仕事を頑張る秘訣   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

仕事を頑張る秘訣

■仕事を頑張れない時に頑張るコツとは?仕事のモチベーションアップと維持方法。もっと仕事を頑張りたい!

仕事を頑張る方法
仕事を頑張るコツとは?



バス子「ねえ、バス男さんがもってるそのお薬はなぁ〜に?」


バス男「あ、バス子ちゃん。これは抗うつ病薬のデプロメールとパキシルだよ。僕は仕事が原因でうつ病気味だから、食後は毎回、うつ病のお薬を飲むんだぁ〜。」


バス子「えぇ〜?だ、大丈夫?。」


バス男「僕は最近、仕事を頑張れなくて・・。仕事を頑張るコツを知りたいなぁ。」


バス子「じゃあ仙人に【仕事を頑張る秘訣/コツ】を聞いてみればぁ?」


「仙人様の【仕事を頑張る秘訣/コツ】かぁ。・・」







〜仕事を頑張りたい!〜

1.仕事を頑張る秘訣とは?

@仕事のモチベーションアップと維持方法

■「仕事を頑張りたいけど、頑張れない・・」

「もっと仕事を頑張りたい!」という場合、どうすれば仕事のモチベーションを高め、維持し続けることが出来るのでしょうか?

仕事を頑張り続ける秘訣を、見てみましょう。

仕事を頑張る方法を見ていこう!



A仕事を頑張る秘訣/コツ
■仕事を頑張り続けるには、精神的な面と、物理的な面の、両面を大切にしていきたいものですよね。
まずは、精神面から見ていきましょう。

〜精神面〜
疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)にあるように、人間の元気や活力は、精神面から出てくる場合も多いようです。

エネルギー問題の解決策(人間の正体)のとおり、私達人間の本質が、肉体ではなく魂だからかもしれませんね。

@働く理由と目的の明確化
→「なぜ働くか?」という働く理由が明確になっていないと、仕事に対して、心の奥底からの活力や元気が出てこない場合もあるようです。

なんとなく、世間体やお金のためや、「皆、働いているし・・」というような曖昧な理由の元、仕事をしていた私は、心の奥底からの活力や元気が出てくることがなく、仕事に頑張れない日々を長く生きていました。

「なぜ働くか?」という働く理由が明確になればなるほど、仕事に対して、心の奥底からの活力や元気が出てくるようになるようです。

そのため、だからこそ仕事に頑張れなくなってきた時には、自分にとっての「働く理由」が曖昧になってきている場合もあるようです。

その場合は1度立ち止まり「私は、なぜ働くのか?」と自問し、自分にとっての「働く理由」を、今一度、明確にしてみるのも良いのかもしれません。

仕事を頑張る方法は「自分にとっての働く理由」を明確にすること。


Aお金以外の働く理由
→目先の自分のお金だけのことを考えれば、働くモチベーションが湧いてこなくなる場合もあるのかもしれません。
脳科学的にも、お金だけを理由にすると、やる気などが湧いてこなくなるようです。

だからこそ、「お金以外の働く理由」が、仕事に対する強いモチベーションを与えてくれるのかもしれません。

「お金以外の働く理由」が本当に強いものであれば、収入が少なくとも、それでも「己の命を削ってでも働く!!」という強い信念に突き動かされ、働くことになるようです。

どの業界にも、収入が少なくとも、それでも「己の命を削ってでも働く!!」という強い信念に突き動かされて働いている人達がいますよね。そんな彼ら/彼女らは、「お金以外の働く理由」が強いからなのでしょう。

「お金以外の面で、働く理由を見出せるかどうか?」も、仕事を頑張り続けることには重要なことなのかもしれません。


B貢献や奉仕に対する考え方
→どの企業も、他者や世の中に対して商品やサービスを提供することによって貢献や奉仕をし、その対価として収入を得ており、私達は会社から給料を貰います。
つまり、収入というのは、他者や世の中に対する貢献や奉仕の対価なのですね。

だからこそ、勤務中は貢献や奉仕を絶対的に求められます。
にも関わらず、「貢献や奉仕なんてバカらしい。」と考えていると、{実際の行動(貢献/奉仕をすること)}と{自身の考え}に矛盾が起きるため、仕事を頑張るモチベーションが湧いてこなくなるのかもしれません。
人間は、自分の考えや価値観、信念に沿った行動をとっている時にこそ、やる気や活力や元気が湧いてきますものね。

