良心の意味と転落人生の後悔  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

良心の意味と転落人生の後悔

■良心と人生の関係性。良心の欠如は転落人生の後悔に繋がる?良心のもつ深い意味を知り人生の転落を後悔しないために。

良心の意味と転落人生の後悔
‘良心’という判断基準の影響力。


バス男「はぁ、はぁ・・」


バス子
「ちょっと、バス男さん。興奮しながら、地味に盗聴するのは辞めなさいよ。いくら店員のお姉さんが好きだからって、盗聴は犯罪よ。」


バス男「しー!声が大きいよ。僕は、最近スマホにインストールした、この盗聴にも応用できる秘密のアプリを使ってみたくて、しかたないんだ(`Д´) ムキー! それに、バレなきゃ良いんだよ。」


「なに怒ってんのよ。仙人の【良心の意味と転落人生の後悔】を聞いていないの?」


「仙人様の【良心の意味と転落人生の後悔〜‘良心’という判断基準の影響力〜】の話?」


「あのね、仙人が言うには・・」






〜‘良心’という判断基準の影響力〜

1.良心の意味と転落人生の後悔

@見てみぬふり

■ある時、ネットニュースに目を通していると、中国でのニュースが流れていたのでした。

倒れている人、怪我をしている人を見ても助けず見て見ぬふり。同じような事が中国で頻発している。
「無視」する理由の一つに、人助けをした人が、被害者から加害者であると密告され、多額の慰謝料をゆすられる事件が多く発生していることにあるという。


ひき逃げされた2歳児を無視する通行人達の映像を見ながら、「とんでもない人達だな!信じられない!」と思ったのでした。


・・・そして、はっ!としたのでした。
私には、思い当たることが2つもあるのでした・・。



@アパートの事例〜良心の意味と転落人生の後悔〜
■その夜、布団に入っていると、バーン!!と、ものすごい音がしたのでした。
少々の音ならば無視するのですが、とんでもない‘何か’が起きたであろう、とてつもなく大きな音であったため、布団から飛び起き、ベランダに出てみたのでした。

すると、暗がりのため、よく見えなかったのですが、コンクリートの塊?のようなものが、アパート隣駐車場近くに落下していたのでした。
自分の住んでいるアパートの‘どこか’が崩壊して、落下したであろうことが予想されました。

そして、見たくなかったものが目に入ってきたのでした。
コンクリートの塊?のようなもの、、、の隣に、人のような‘何か’が見えたのでした。

瞬時に「ベランダにいた‘人’とともに、ベランダが崩壊して落下したんだ!(つまり、誰かが落下している!)」と思ったのでした。
あの音の大きさからして、上の方の階からの落下であり、もう‘人’は・・と思われたのでした。


「あああああ・・・ヤバいぃ〜〜〜」
事故死の現場を初めて身近で目撃してしまった私は、パニックに陥ったのでした。
と同時に「早く、1階まで降りていかなきゃ!(もしかしたら、まだ生きているかもしれない!)」と良心が囁いたのでした。

しかし、良心と同時に、自己メリットばかりを考える心が「もし1階まで降りていけば、警察等に連絡して、今晩も明日も事情聴取で、ご家族からも・・それに、下の階の人が私より先に現場に行くだろ?また、落下死体を見たら、一生もののトラウマをもつことになるかもしれない・・」などと、そう囁くのでした。


「早く、誰か現場に行ってよ!!」
パニックと恐怖心で、混乱しながら部屋とベランダを行ったり、来たりしながら・・ベランダから身を乗り出しアパート隣駐車場を見てみると、誰も、まだ現場に行っていないのでした。

恐る恐る‘人’の方を見てみると、‘人’は、まったく微動だにせず、横たわったままなのでした。

「わ、わわ私がいかなきゃ、いけないのかな!?皆、絶対に気づいているよね???(あれだけ大きな音がしたのに!)」
本来ならば、いろいろは良いから、一目散に現場に駆けつけなければならないのに。
自己メリットばかりを考える私は、やっと・・やっと良心が{自己メリットばかりを考える心}に勝ち、現場まで降りていく決心をつけたのでした。

