商売繁盛の原則  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

商売繁盛の原則

■法人/個人が人気商売を営むコツ。面白いアイデア商売をホームページで始めるには?これから儲かる新しい商売の仕方/ネタ

商売繁盛の原則
目先の利益を優先するな!商売繁盛の原則がwin-win以外にはありえない理由。



バス男「僕のインターネットビジネスが、商売繁盛すると良いなぁ。」


バス子「じゃあ仙人に【商売繁盛の原則〜目先の利益を優先するな〜】を聞きに行ったら?」


「ほ〜。仙人様の【商売繁盛の原則〜目先の利益を優先するな!商売繁盛の原則がwin-win以外にはありえない理由〜】・・。」







〜目先の利益を優先するな!商売繁盛の原則はwin-win以外にはありえない〜

1.商売繁盛の原則

@商売が繁盛している会社の社長の行動

短期的に考え方場合。

客を騙して商品を売りつけ、取引先業者に泣いてもらう形で卸値を下げてもらい、社員に最小の給料を渡す・・そうすることが、最も(社長である)自分が、儲かることになりそうです。

そして、そう短期的に考えた社長の場合は。
短期的には商売が繁盛したかのように見え、自分はお金が儲かり、高級外車に乗ったりもすることになるのかもしれません。

が、そういった{自分だけが儲かる商売}を行う社長は、最終的には、商売が衰退していき・・自分の経済状況も衰退していくことになるようでした。


一方。
長期的に繁盛している商売を営んでいる社長は、会社利益を自分の懐に入れるだけではなく、{客/取引先/社員}にも還元するそうです。


「どうして商売繁盛している会社の社長は、己の利益をもっと!と、求めないの?」
その主な理由の1つは、
長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!からのようでした。

確かに、目先の自分だけの利益(win)を求めれば、目先は儲かります。
1時的には、とても商売が繁盛しているように見えるでしょう。

商売の参戦ジャンルや時期などが良く、目先の自分だけの利益(win)を最大限追求し続ければ、1時的には外車に乗れるくらいの収入に、手っ取り早くなる場合もあるでしょう。

しかし、自分だけwinして、相手がlose(負け)してばかりですと、長期的には繁栄できないのです。
商売繁盛の原則である長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!に反しているからです。

商売繁盛の原則が「win-win」であることは、歴史を振り返れば一目瞭然です。

世界中どこの国でも、自分だけの利益を優先させ、不作の時でも農民から高い年貢を要求した殿様や王様は・・1時的には儲かってハデな生活をしますが、そのような殿様や王様が長期にわたって繁栄した例はありません。

なぜなら、殿様や王様だけwinして農民はlose(負け)であるため、商売繁盛のwin-winの原則から外れているからです。

一方、江戸時代のお殿様達は、農民の収穫量が低い年には年貢の量を減らし、その分、自分も節約生活をしました。
そして収穫量の多い年だけ、年貢の量を上げました。
これはwin-winの原則に当てはまるため、だからこそ江戸時代は200年も長続きしたのかもしれません。もちろん、江戸時代が長く続いた理由は、その他の理由もありますが。

2010年代の日本は、働いている人達の所得が不景気で低いのに、国の偉い方々や、年金暮らしのご老人様達は、自分の生活水準を下げたくないため、逆に税金(年貢)を増やしています。

長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!という原則から判断すると・・不景気なのにこのまま増税し続ければ、働いている納税者はloseし、1時的には{国の偉い人達&老人}はwinしますが、長期的に世界レベルで相対的に見れば、日本国家は、経済の面では衰退していくことでしょう。
「不景気なのに増税」はwin-winの原則に反しているからです。
関連生活水準を下げなさい

ちなみに過剰なほどの格差が発生している社会も長続きしないようです。
そのことを歴史が物語っています。
原則に反して増税を続け、格差が広がっている日本。
そのうち、大きな転換期が来るかもしれません。