そのような意味では、「貢献や奉仕なんてバカらしい。」と考えると、仕事中に自分自身が苦しむことになるのかもしれません。
一方、「貢献や奉仕も、喜ばしいことではあるよね。」と考えるようにすると、仕事中に、自分自身がハッピーでいられる時間が長くなるのかもしれません。
そして「貢献や奉仕も、喜ばしいことではあるよね。」と考えるようにするには、社会貢献/奉仕に惹かれる理由(貢献や奉仕が幸せに繋がる理由)のとおり、<全ては同じ1つである>という考え方を採用するのも、1つの方法なのかもしれません。


C納得
幸せの定義/基準のとおり、宇宙の意図として、多様性は肯定されているようです。
だからこそ、私達は人それぞれで、仕事に対しても、好みや「合う・合わない」などが異なるようです。

自分の好みや、自分に合う職業/仕事に就き、自分が納得したうえで、能動的に仕事に取り組むようにしますと、仕事を頑張ることが出来やすくもなるようです。
{自分が納得したうえで働く}ということは、仕事を頑張るうえで大切なことの1つですよね。

そして、納得した仕事に就くまでには、下積み期間も必要となる場合があるのかもしれません。
何年も下積み期間をコツコツとこなしていくのは大変ではありますが、{自分が納得したうえで働く}ために、その期間は、人によっては必要となる場合もあるようです。


D価値観
→私達は人生の大事な事を知る方法(人が重視する8つの事柄)のとおり、人それぞれで異なる価値観をもって生きています。

「遊び/娯楽」も、人生で大切なことではあるのですが、「遊び/娯楽」に対して、過剰に価値をおきすぎており、仕事に対しては価値をまったくおいていない場合、「遊んだ方が良いよ。仕事なんてバカらしい。」と思うばかりで、なかなか仕事にはやる気が出てこない場合もあるようです。

バランス良く、それぞれに価値の重きをおくようにすると、仕事に対しても頑張れるようになる場合も、あるのかもしれません。


E認識
→仕事において「年間休日数は130日以上であるのが当然だ!それ以上は働きすぎて、病気になってしまう!」「1日の仕事時間は8時間であるべきだ。それ以上の残業は病気のもとだ!」などの認識の仕方をしていると、休日出勤が入ったり、残業が入ると、仕事に対するモチベーションが下がってしまう場合もあるのかもしれません。

戦時中、私達の曾爺様や曾曾爺様達は、月月火水木金金と、毎日、過酷な戦場にてハードに活動(仕事)をこなしていました。正月も関係なく活動(仕事)をこなしていたため、年間休日数はとても少なかったことでしょう。

そして戦後、まだ貧乏な時代は、月に1日だけ休日で、あとはひたすら1日中仕事をしていた人も多かったようです。

もしかすると私達は、年間に130日の休日がなくても、頑張って仕事をし続けることが可能な生き物なのかもしれません。

休日は重要なことであり、休日はしっかり取れるべきなのですが、「年間休日数は130日以上であるのが当然だ!それ以上は働きすぎて、病気になってしまう!」という考え方は、職場にもよるのでしょうが、逆に自分自身を苦しめてしまう考え方にも、なりかねないのかもしれません。

関連記事には、

@疲れやすい原因は「生き方」にある!改善方法(カロリーとエネルギーの違い)

A仕事から逃げたい心理は甘え?(仕事に対する考え方を根本から改めるべきなのかもしれない)

があります。


〜物理面〜
→では次に、物理面での【仕事を頑張る秘訣/コツ】を見てみましょう。

@睡眠
→私達は睡眠中に、生命エネルギーなるものを補給しているようです。
疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)のとおり、睡眠不足により生命エネルギーが欠如してしまうと、カロリーも栄養もたっぷりな食事をとっていても、活力や元気が出てこない場合もあるようです。

だからこそ、まずは睡眠を大切にし、生命エネルギーが欠如しないように、していきたいものですね。


A栄養
→私達は毎日食事をとりますが、食事を食べた後に体内で行われる「消化/吸収/排泄」のプロセスにも、体のエネルギーが使われているようです。
そのため、あまりに食べ過ぎると、「消化/吸収/排泄」によって疲れてしまう場合もあるのかもしれません。