覚悟を決めて。
警察等に連絡することになるであろうため、携帯電話を握り締め、心臓がバクバクしている状態にて現場へと急いだのでした。
それでもまだ、1階に下りていく最中の私の頭の中では、
「〜〜を見るショックで、しばらくはご飯を食べられないだろうな。」
「〜〜を見た映像が脳裏に焼きつき、今晩はもう眠れないだろうな。」
「なんで、私が行かなきゃいけないの?(下の階の人が行ってよ!)」
「もし、逆に疑われたらどうしよう?」
「遺族の方より、「どうして、もっと早く現場に行ってくれなかったの?助かったかもしれないのに!」と責められたらどうしよう?」
などと、{自己メリットばかりを考える心}が囁き続けているのでした・・。


アパートから出て、現場に着いてみると。
そこには、コンクリートのような大きなものと、白いビニール?のようなものが、あったのでした。
白いビニール?のようなものが、丁度、人が倒れているかのような形となっており、それが、人のように見えていたようなのでした。


「はぁ〜〜、よ、良かったぁ〜〜」
人が助かったこと(そもそも、人は落ちていなかったこと)、そして人が助かったことにより、自分が助かったことに、心底、良かった!と感じたのでした。

そして同時に「もう、絶対に引っ越そう!」と決心したのでした。
※その時、家賃が安い部屋の探し方にある、住んでいたアパートは。
入居からずっと調子が良かったのですが、{改修工事→新たな入居人の増大}を境に、いろいろと‘悪い’状態となっていたのでした。
物理的にも悪い事が頻出しており、また、アパート自体の気運も、悪化しているよう感じていたのでした。

お守り/護符の効果(物質に宿る‘念‘)にあるとおり、モノや土地、建物にも、個人的には‘気運’的なものを感じてしまい、その‘気運’が、とても悪化している感じがして、車の時と同様、住んでいて、落ち着かなくなっていたのでした。

そのため「引っ越さなきゃ!いや、しかし・・」と踏ん切りがつかずにいたのですが、この1件が決定打となり引っ越すことにしたのでした。
引っ越したことにより、家賃は上がってしまいましたが、、、。



・・良心が欠如している私が、遅れたものの、それでも現場へと向かうことになった理由には、過去の苦い経験が関係していたのでした。



Aとある日の事例〜良心の意味と転落人生の後悔〜
■仕事に対して、ストレスを溜めに溜めていた私の、大事なストレス発散方法が‘休日に釣りに行くこと’でありました。

あの日は、やっと手にした‘なにもない休日’を利用し、釣りに行くべき海へと車を走らせていたのでした。

その途中。
考え事をしながら運転をしていると、はっ!としたのでした。
道端にいる、助けを求めているお爺さんが視界に入ったからでした。

瞬時に良心が「急ブレーキを踏んで車を止め、助けなきゃ!」と囁いたのでした。
と同時に、{自己メリットばかりを考える心}が「しかし、このお爺さんに関われば、せっかくの休日が潰れてしまうよ。今日という貴重な貴重な休日が、人助けで終われば、また明日からストレス!ストレス!の仕事が続くんだよ?私は、休日も少なく、とても仕事でストレスを溜めていて・・」と囁いてきたのでした。

・・私はブレーキを踏むことなく、良心の咎めと、「自分は悪いことをしている!助けを求めている人を無視している!」という罪悪感よりドキドキしながら、気づかないフリをするため道路中央だけを注視し、そのまま通りすぎたのでした。
通りすぎた後、ドキドキしながらバックミラーで後ろを見ると、後続車の方がブレーキを踏み、車から降りて、お爺さんの元へと向かっている姿が目に入ったのでした。


「だ、だけど、私の場合は、本当に仕事で忙しくて、今日は貴重な休日であって・・」
その日は1日中、頭の中で‘助けなかった言い訳’が繰り返され、、、「どうして私は、こうまでも利己的になってしまっているんだろう?はぁ〜・・」と、自己嫌悪に陥ることになったのでした。



