人生の幸せとは?幸せの本当の意味  



スポンサーリンク

人生の幸せとは?幸せの本当の意味

人生の幸せとは?幸せの本当の意味
目先の欲を満たすのは幸せではない?


バス男「どいつもこいつも、幸せそうな奴らばかりで・・ふんっ!」


バス子「ちょっとバス男さん、なにブツブツ言ってるのよ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕は、幸せそうに生きている人達を見ると、彼ら/彼女らの不幸を願わずにいられないんだ。」


バス子「もうっ、仙人がいつも【まずは自分が幸せになりなさい】って、言ってるでしょ。自分が幸せでないと、他人の幸せを、心から祝福するのは難しいのかもしれないわよ。」


「ふむ。じゃあ、まず僕が幸せになるために、賽銭泥棒をして・・グヘヘ。あ〜ヨダレが・・・」


「え〜!?【まずは自分が幸せになること】が大切なんだろうけど、なんか、それって間違ってない?仙人に【人生の幸せとは?本当の意味】を聞きにいってみようかしら?」


「仙人様の【人生の幸せとは?本当の意味】かぁ・・」







〜目先の欲を満たすのは幸せではない?〜

1.人生の幸せとは?幸せの意味

@目先の幸福と長期の幸福

■あるところに、アリとキリギリスがいました。

2匹とも「幸せになりたい!」と願い、幸せな人生を目指して生きていました。

高校時代。
キリギリスは「とりあえず今、俺が幸せになりたい!」と考え、「勉強するなんて不幸だ。俺は今、遊びたいんだ!」と思い、自分の欲を満たすために、ひたすら遊んでばかりいるようでした。

一方、アリは「将来の幸せのことまで考えるなら、今は、勉強もしないとね。」と考え、目先の欲求である{異性と遊びたい!}という気持ちを自制しつつ、勉強にも頑張っているようでした。

キリギリスは、アリを見て言いました。
「アリはバカだな。なぜ、自ら勉強に勤しむ不幸な毎日を生きている?若い頃は今しかないのに、今を犠牲にするなんて損な生き方だ。アリは要領の悪いバカだよ。」


さて、2匹は社会人となりました。
高校時代に勉強をせず、遊んでばかりであったキリギリスは、給料の良い就職先には就けませんでした。

そんなキリギリスは「給料の安い最悪な職場だな。上司も同僚もバカばかり。ストレス溜まるぜ。とりあえず今、俺が幸せになりたい!」と考え、「仕事のストレスを発散したいし、幸せに遊び続けるためには金が必要だ。金だ金!」と思い、手を抜きながら仕事をしつつ、自分の欲を満たすために、友人や周りの人に嘘をつきながら金を借り、借りたお金と、親を騙して得たお金で、遊びほうけているようでした。

一方、勉強を頑張ったことで給料の高い就職先に就いたアリは「将来の幸せのことまで考えるなら、仕事を頑張りつつ、コツコツと貯金もしていかないとね。」と考え、目先の欲求である{今、遊びたい!}という気持ちを自制しつつ、会社や同僚のために働き、遊びだけではなく、仕事や貯金にも頑張っているようでした。

キリギリスは、アリを見て言いました。
「アリはバカだな。なぜ、仕事に頑張り、貯金なんてしてる?若い頃は今しかないのに、今を犠牲にしている損な生き方だ。仕事なんて手を抜き給料だけ貰い、今、金をパーっと使って遊んだ方が幸せになれるし、その方が要領の良い賢い生き方だ。アリは要領の悪いバカだよ。」


さて、2匹は30代〜40代になってきました。
若い頃に借金で遊びほうけていたキリギリスは、借金返済に追われているようでした。

仕事に関しても、手を抜いていたせいで首になり、転職を繰り返しているようでした。

そんなキリギリスは「最悪だ。世の中、腐ってるよ。でも、とりあえず今、俺が幸せになりたい!」と考え、「仕事もくだらないし、借金で生活も苦しいし・・・幸運のお陰で幸せそうな奴らに腹が立つぜ!」と思い、幸せそうな人を見ると嫉妬し、憎悪と憎しみが湧いているようでした。