断食修行のとおり、飽食時代の日本に生きる私達は、栄養とともに浄化のことも考える必要があるのかもしれません。

特に朝は、「消化/吸収/排泄」のプロセスに、負担がかからない食事・・果物などを中心にとると、元気も出やすくなるようです。
日中も、フレッシュジュースや野菜ジュースを飲み、食事も過剰には食べ過ぎないようにすると、「消化/吸収/排泄」のプロセスに負担がとられない分、仕事を頑張りやすくなるのかもしれません。


B生活習慣
→夜更かしや暴飲暴食などの生活習慣のみだれは、日中の活力を奪い、仕事を頑張ることを妨げることにも繋がりますよね。
仕事を頑張っていきたい時は、規則正しい生活習慣の方も、心がけていきたいものですね。

関連記事には、自分と相手を傷つける悪い食習慣(食生活から「生き方」がわかる)があります。


C息抜き
→人間は機械ではありませんから、仕事ばかりは出来ませんよね。
だからこそ、仕事を頑張り続けるためにも、たまには息抜きも必要ですよね。

「休日に上手くリフレッシュ出来ることは、仕事における大事な能力だ」という話も聞きます。仕事を頑張り続けることが出来るよう、休みの日には、上手に息抜きをしたいものですね。



Bまとめ 〜仕事を頑張る秘訣/コツ〜
■本来、バランス良く仕事も、その他のことも、楽しみながら行えることが理想なのでしょう。

ただ、「それでは仕事に頑張れない!」という場合は、自分の中で、{仕事}に対する価値の重きの比重を、少し高めてみるのも良いかもしれません。

私達は、自分で「これは価値がある」と思い込んでいることをするのは、頑張れるものです。
だからこそ、仕事に対して、価値の重きをおいていない場合は、なかなか仕事を頑張れない場合も、人によってはあるのかもしれません。

たとえば、川原で石を積み続けることに対して、私達は価値を感じることが出来ません。そのため、ひたすら川原で石を積み続けることをしていると「あぁ、バカらしい。やってられない。」と頑張れないことでしょう。
それと同じで、仕事に価値を見出していない状況では「働くことがバカらしい。」となってしまいますよね。
そして、仕事に対して、価値の重きをおくようにすると、仕事を頑張りやすくなることでしょう。


〜追記〜
仕事を頑張る秘訣はシンプルに「仕事が楽しいこと」だと思います。

仕事が楽しいなら「仕事を頑張る方法は?」なんて考える暇もありません。

楽しいから「どおやったら、もっと仕事をする時間を確保できるだろうか?」と考えることになります。

仕事を頑張る方法は、楽しい仕事をすること

よって、解決策の1つは、転職となります。

転職によって、一緒に働くメンバーが楽しい人達となり、職場の雰囲気が良くなると仕事は楽しくなるし・・仕事内容が楽しいものとなれば、仕事は楽しくなるからです。

賢い転職の仕方も含めて、紹介している記事としては、

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

があります。

また、楽しい仕事を、サイドビジネス(投資や副業)として自分で始めてしまう方法もあります。

仕事も収入源も、1つである必要がないからです。

投資やサイドビジネスは、工夫や頑張り次第で収入額が上下するので、やりがいがあって楽しいですよ。

副業や投資については、

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

があります。

〜仕事を頑張る秘訣/コツ〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「仕事を頑張る秘訣/コツかぁ。」


バス子「仕事に対する観念や、イメージ、価値観次第で、仕事が楽しいかどうか?や、仕事を頑張れるかどうか?も、変わることになりそうね。」


仙人「仕事は受身的に「やらされている」「仕方なくしている」と思って働くと頑張れず、能動的に「自ら取り組んでいる」と思って働けば、頑張ることが出来るようじゃのぉ。楽しく働いていけると良いのぉ。」


関連仕事が忙しすぎる?辛い時ほど瞑想をする私の理由(仕事が忙しい時ほど瞑想をする3つの理由)
仕事がつまらない!辞める以外の選択肢3つ(つまらない仕事への対処法は3つあるよ)
むかつくダメ上司の特徴と対処方法3つ(人間性の問題であり対策は・・)
尊敬できる上司の特徴と部下に好かれる上司になる方法(結局、人間性や人柄)
仕事量が不公平!対処法(勤め先の会社は私の会社ではなく‘他人’の会社)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他