そしてwin-winは原則ですから、商売以外のことにも当てはまります。
例えば友達関係。
「いつも奢ってもらう人」と「奢ってばかりの人」の関係は、
「奢ってもらう人」→win
「奢る人」→lose
となり、win-winではなくwin-loseの関係となりますので、
長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!という原則から判断すると・・「奢ってばかりの人」はloseし、「奢ってもらった人」は1時的にはwinしますが、長期的にみると「奢ってばかりの人」が不満をもち始め離れていき・・2人の関係は疎遠となり衰退していくでしょう。


恋愛もそうですよね。
例えばA君は、いつも元気を与えてくれるカナちゃんが好きでした。

しかしA君は、カナちゃんから貰ってばかりでした。

A君がカナちゃんに対して貢献できることはありませんでした。
長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!という原則から判断すると・・「与えてばかりのカナちゃん」はloseし、「貰ってばかりのA君」は1時的にはwinしますが、長期的にみると「与えてばかりのカナちゃん」は不満をもち始め離れていき・・2人の関係は疎遠となり破局するでしょう。


1時的に・・例えば、3ヶ月だけボロ儲けしたいなら、自分だけが得するwin-loseの商売でも成り立つでしょう。
しかし、長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!わけですから、長く商売繁盛を続けていきたいなら、「自分だけが得(win)する」ような商売をしてはいけないのかもしれません。
商売にかかわる人達・・{客/社員/取引先/社会}にも得(win)して頂かねばならないのです。
だからこそ長期的に成功している社長は、自分だけで利益を独り占めすることをしないのかもしれません。



A商売繁盛の原則
私達はついつい、商売において、「手っ取り早く儲けたい!」「早く金持ちになりたい!」と考え、目先の利益を優先してしまいがちです。

しかし目先の自分だけの利益(win)を優先させると、往々にして相手が損(lose)するため、win-winにはならず、win-loseとなり・・長期的には商売繁盛することが出来ないようです。

一方で、相手ばかりが得して、自分が損し続ければ赤字となり、商売自体を続けていくことが出来なくなります。
だからこそ、自他共に勝てるwin-winのスタンスで商売を行う必要があるようです。

そして、商売を行うためには国自体が栄えている方が良いですよね。

ですから儲けたら、儲けさせて頂いた社会に対して税金を納めることも必要なのです。

それを昔の経営者は「売り手よし、買い手よし、世間よし」という言葉で表していました。


・・長期的に繁栄する商売は「お客様に勝って頂くことで、結果的に自分も勝つ。」ことになるものです。ですから商売は奉仕業でもあります。

飲食店を長期にわたり商売繁盛させたいならば、お客様が得をするように「リーズナブルで美味しい料理」を奉仕/提供し続ける必要があるでしょう。
そのようにしてお客様を勝たせていけば、常連客が増え、口コミで良い噂も広がり・・結果的に、お客様が増え店も儲かり自分も勝つことになります。



B具体的なこと 〜商売繁盛の原則〜
商売において、勝って頂く相手は主に以下の3者です。

@社員
A取引先
B客

まず@社員です。
戦後、従業員を大切にしていた時代、日本経済は発展しました。
そしてバブル崩壊後、社員を減らし派遣社員を増やせば人件費が減って会社も経済も繁栄するはずが・・そうはなっていません。

そして、インドのIT企業は、社員を大切にし始めることで、不景気の中、業績を大きく改善することに成功したようです。

「嫌なら、会社を辞めな。変わりはいくらでもいる。」と社員を蔑ろに扱い、社員の給料を減らすことで社員がloseし、社長である自分だけが儲かりwinすることが長期的な商売繁盛に繋がるのでしょうか?

それとも、社員に会社利益を還元し社員を大切にすることで社員にも勝って頂くことが、長期的な商売繁盛に繋がるのでしょうか?