また、周りの人を巧みに操ろうとしたり、嘘をついたり、してきたキリギリスは、皆から嫌われ、孤立しているようでした。


一方、仕事を頑張ってきたアリは昇進しており、多い収入と、今までコツコツと貯めてきた貯金にて、豊かな生活を送っているようでした。

そんなアリは「幸せでありがたいなぁ。感謝だよね。皆に、幸せのおっそわけをしたいなぁ。」と考え、「皆が幸せになってくれたら嬉しいなぁ。」と思い、幸せそうな人を見ると心から嬉しく思い、進んでレジ前募金などを行っているようでした。

また、同僚にも好かれ、友人関係も充実しているようでした。

キリギリスは、アリを見て言いました。
「なんで、バカで要領の悪いハズのアリが幸せそうで、要領の良いハズの俺が不幸なんだ?俺は常に、幸せを求め続けて今まで生きてきたのに、どうして不幸になってしまったんだ?【幸せを求めて生きてきたのに、不幸せになる】って、どういうこと!!??」

人生の幸せとは?幸せの本当の意味を見ていこう。



A幸せには2種類ある 〜幸せとは?幸せの意味〜
「・・う〜む。アリとキリギリスの話にも、似ているなぁ〜」

ベランダにて休憩中、私は少し、昔を思い出していたのでした。

学生時代、勉強や就活に頑張っている周りの人達を見て、密かに「あの人達はバカだな。なぜ、自ら勉強や就活に勤しむ不幸な毎日を生きている?若い頃は今しかないのに、今を犠牲にしている損な生き方だ。あの人達の生き方は、要領の悪い生き方だよ。」と思っていたのでした。

そして、勉強や就活に頑張っていた人達は、正式な公務員となったり、良い企業に就職が決まっていき、一方、私には、それら選択肢がなかったのでした。

コツコツと勉強や就活に頑張っていた人達は、良い職場にて、仕事や貯金に頑張りつつ、幸せに生きているように見えました。

私は、彼ら/彼女らを横目で見ながら「なんで、要領の悪いハズの彼ら/彼女らが幸せそうで、要領の良いハズの俺が不幸なんだ?俺は常に、幸せを求め続けて今まで生きてきたのに、どうして不幸になってしまったんだ?【幸せを求めて生きてきたのに、不幸せになる】って、どういうこと!!??」とも、漠然と感じていたのでした。


「{キリギリス的な生き方}と{アリ的な生き方}・・か。その生き方の違いは、求める‘幸せ’の種類にあるのかな?」
既存の生き方(キリギリス的な生き方)を辞め、以前よりは、ですが、お陰様で、アリ的な生き方に近づくことをさせて頂け・・・その両方の人生経験を振り返り考えてみると、‘幸せ’にも、2種類あるように感じるのでした。

〜2種類の幸せ〜
@目先の幸せ
A永続的な幸せ



私達は皆、幸せを求めつつ生きているのでしょうが、幸せにも2種類あり、
@目先の幸せを求める「生き方」は{キリギリス的な生き方}となっていき、A永続的な幸せを求める「生き方」は{アリ的な生き方}と、なっていくようにも思えました。

この時、ポイントとなるのは、@目先の幸せを求めると、目先は幸せを得れるものの、長期的には不幸せとなっていき・・・A永続的な幸せを求めると、目先の欲/満足を自制する必要があるものの、長期的には幸せになっていく、、、という点であるようでした。


〜@目先の幸せ〜
→目先は幸せを得れるものの、長期的には不幸せとなっていく。
〜A永続的な幸せ〜
→長期的には幸せになれるが、時に、目先の欲/満足を自制する必要がある。


では、どうして人によって、求める幸せの種類が異なることになるのでしょうか。
また、どうすれば、求める幸せの種類が変わり、その結果、生き方や人生が、変わっていくことになるのでしょうか。



B幸せとは?幸せの意味
人生で失敗しないコツ(行動は価値観/結果は原則)に詳細はあるとおり、私達人間の行動は、価値観によって決まる側面もあるようです。

〜「どんな行動をとるか?」は価値観によって決まる〜

人間の人生は、行動が積み重なって創られていきます。
そのため「どのような価値観の元、日々、どんな行動をとるか?」によって、創られていく人生が{どのような人生となるか?}が決まっていくようです。


そして、行動は価値観で決まるようなのですが・・
行動した後、「どのような結果を得ることになるか?」は価値観の根底にある原則次第で決まっていくようなのです。

〜行動は価値観で決まり、行動の結果は原則で決まる〜


だからこそ、己の価値観が破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に根ざしている場合、意識的にも無意識的にも、「とりあえず今、私が幸せになりたい!」とばかり考え、目先の欲を満たすことだけを考えながら、過剰に利己的な行動をとり続け、その結果、人生が{キリギリス的な生き方}と、なっていくのかもしれません。