B2つの価値判断基準〜良心の意味と転落人生の後悔〜
■中国では、倒れている人、怪我をしている人を見ても助けず、見て見ぬふりをすることが、頻発しているそうでした。
良心より助けようとすれば、多額の慰謝料をゆすられる可能性があるからだそうです。

私は、倒れている人を見ても助けず見て見ぬふりをしているのでした。
多額の慰謝料をゆすられる可能性もないのに、自分のメリットのことばかり考えてしまう私は、そうしているのでした。

ひき逃げされた2歳児を無視する通行人達の映像を見た時は、「とんでもない人達だな!信じられない!」と思ったのでのですが、とんでもない人間は、自分自身だったのでした。

しかも、webサイトでは偉そうに上から目線にて、口先だけで「愛が・・」とか「他者の幸せを願う気持ちが・・」とか、書いているのですから、もう、どうしようもない最低な口先人間なのが、自分自身だったのでした・・。


【アパートの倒壊事件】、【道路でのお爺さん事件】、それらはともに、助けなければ逮捕されるわけでもないし、助けなければならない法律もないし、親しい人は誰も見ていないため、助けなくても自分の評価が下がるようなこともないのでした。
※ここでいう{自分の評価}は他者からの評価。自分が、自分に対して行う自己評価は下がることになるのかもしれません。

故に、このような状況で、どう行動するか?は、当人のもつ判断基準によって異なることになるのかもしれません。
※この時、もし{人の目/評価}が絡んでいると、「周りの知り合い達から、酷い人と思われたくない!良い人と思われたい!」という{周りの目/評価}という判断基準が出てきて、その判断基準が行動を決める場合もあるのかもしれません。
また、陰徳を重視している場合も、話はまた別となるのかもしれません。→陰徳を積む人の運命(陰徳と運命)


<このような状況で、どう行動するか?は、当人のもつ判断基準によって異なる>
人がもつ判断基準には、様々なものがあるようですが、このような状況での判断基準には、@良心と、A自己メリットの、どちらかが、重視されることになるのかもしれません。
すなわち。
@良心を元に判断を下す人は、人を助け・・・A自己メリットを元に判断を下す人は、倒れている人がいても、見てみぬふりをする、、、。


★2つの判断基準★
@良心〜良心の意味と転落人生の後悔〜

→良心「悪いことは悪い!良いことは良い!」という、私達が元から備えている価値判断基準によって、判断を下すことも普通は多そうです。
そしてこの良心という価値判断基準には、生まれ育った家庭での(無言の)教えや、伝統的/社会的な教えが、混ざっている場合もあるのかもしれません。


A自己メリット〜良心の意味と転落人生の後悔〜
→「自分にとって、メリットがあるか?ないか?」という判断基準によって、判断を下すこともありそうです。


通常、私達は心の中に2つの判断基準{@良心/A自己メリット}の両方ともを、もっているようなのですが、良心が欠如していなければ、{人が倒れている緊急事態}などでは、自己メリットではなく良心を元に判断を下し、「人を助ける」という行動をとることになるようです。


状況別に、2つの判断基準{@良心/A自己メリット}次第で、どう行動することになるか?を、考えてみます。


★誰かが倒れていた場合★
@良心〜良心の意味と転落人生の後悔〜

→誰かが倒れていた場合、判断基準が@良心であれば「助ける」という行動をとることになるようです。


A自己メリット〜良心の意味と転落人生の後悔〜
→たとえ、誰かが倒れていても、判断基準がA自己メリットであれば、「せっかくの休日が救急車の手配やら、警察の事情聴取でなくなるかもしれない。関わりたくない。」と判断し、見てみぬふりをする場合もあるのかもしれません。


★車イス用駐車場★
@良心〜良心の意味と転落人生の後悔〜

→車イス用駐車場が空いていた場合、判断基準が@良心であれば「悪いことは悪い!」と判断し、その駐車スペースに車をとめることはなさそうです。


A自己メリット〜良心の意味と転落人生の後悔〜
→判断基準がA自己メリットである場合、{周りの目/評価}という判断基準が絡まないのであれば、「空いているのだから、とめて良いだろ。わざわざ遠くの空いている駐車スペースを探すのがメンドウだ!」と判断し、車イス用駐車場に車をとめる場合もあるのかもしれません。