社長は、社員に会社利益を還元し社員を大切にすることで、社員も勝たせ、社員のやる気や、会社への忠誠心を育てることにより、長期的な商売繁盛に成功しているようでした。


次にA取引先です。
私は以前、Aさんにお金を払って、仕事を外注しました。
その時、「自分だけが儲かりたい!」という欲のせいで、謝礼をケチったうえに、さらに、「もっと、あ〜して欲しい!ここを、すぐに改善して欲しい。」とわがまま自分勝手を連発しました。

その時は、Aさんも「わかりました。」と対応してくれましたが・・以後、Aさんは協力してくれなくなりました。
私だけが得(win)して、Aさんは損(lose)したからです。

長期的にみれば、偉大な協力者を失ってしまったことで、大変な損をしてしまいました。


最後にB客です。
このwebサイト【人生を変える方法】が、「長期的に繁栄するかどうか?」は・・「どれだけ、サイト訪問者の方に得(win)をして頂けるか?」にかかっています。

普段はお茶を濁す程度のそれっぽい記事を書いて、売り込み記事だけ口先で良いことを言い、「とにかく売れて儲かれば良いんだよ!はっはっは〜。」という姿勢でwebサイトを運営すれば、私は儲かって勝つわけですが、サイトを訪れて下さった方は負けるわけです。

すると損した人は2度サイトを訪れてくれませんし、ツイッターやSNSや掲示板で、「あのwebサイト【人生を変える方法】は、最悪だ。」と口コミします。

そうなりますと、時間が経てば経つほど、どんどん訪問者は減り、広告収入も右肩下がりで減っていくことでしょう。

一方、記事を読で下さった方に「おぉ、良い記事を読めた。得した!」と勝って頂ければ、そのような方はリピートしてくださいますし、ツイッターやSNSや掲示板で、

「あのwebサイト【人生を変える方法】は、絵は強烈なほどにハイクオリティーだし良いよ。」と口コミしてくださいます。
そうなりますと、時間が経てば経つほど、どんどん右肩上がりで訪問者数は増え、広告収入も増えていくことでしょう。

webサイト運営に限らず、商売ならなんでも、お客様に勝って頂ければ、いただけるほど・・結果的に、自分も勝つことになるようです。



Cまとめ 〜商売繁盛の原則〜
長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!とわかっているのに、私はついつい、目先の利益を優先してしまう考えが浮かぶときもあります。

「もっと儲けて、あの前から欲しかったHなDVDを・・むふふ♪」
「もっと楽して、手っ取り早く稼げる方法・・そうだなぁ〜、やっぱり客を騙して煽って・・」

しかし、そんな自分だけがwinする商売をしておれば、長期的な商売繁盛は望めません。
長期的な繁栄はwin-win以外にはありえない!からです。

商売において、ひたすら、周りの方々に勝って頂けるよう貢献/奉仕し続ければ・・必ずや、周りの方々が応援してくださるようになることでしょう。

「貴方に商売繁盛して欲しいの。だって、貴方が儲かれば、貴方の提供する商品orサービスは、より改善されていくでしょ?だから貴方を応援するわ!」と、周りの方々が応援してくださるようになることでしょう。

自分だけが勝つことを考えていると、周りの人達から足をひっぱられ始め・・周りを勝たせることを考えていると、周りの人達から応援され始めます。
この違いは、非常に大きいですよね。
そして時間が経てば経つほど、「足をひっぱられる」と「応援してもらえる」の差がもたらす結果は、顕著になっていくことでしょう。


周りの人に損をさせ、自分だけが勝つことにより・・そのうち周りの人から「足をひっぱられる」状況になってしまえば、IQが高くてMBAを取得した立派な経営者がいても、商売繁盛は望めないことでしょう。

そして自分だけが勝つのではなく、周りの人に得をして頂き・・周りの人から「応援してもらえる」状況になってしまえば、バカな変態が経営しても商売を繁盛させることも可能でしょう。

私は駄目だめ・・ですから周りの人から「応援してもらえる」状況を作り出せなければ、長期に繁栄する商売は続けていけないでしょう。


そのような意味ではお金を稼ぐコツネット副業投資(株・FX・不動産等)などを学ぶとともに・・人間の五欲/三大欲コントロール方法などの心の鍛錬や「生きる姿勢」の鍛錬である仙人/仙女修行の方も、精進していきたいものですね。

経営者の‘心のあり方’や「生きる姿勢」は、必ずや、その経営者が営む{商売のあり方}に反映されるようです。
と、偉そうなことを書いているのですが、私は未熟者であるため情けないことに・・まだまだ、まったく実行に移せていないのです。