すると、長期的には不幸になっていき、苦行は辞めなさいのとおり不幸せになれば、他人にイライラをぶつけることにもなり、まずは自分が幸せでいることで{笑顔/思いやり/優しさ/愛}などを振りまきつつ、幸せのおっそわけをしながら生きる「生き方」が、出来ないことにも、なるのかもしれません。

つまり、【まずは自分が幸せになること】が大切であるとしても、目指す幸せが破滅原則に根ざした@目先の幸せであれば、長期的には不幸せになるため、幸せでい続けることが出来ず、{自分が幸せでいることにより、幸せのおっそわけをしながら生きる}が、達成出来ないことに、なるのかもしれません。


一方、己の価値観が繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」に根ざしている場合、意識的にも無意識的にも、「将来の幸せや、他者の幸せのことまで考えるなら・・・」と繁栄的な行動を取り続けることになり、その結果、人生が{アリ的な生き方}と、なるようなのです。

つまり、A永続的な幸せを手に入れ、まずは自分が幸せでいることで{笑顔/思いやり/優しさ/愛}などを振りまきつつ、幸せのおっそわけをしながら生きる「生き方」をしていくためには、

ときに、アリのように
@目先の幸せ(自分だけの幸せ/今だけの幸せ)を犠牲にし、繁栄原則【正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心】を大切にしながら、生きていく必要があるのかもしれません。


〜「A永続的な幸せ」を手にするためには、「@目先の幸せ(自分だけの幸せ/今だけの幸せ)」を犠牲にする必要が、ある場合もある〜


つまり、より良いもの(
A永続的な幸せ)を手にするために、良いもの(@目先の幸せ)を犠牲にする生き方が、繁栄原則に沿った生き方でもあり、{アリ的な生き方}でも、あるようなのです。

人生が{キリギリス的な生き方}となっていた私は、目先の満足や幸せ欲しさに、より良いもの(A永続的な幸せ)を手にするために、良いもの(@目先の幸せ)を犠牲にする生き方を、することが出来ずにいたわけです・・。



C奉仕/貢献の人生を生きる〜幸せとは?幸せの意味〜
■幸せ/生き方には、2種類の‘幸せ/生き方’があるのかもしれません。

@目先の幸せ{キリギリス的な生き方}
A永続的な幸せ{アリ的な生き方}

この2種類の幸せ/生き方に関しては、「どちらが優れているか?」というより、人それぞれの価値観の問題であり、選択の問題でも、あるのかもしれません。

「目先の欲を満たす」を選択するか?
「長期の繁栄」を選択するか?
どちらを選ぶかは当人の自由であり、その結果は、自己責任となるのかもしれません。

すなわち、「目先の欲を満たす」を選択する場合、破滅原則に沿った{キリギリス的な生き方}となり・・その結果は、自己責任となるのかもしれません。

一方、「長期の繁栄」を選択する場合、繁栄原則に沿った{アリ的な生き方}となり・・その結果は、自己責任となるのかもしれません。
関連幸福/幸せと不幸の原因(幸不幸の原因は他人や環境?)


「私が幸せになりたい!私が得をしたい!私が金持ちになりたい!」
人生の成功/定義に詳細はあるとおり、そう考え、我欲を満たすことを生きるモチベーションとし、生きていた私は、頭では「{目先の欲を満たす/自分の幸せだけを求める}ばかりでは駄目だ。目先の満足や、自分の幸せだけを求める心を自制し、{将来のこと(長期の繁栄)/他者の幸せ}も考えなきゃ!」とも、わかるのですが・・

長期的な繁栄のことを考え始めると、どうしても繁栄原則【正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心】を大切にする必要が出始め、繁栄原則を大切にするならば、「私が幸せになりたい!私が得をしたい!私が異性を利用して良い想いをしたい!私が金持ちになりたい!」という利己心を制御し、時に利己心を犠牲にせねばならず、むしろ、貢献や奉仕を大切にしながら生きていくことにもなり・・

が、自分は自分は自分は自分は!と我欲が強すぎたせいで、また、世の風潮に流されていたせいで貢献や奉仕をバカにし、{他者の幸せのために生きる}という生き方を受け入れることが出来ず、利己心を制御/犠牲にする選択肢を選べず・・・