★当人のいない場所での悪口★
@良心〜良心の意味と転落人生の後悔〜

→当人がいない場所で、皆が当人の悪口を言っている場合。
判断基準が@良心であれば「悪いことは悪い!」と判断し、その悪口には加担しないことになりそうです。


A自己メリット〜良心の意味と転落人生の後悔〜
→判断基準がA自己メリットである場合。
悪口に加担した方が、自分にとってメリットがあるのであれば、悪口に加担することになるのかもしれません。

また、「もし、ここで悪口に加担すれば、一緒に悪口を言い合った人達より「名無きさんは、本人のいない場所で、本人の悪口を言う人なんだ。ということは、私のいない場所で、私の悪口も言っているかもしれない。名無きさんは、信用出来ないな。」と思われるかもしれず、そうなれば自分にとってデメリットだよね。」と思うのであれば、自己メリットのために、悪口には加担しない場合もあるかもしれません。



C良心が失われる理由〜良心の意味と転落人生の後悔〜
■今回、良心について考えてみたのは、自分自身の人生を客観的に振返ってみたときに。
関連自分を客観視する方法(人生という名の夢の中で1度立ち止まる)

人生の繁栄と破滅が、{良心の有無}と、深い関連性があるようだったからなのでした。

自身の人生を振返ってみるに、私の人生は、良心が欠如し始めた頃より転落へと陥り始め、良心の欠如が進むほどに、破滅へのスピードが加速していっているようなのでした。

その理由の1つは。
‘良心’がなくなると、日々の判断基準がA自己メリットばかりと、なってしまうことに、あるように思えるのでした。

私達は心の中に2つの判断基準{@良心/A自己メリット}の両方ともを、もっているようです。
良心をしっかりともっている人の場合は、日々の判断を良心{悪いことは悪い!良いことは良い!}を元に行っていくため、道を踏み外すことがなさそうです。
一方、私は‘良心’がなくなってしまったせいで、日々の判断をA自己メリットばかりで行うようになり、そのせいで道を踏み外し始め、破滅へと向かっていったようなのでした。


では「なぜ自分は良心を失ってしまったのだろう?」と考えてみるに、良心が失われていった理由には@お金が、私の場合は・・ですが、深く関係しているようなのでした。


★良心が失われていった理由★

@お金〜良心の意味と転落人生の後悔〜
→私のような駄目人間が、皆から愛してもらえるためには(大事にしてもらえるためには)、お金もちになるしかないようにも思えていたようなのでした。※自覚は伴っていませんでしたが。

しかし、「お金を求めるのは良くないことだ」という良心・・既存の考え方が、そうしようとする自分の邪魔をするのでした。
そのため、お金のために、良心を捨てようとしていたところがあったようなのでした。

「お金を求めるのは良くないことだ」という良心は、「お金もちになることで、皆から愛され尊重され大切にしてもらいたい!」という己の我欲にとっては、邪魔だったわけです・・。
※お金のために、お金より大切なこと(良心など)を捨てるのは良くないのかもしれないが、お金を求めること自体は、悪いことではないのかもしれない。
私達が、この社会で生きていくためにはお金が必要で、だからこそ働いてもいる。
それなのに「お金を求めるのは良くないことだ」と考えると、自分の毎日の実際の行動(働きお金を求める)を否定することにもなり、それは自己否定にもなってしまう。
悪いのは、お金を求めることではなく、お金のために、お金より大切なこと(良心など)を捨てることなのかもしれない。



私は、とりあえず今、良い思いをしたいがために、お金を手に入れたいがために、{良心}を邪魔者扱いし、良心を捨てていったところがあるようなのでした。

<目先の我欲/メリットを得るために、良心を捨てる>
それはまるで、悪魔に魂を売り渡す変わりに、{目先的にはお得な何か}を得ようとする行為とも、似ているのかもしれません。

そして、悪魔に魂を売った場合も、<目先の我欲/メリットを得るために、良心を捨てる>場合も。
短期的には、なにかしら得るものがあって良いのかもしれませんが、長期的には、マイナスとなってしまうのかもしれません。

