をすることができることです。

デメリットは企業業績が悪化した場合、減配/無配となり、収入が減ったり、もしくはまったく収入が入ってこなくなることです。
及び投資先企業が倒産となれば、その会社に投資していた多額のお金を一瞬にして失ってしまうことです。


このように、会社員と投資家は、会社への貢献の仕方や、リスクの引き受け方が異なるだけであり、会社員も投資家も、ともに会社のために己の資産・・「会社員の場合は時間/能力」「投資家の場合はお金」を捧げているのです。


2011年3月11日、東北沖で巨大地震が起こり、福島原発が事故を起こしました。

東電の株価チャートが示す通り、3月11日の想定外の地震により、東電の株価は一瞬のうちに、約2000円から約200円にまで下がりました。
株価が10分の1になったのです。
及び巨額な賠償金支払いのため赤字に転落し、配当金も無配となりました。


・・電力株というのは配当利回りが高い銘柄であるため、多くの人が配当金収入目当てで東電の株を保有していました。
3月11日の地震が起きる前までは、誰しもが、「東電は絶対に大丈夫。東電の株価が暴落することはありえないし、東電が赤字となり、配当金が無配となることは、どう考えてもありえない。」と思っていましたから・・。
そう思っていたのは、東電の社員も東電の株主も同様でした。


そして・・東電の株を買って保有している人は、己のお金を東電に投資することの見返りとして配当金を貰っていたのですが・・仮に4000万円投資していた人は、株価暴落により一気に400万円になってしまいました。
「あぁぁぁぁ〜、わ、私の老後資金が、たったの400万円になってしまった。」

さらに無配となり、赤字がしばらく続くため配当金も数年間は出されないようです。
一気に無収入になってしまったわけです。
「あぁぁぁぁ〜、わ、私の配当金生活もこれで終わりだ。もうお金も400万円しか残っていない。1年後、公園生活かもしれない・・。」

一方で、東電の社員の方々は、お給料は貰い続けます。

これが従業員と株主の違いであり・・これが株主責任であり、【株を保有すること = リスクを引き受けること】なのかもしれません。

このような会社の危機的状況の際、会社の従業員は会社側から、「ちょっと、今うちの会社は資金面が苦しいから、君の貯金を頂戴。君の貯金・・会社の借金返済に使うね。」とは言われません。
会社員の仕事は、資金面でのリスクを引き受ける仕事ではないからです。

一方で株主は、会社の危機的状況の際、一瞬にして資産が吹き飛びます。
株主は、資金面でのリスクを引き受ける仕事をしているからです。


・・・
あまたある会社組織によって経済活動が営なわれ、そのことで日本社会は成り立っています。
つまり、会社に貢献することは日本社会に貢献することでもあるわけです。
結局、配当金収入生活というのは、「どういう形で会社に貢献するか?(会社に貢献することは社会に貢献すること)」の1つの{社会貢献の仕方}であり・・
配当金収入生活というのは、自分のお金を株式会社に投資することを通して、社会に役立っていく「生き方」でもあるのです。


会社オーナーは、資金を集め会社を設立し、雇用を生み出し、会社員がより良く働ける環境を作り出すことで社会に貢献します。

会社員は、会社に自分の時間と能力を与えることで、会社組織を通して世の中に貢献します。

投資家は、会社が円滑に事業が進められるよう資金面の提供、及び資金面のリスクを引き受けることで、会社を通して世の中に貢献しています。


そして「どのような形で社会に貢献すべきか?」という想いは、その人の
価値観によって異なるようです。

起業家の価値観をもっている人は、「俺はリスクを背負って起業し雇用を生み出し、働き口がない人達に職を与えている。起業家が1番偉い!」と考えがちです。

会社員としての価値観をもっている人は、「私は会社の現場で汗水垂らし苦労して働いている。会社員として働くことが最も優れた社会貢献だ。」と思います。

投資家の価値観の人は、「私は汗水垂らして稼いだお金を、趣味や娯楽に使わず節約術で貯め、資金を失うリスクを抱えて会社に資金面の協力をしている。投資家が1番大変だ。」と考えます。

どのような形にしろ、社会に貢献することは良いことで・・そして、このような価値観の違いが、人の「生き方」を決めていく場合も多いようです。
関連価値観について



Bまとめ 〜株の配当金生活をするには?方法〜
■配当金収入生活というのは、「どう生きるか?」の1つの選択肢にすぎないため、株式投資や、株の配当金に固執する必要はなさそうです。

投資によって世の中に貢献する方法は、他にもいくらでもあります。

たとえば ‘熱い人材’ への投資。
「日本の政治を変えたい!もっと良くしたい!」という強い想いと、それを実現させるための能力はもっているのに、資金面の不足から選挙に出馬すること、及び勝つことが出来ない人もいます。

他にも、本当は能力があるのに、資金面の不足からくすぶっているアーティスト・・画家や音楽家、作家、漫画家・・などもいます。

そのような人へ、お金を投資することで金銭面を支え、そのような ‘熱い人材’ が4次元世界の現実の表舞台で活躍することにより、多くの人がハッピーになる手助けを裏方から行う方法もあります。