そのため「目先の欲を満たす」を選択することになり、破滅原則に沿った{キリギリス的な生き方}となり・・その結果、自己責任となり、後々に自分が苦しむことになっていたのでした。
関連社会貢献/奉仕に惹かれる理由(貢献や奉仕が幸せに繋がる理由)



さて、「{目先の己の欲を満たす}を優先することと{長期の繁栄/他者の幸せ}を優先すること、どちらを得と考えるか?」は、どれだけ長期的な視野・視点で人生を捉えているか?も、影響しているのかもしれません。

だからでしょう。
短期的な視野・視点で人生を捉えていた私は、{とりあえず今、目先の己の欲を満たす}を優先することが多かったのでした。

そして、だからでしょうか。
時を越えた永続的な喜びのために、我欲すら諦めることができる洗練された仙人/仙女やヨギ(インドのヨーガ修行者)達は・・

悟りをひらくことで得られる永続的な喜びのために、世俗的な{地位/名誉/権力}など含む我欲すら捨て、何十年と修行に費やし、また、奉仕/貢献の人生を歩むことになるようです。

彼ら/彼女らは、「{修行をとおし悟りをひらくこと/奉仕・貢献に人生を捧げること}で得られる永続的な喜び」を求めることが、お得である!とも考えるから、そのような人生を歩むわけでもありますが、そのように考えることが出来る理由の1つは、それだけ長期的な視野・視点で人生を捉えているからなのでしょう。

彼ら/彼女らは、今回の、1回の人生単位を超え、前世や来世、さらには4次元世界の現実の奥にある真実をも考慮して考えるため・・・

だからこそ「なにが本当に得か?要領の良いことなのか?」と考えた際に導きだされる答えが、私達のそれとは、異なるものになり、私達から見ると「そこまでしなくて良いだろう。自分を犠牲にしているよなぁ。バカだし損な生き方だよ。」というような、{修行&奉仕/貢献}の生き方を選ぶことになるのかもしれません。
関連脳と心の関係/真実(夢/現実/心の正体・真実)


私はずっと、繁栄原則に根ざして生きている人達を見て「‘正直さ’や‘誠実さ’を重視するせいで、要領の良さを犠牲にしている要領の悪い人達だ!」と思っていました。

そして現在。
今もそうなのですが、私は、今以上に破滅原則に根ざしていた以前の‘私’を見て「目先の1時的な{幸せ/喜び/お得}のために、嘘をついたり不誠実なことをしたり・・・そのせいで、もっと大きく大切で、長く続く{幸せ/喜び/お得}や‘心の平安’を犠牲にしていたよな。」とも思います。

それと同じく。
私は、他者の幸せを願い、自分のメリットや欲を犠牲にし、奉仕/貢献に人生を捧げる賢者を見て、「そこまでしなくて良いだろう。自分を犠牲にしているよなぁ。バカだし損な生き方だよ」とも思います。

そして、洗練された仙人/仙女やヨギは、私のことを見て・・・我欲を捨てきれないために自己メリットばかりを追求するせいで、永続的な幸せや、心の平安を損なっている私のことを見て、「目先の1時的な{幸せ/喜び/お得}のために、もっと大きく大切で、永続的に続く{幸せ/喜び/お得}を犠牲にしているよな。」とも、思うことになるのかもしれません。


つまり、賢者達はより良いもの(
A永続的な幸せ)を手にするために、良いもの(@目先の幸せ・・自我/我欲)を犠牲にしているだけでも、あるのかもしれません。

本当の永続的な幸せは、他人への貢献/奉仕の中に、あるようなのです。
人生において、他人への貢献/奉仕が自分にとっての1番の喜びになる時、私達は「自分の銀行口座残高の心配」や「己の我欲が満たされるかどうか?の心配」などから解放され自由となっていき、心の平安と永続的な喜びの、両方を手入れることになるようなのです。

そして、人生において、他人への貢献/奉仕が自分にとっての1番の喜びになるには、「私が幸せになりたい!私が得をしたい!私が金持ちになりたい!」などの自分は自分は自分は自分は!という過度・過剰に強まっている我欲や利己心を諦める覚悟も、必要となるようです。