目先の我欲/メリットを得るために、{目先の我欲/メリット}より、もっと大切なものである良心を捨てた私の人生はその後、どんどん転落していき、破滅のスピードが加速していったのでした。

具体的には、日々の判断基準が@良心ではなくなったことで、、、日々、些細なことから重要な事柄まで、A自己メリット
だけを判断基準にし始めるケースが増え・・・A自己メリットを判断基準にし始めたせいで、「他人を自分のために利用する」などを、行うようになっていったのでした。

そして「他人を自分のために利用する」ために、{他人を巧みに操ろうとする/他人の弱みにつけ込む/駆け引きを多用する}などもし始め、そのようなことをするから、周りからも嫌われ始め孤立していき・・・

また、そうやって自己メリットばかりを求めるせいで、己の世界観が{恐い世界観}とも、なっていったのでした。→自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)

私は、自分がそうだから、自分がそうだからこそ「皆も、自己メリットのために「他人を自分のために利用する」などを行っている(ハズだ!)」と思い込み始め、だからこそ「他人から利用されないように!」と警戒し、他者に対して疑いをもちつつ、他者に対して心を開くことなく、、、

己の‘あり方/生き方’が作り出すことになった{この世界は、隙や弱みを見せると、他者からつけ込まれ利用される恐い世界}という世界観の中で、1人で闘うようになっているのでした。
関連友達がいない/親友の作り方(他者と世界と信頼する力)


そのようなこともあり、現実的にも、世界観的にも、私は良心が欠如し始めた頃より、人生が転落していき、破滅のスピードが加速していったようなのでした。

また、良心なき私は「バレなきゃ、良いんだよ!」と、良心ではなく{バレるか?バレないか?}を判断基準にし始め、バレない!と思われるときには、悪いこともするようになっているのでした。目先の、メリットのために・・。

そして、バレて大変な目に合い、さらに人生が転落していき・・という悪循環に、陥っていくのでした。→人間の行動原理/行動心理の裏(社会システム次第で行動が決まる?)



E楽しい幸せな人生を生きるために〜良心の意味と転落人生の後悔〜
■長期的に見た場合。
良心があれば救われ・・良心が欠如してしまうと、現実的にも世界観的にも、破滅へと進んでしまう場合があるのかもしれません。

また一見すると。
良心を軽視し、自己メリットばかりを追求した方が、恋愛やお金の面で{良い思い}が出来そうにも思えるのですが・・
長期的には、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に根ざしてコツコツと取り組んだ方が、恋愛やお金の面でも、長期的な幸せが手に入ることになるのかもしれません。

恋愛においては。
繁栄原則に根ざして生きていれば、引き寄せの法則や時空間の関係により、同じく、繁栄原則の色濃い素敵なパートナーと惹かれ合う機会も増えそうですし・・
関連憧れの人や憧れる男女になる方法(時空間仙術)

お金の面においても。
繁栄原則に根ざしてコツコツと取り組んだ方が、長期的な繁栄となることが多いのかもしれません。
繁栄原則なくして破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}しかなければ、長期的な繁栄は難しいのかもしれません。
関連投資/ビジネスで大切なこと(結果を左右する2つの事柄)


いつも偉そうなことを書いているくせに、破滅原則に根ざしているばかりか、人一倍、良心が欠如しているせいで苦労多き人生を歩んでいる私は、そう反省し、気をつけようと思ったのでした(TmT)ウゥゥ・・・
※他の記事も、そういった側面が多々あるのですが、この記事も、自分への反省なのでした。
いつも、個人的な反省に付き合せて申し訳ございません・・m(;∇;)mゴメンネ


〜良心の意味と転落人生の後悔〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「・・ひ、
秘密のアプリの使用は、控えようかな・・。


バス子「当たり前でしょ。」


仙人「良心を大切にしながら、楽しい、幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)
日本人のリスクマネジメント(異性/借金/交通事故)
行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)
人生は夢(人生の正体)
感謝の念/気持ちの力(感謝と幸せの関係)
心の自由と幸せを手にする方法(バランスの法則編)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他