無償であっても良いですが・・
仮に人材を見抜く目が確かであれば、その人材はその後・・4次元世界の現実の表舞台で活躍し始め、政治家なら諸収入・・画家、音楽家、作家、漫画家ならば不労所得である印税収入を稼ぎ始めるかもしれません。
大ブレイクした場合は、多額の富を生み出し、「資金のない頃を支えてくれたお礼に、○○円をあげます。」と投資した資金以上の収入を貰うことになり、株式に投資するより高いROA率となるかもしれません。
※世の中の多くの人に貢献すれば、それだけ多くの収入が生まれるようになります。漫画にしろ本にしろ、多くの人に読まれれば、それだけ多くの収入が発生します。


さらには、自分は自分は自分は自分はと自分のことばかり考えるのではなく、もっと大きな視野/視点から「投資によって世の中に貢献する方法」を考えますと・・
現在ではアフリカを中心に、資金面の問題から基礎的な教育すら受けることが出来ず、簡単な{読み書き・計算}すら出来ないため、苦労をしている人も多くいます。
そのような国々に暮らす人に投資することで資金面のバックアップをし、基礎的な教育を受けることの出来る環境を作り出すことは、自分が生きている間には報われないでしょうが・・
100年、200年、300年という長い時間スパンの中で、運命の大きな流れの中で、自他を越えた愛の目線で考えれば・・
今はまだ生まれてきていない、将来、生まれてくるであろう私達の未来の子供達の人生も含め、人類の幸福度を高めていく社会貢献もできそうです。
関連アフリカ/教育が飢餓を救う(アフリカ貧困の原因)

※本来、元を辿れば自他は同じ1つであるため、他人・・・国すら違う、生きている時代すら違う他人も含め・・・他人のためにお金を使うことは自分の幸福度も高めてくれるのかもしれません。
これに関連する話は、書籍【金もち父さん、貧乏父さん】で有名なロバート・キヨサキ氏の投資に関する本
書籍金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン
書籍金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる
の、どちらかだと思うのですが・・書かれていました。



洗練された投資家にとっては、株の配当金は、数ある投資対象の1つにすぎないのかもしれません。
だからこそ、例えば株価が企業の実態とはかけ離れた高値をつけている、株式市場のバブル状況時に1〜2%の配当利回りは、リスクを背負ってまで狙いにいく利回りなのか?と、疑問に思うこともあるかもしれません。

お金の投資先は、株以外にも多くありますものね。

目先の株の配当金収入だけに捉われることなく、己の投資家としての{知識/経験/スキル}を磨き、より良い投資先、そして投資タイミングを見極める‘目’を養い、そのことで世の中に貢献していけるよう精進していきたいものですよね。


★追伸★
→配当金生活を始めるタイミングは、株価低迷期が1番ですよね。
株価低迷期なら、高配当株がゴロゴロしているため配当利回りの高い安定した企業へ分散投資しやすいし、数年後に来るであろう次のバブルで値上がり益も期待できます。

一方、株価が上がっている時期は、配当利回りも低下してしまいますし、株価が上がっている時に「配当利回り4%なら悪くないよね」と高配当株を買うと、目先は良いけれど、数か月後、数年後の{バブル崩壊/暴落}に巻き込まれ、それまで得ていた配当収入以上の損失を出してしまうことになりかねません。

高配当株に投資を始めるなら、株価低迷期の方が良さそうだね。

というわけで、個人的には「今は株価が高いからな〜。高配当株に投資したいけど出来ない。でも、銀行に、お金を寝かせておくのはもったいないな。」とヤキモキしていたのですが、ソーシャルレンディングの存在を知って「こんな最高の投資があるのか!」と感動しました。

本質的には{金貸し}であるソーシャルレンディング投資では、毎月、毎月、手堅く利息収入を得られます。

{投資期間1年、利回り10%、不動産による担保保証有}などの超高利回りの投資案件がたくさんあるんです!もっと早く知りたかった!

というわけで現在はソーシャルレンディングの高利回り投資案件で、資産運用を行っています。
詳細は超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)にて。

配当金生活に関して、ソーシャルレンディングで配当金生活はいくらから可能?本気の検証(いくらでリタイア可能?)の記事も人気です。


また、国が売電価格の固定買取を約束しているため、株や不動産より手堅い投資として、太陽光発電投資があります。
毎月、家賃収入や配当金収入のように売電収入が入ってくる太陽光発電投資ですが、太陽光発電投資には、中古物件の売買もあるんですよ。
詳細は産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)にて。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「配当金生活かぁ。」


バス子「配当金生活にも憧れるわね。」


仙人「幸せな人生を生きるコツのとおり、ワシらにあるのは、「どう生きるか?」という問題なのじゃから、「どの株を買うか?」「配当利回りは?」というような問題は、あくまで枝葉の問題であることを忘れぬようにしたいものじゃのぉ。関連記事としては、超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)がお勧めじゃよ。」


〜関連〜
投資/ビジネスで大切なこと(結果を左右する2つの事柄)
1000万円の資産運用!手堅い分散投資はコレ(1000万円のお勧めポートフォリオ)
資産運用方法の種類一覧!特徴やリスクなど(資産運用!初心者編)
金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします(書籍「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー)
資産株へのバリュー投資/基本編(株式投資というゲームの正体)
月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)
お金持ちになるには職業より投資が大事(収入を生み出すエンジン/ドル箱の作り方)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他