さて、他者の幸せを願い、自分のメリットや欲を犠牲にし、奉仕/貢献に人生を捧げる賢者達は、一見、要領の悪いバカな犠牲者にも見えるのですが、実は、目先の良い幸せ(@目先の幸せ・・自我/我欲)を犠牲にすることで、より良い本当の幸せ【永続的に続く{幸せ/喜び}や心の平安】を手に入れている、ある意味、1番要領の良い人達でも、あるのかもしれません。

「‘なに’を、要領が良い!と判断するか?」によっても、私達の人生は、決まっていく側面があるようです。

自分のメリットや欲を犠牲にし、奉仕/貢献に人生を捧げる生き方は、要領の悪い生き方なのでしょうか。
それとも、実は、ある意味、1番要領の良い生き方なのでしょうか。



より良いもの(
A永続的な幸せ)ではなく、目先の欲に目が眩み、良いもの(@目先の幸せ・・我欲)ばかりを過剰に求めると、我欲の真実(我欲がもたらす結末)人生の成功/定義(我欲の諦め)のとおり、目先こそ1時的にハイなほどの幸せを手に入れることが出来る場合もあるようですが、

長期的には我欲マイナススパイラルに陥っていき、不幸せになっていく場合も、あるのかもしれません。
※我欲マイナススパイラルとは、我欲だけに根ざして行動を取り続けると、最終的には人生がマイナス方向に進んでいくこと。



Dまとめ 〜幸せとは?幸せの意味〜
■目先の欲は魅力的ですが、目先の欲ばかりを求めると、セットで、長期の不幸がついてくる場合もあるのかもしれません。

特に、破滅原則に根ざして生きている場合、目先の欲ばかりを求めると「とりあえず今、私さえ良ければ良いんだ!金だ金!」となり、セットで、長期の不幸がついてくる場合もありそうです。


しかし、だからといって、目先の満足を常に犠牲にし続ける必要も、なさそうですよね。

重要なのは、【目先の満足】と【永続的な幸せ】のバランスなのかもしれません。

言い換えれば、【短期的な視点】と【長期的な視野】のバランスも、大切となるのかもしれません。

目先の満足も得つつ、長期的な繁栄のために、今、コツコツと頑張る。

そういった、【目先の満足】と【長期的な繁栄(永続的な幸せ)】のバランス感覚も、人生では大切となってきそうです。


・・まずは自分が幸せでいることで{笑顔/思いやり/優しさ/愛}などを振りまきつつ、幸せのおっそわけをしながら生きる「生き方」をしていくためにも、【目先の満足】と【長期的な繁栄(永続的な幸せ)】のバランスをとりつつ、楽しみながらもコツコツと、精進していきたいものですよね。


〜追伸〜
→幸せとは、モノではなく感情ですよね。
思わず「あ〜、ヤバい。超、幸せ!」と声に出てしまうような湧き上がってくる感情が{幸せ}ですよね。

幸せとは、モノではなく湧き上がってくる感情である。

で、「あ〜幸せだな〜」という感情は、主に人間関係から発生することになるようです。

よって{人生の幸せ}の意味とは、「暖かな人間関係があること」になるでしょうか。人間が社会的な生き物だからでしょう。

この件に関して詳細は底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)にて。


また、幸せになるためには経済的な余裕も、ないよりかは、あった方が望ましいですよね。

経済的な余裕を作るには、{仕事選び}と{投資/副業}が重要であり、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


<writer 名無き仙人>





バス男「ぼ、僕は、【長期的な繁栄(永続的な幸せ)】を大切にしつつ・・」


バス子「あら、バス男さん。今回はめずらしく、話をちゃんと聞いていたのね。」


仙人「幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事としては、幸せな人の共通点(自分の幸せばかりを考える人生は疲れる)や、何か楽しいことないかな?楽しかった人生実験4つ(知っている範囲内のことだけをやっているとストレスが溜まる)もお勧めじゃよ。」


関連誰にも言えない!相談できない深刻な悩みの解決方法【恋愛/人間関係】(1人で抱えこむのが最もヤバい)
要領が良い/悪い(要領の良さとは?)
幸福/幸せと不幸の原因(幸不幸の原因は他人や環境?)
仕返し/報復方法を探すな!(仕返しは法則が行う)
人生は夢(人生の正体)
幸せの定義/基準(宇宙の意図)
幸せになれない人の理由は恐怖心(苦行とは違う修行)
友達がいない/親友の作り方(他者と世界と信頼する力)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他