破滅原則的でもありますし・・(ノω・、) ウゥ・・・
関連破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)

少しでも改善していけるよう精進して参りたいと考えております。


〜追伸〜
→お客様も、取引先も、社員も、世の中も、そして自分自身も・・みんながwinするwin-winの商売をすることが【商売繁盛の原則】ですが、商売繁盛の原則を守っていても、時代とともに、稼げなくなることもありますよね。

栄枯盛衰。
栄えたものは、やがて滅びていく。
常に変化し続け、移り変わる現実の世界では、1つのビジネスモデル、1つの商売、1つの事業で、長きにわたり稼ぎ続けるのは難しいようです。
※現実世界の真実についてはエネルギー問題の解決策!可能性は無限の理由(人間や現実の正体)にて。

私の実家のガソリンスタンド経営も、当初は儲かっていたものの、セルフスタンドの登場など、時代の変化によって滅びていきました。
お店を開くには?経営のコツ(実家のガソリンスタンドから学んだ商売/ビジネスが50年続く秘訣)

現在はビジネスの変化も早いし激しいので、1つのビジネスモデルで稼ぎ続けることの出来る年数も、どんどん短くなってきています。

では、どうすればいいのか?
その対策の1つが投資のようです。

繁栄し続けている上場企業は、他社の買収によって、他業種に参入したり、新規事業を始めたり・・と時代に合った商売をし続けています。
自社で、新しいビジネスを0からスタートさせるのは、あまりにも時間とエネルギーが必要となるし、スピード的に、遅くなってしまうからでしょう。

自社で、自前の商売もしているのですが、企業買収によって時代に合ったグループ会社を増やし、企業売却によってグループ会社の新陳代謝をはかり・・と、企業自体が、投資家のような、そんな上場会社もありますよね。
1つのビジネスだけで、長きにわたり繁栄し続けるのは難しいからでしょう。

自営業だったり、小さな零細企業の場合、他社を買収するのは現実的ではありません。
ただ、買収はしなくても、商売で得た利益を、投資にまわすことによって、お金を、時代に合わせて、動かし続けることはできますよね。

例えば、目敏い自営業者や中小企業の社長は、国によって売電価格が20保証された産業用太陽光発電が始まった時に、自前の商売で得た利益や信用を元に、太陽光発電投資に新規参入し、事業の第二の柱を作られた方が多く出ました。

投資によって、その時、その時代に合わせて、資金を動かすようにすると、繁盛・繁栄し続ける会社となっていきそうですね。

現在なら、手堅い好利回りのソーシャルレンディング投資や、中古太陽光発電なども投資先候補の1つとなりそうです。

詳細は、超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)や、産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)にて。

特に、ソーシャルレンディングはおすすめです。
仕組み的には{金貸し}なので手堅く高利回りで運用することができます。

1万円から投資可能なため分散投資しやすく、利回り7〜10%のファンドが揃うソーシャルレンディングについては以下の記事が詳しいです。

クラウドファンディング投資型とは?仕組みと魅力を僕が解説します(始め方やコツも)

高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)

ソーシャルレンディングのリスクは「貸し倒れ」以外に6つもある!(リスクを徹底解説)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「商売繁盛の原則はwin-winにあるのかぁ。」


バス子「みんなが幸せになっていく商売をしていけると素敵ね。」


仙人「ついつい、目先の利益に捉われ「自分だけが得する」という商売をしてしまいがちじゃから、気をつけたいものじゃのぉ。自他ともに幸せになっていける商売を心がけていきたいものじゃのぉ。」


関連コミュニケーション能力向上法
(長期的の人間関係はwin-win以外にありえない理由)
考え方を変える仕事編
無料ビジネスセミナー(ビジネスで重要なこと)
起業で失敗/使命と成功<副業の場合も含む>(失敗する人と成功する人)
繁盛店の法則/条件6つ(繁盛するお店を作る6つのコツ)
会社経営者の資格/資質/条件(経営者に必要なこと)
フランチャイズオーナーの平均年収は?業種別に比較(儲かる業種は?)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他