繁盛店の法則/条件6つ  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

繁盛店の法則/条件6つ

繁盛店の法則/条件
お店に客が来ない理由/原因とは?




バス男「この居酒屋って、いつも客が多いよね。商売繁盛してるな〜。」


バス子「うん。仙人が言ってた【繁盛店の法則/条件】の話と共通点も多いわね。」


「仙人様の【繁盛するお店の作り方】の話?」


「うん。仙人が言ってたんだけど・・」







〜来客数アップのコツとは?〜

1.繁盛店の法則/条件6つ

@商売繁盛のコツ・秘訣とは?

■「飲食店経営は厳しい!難しい!と聞くけど、繁盛しているお店は、繁盛してるんだよな〜」

お客さんの少ない、経営が危なそうな飲食店も多いですが、いつ行っても客の多い繁盛している飲食店もあります。

詳細は以下のリンクのとおり、ラーメン屋だろうと、居酒屋だろうと、カフェや喫茶店だろうと、お客様が多くくるなら、しっかりと利益がでるようです。

ラーメン屋は儲かる?年収(ラーメン屋の実際の売上/経費/利益とは?)

居酒屋開業は儲かる?(居酒屋開業の収支シュミレーション)

喫茶店を開業/経営!年収は?(喫茶店経営の年収シュミレーション)


結局、来客数次第で成功と失敗が決まるのが、飲食店経営なのかもしれません。

※利益を増やすには「売上を増やす」もしくは「経費を減らす」しかない。
飲食店経営で必要となる経費を、開業後に減らしていくのは難しい。

価格をそのままで、料理の量を減らせば仕入れ費用(経費)が減るが、お客様からは「この価格で、この量だったら高いよね!」と思われることになるし人件費の削減にも限界がある。

であれば、客単価×客数である売上を増やすしかないが、客単価(1人あたりの売上)を開業後に変えていくのも難しい。

よって、来客数次第で、赤字になったり、ぎりぎり黒字になったり、大儲けになったりが決まる。



来客数を増やすには、「新規のお客様の獲得」と「新規のお客様をリピーターにしていく」とが必要になりそうです。

特にリピーターの獲得は重要ですよね。
初めてお店に来た人が「また来たい!」と思い、何度も繰り返し来店してもらえるようにしないと、消費者は生活圏内のお店に行くわけで、生活圏内の人達の数には限りがあるため、リピーターができないと、そう遠くないうちに誰も来なくなってしまうからです。

ただし、顧客償却といって、リピータになって下さったお客様も、一定数は必ず、そのうち来店しなくなるようです。

例えば100人のリピーターが出来たとしても、次の年には20人が来店しなくなり、その翌年には、また20人が来店しなくなり・・・といった感じでしょうか。

リピーターになったお客様が、その後、永遠にリピーターとして、定期的に来店し続けてくれるわけではないため、常に、新規のお客様を獲得する姿勢を忘れないことが大切になりそうですね。

ちなみにホームページやブログでも、せっかくリピーターになって下さったお客様がいても、一定数は必ず、そのうち来訪しなくなるようです。
どんな業種でも顧客償却が起きるわけですね。

ガスや電気や携帯電話など、1度契約すると、その後、ずっとリピートして料金を払ってくれる業種でさえ、一定数は必ず、解約が起きることでしょう。

ましてや、契約などの縛りのない飲食店や小売店、ホームページやブログなどでは、リピーターになって下さったお客様がいても、すれがずっとは続かないことでしょう。

そのことを念頭におき、新規のファンの獲得を忘れないようにしておくことが重要になりそうですね。



A繁盛店の作るには?
■では、どういうお店作りや、飲食店経営を意識すると、繁盛店が作れるのでしょうか。

ラーメン屋や居酒屋、カフェや喫茶店に限らず、飲食店経営では、以下のような事柄が重要となるようです。
小売店や、その他のサービス業でも参考になりそうですね。

繁盛店の法則/条件6つを見ていこう。


@お店の立地場所の決め方
→人通りの多い一等地は、お客様も多く来てくれるかもしれませんが、その分、家賃が高くなりますよね。

また、ライバル店となるカフェや喫茶店も多く、人気競合店に勝てなければ、家賃は高いのに、お客様は来てくれない・・ということもありえそうです。

ライバル店が多いと来客数が減るのはインターネットビジネスでも同じなんですよ。

例えば、このホームページは2010年から作られていますが、2010年〜2012年くらいまでは、恋愛系のキーワードからのアクセスが多い状況でした。

恋愛/お金の心理と行動(恋愛/お金の「思い込み」を浄化する)

結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)

当時は、質の高い恋愛系のブログやホームページが少なかったため、需要に供給が追いついておらず、消費者側としては「仙人とかブラックバスとか出てくる意味不明な怪しいサイトだけど、他に、もっとマシな恋愛系ブログがないから、このサイトを読むしかないか。」という状況で、アクセスが集まっていたのです。

しかし、質の高い恋愛系のブログやホームページが増えてくると、お客様が分散してしまう形で、恋愛系のワードからのアクセスが減ってしまいました。

来客数は{自分のお店の良さ}ではなく{ライバル店の存在の有無}で決まる。客は相対的に店を見比べ、行く店を選ぶため。

その後、2012年から2014年くらいまでは、人生系のワードからのアクセスによって、総アクセスは横ばいの状況が続きます。

人生は夢(人生の正体)や、人間的成長をする人としない人の違い(内面/心の成長段階と各ステージで発生する悩みとは?)など、人生系の記事を書く人は、少なかったからです。

しかし2014年後半あたりから、そういった人生系のワードで記事を書く人や企業も増えていき、お客様が他のサイトに流れる形で、アクセス数は減っていくことになりました。

2010年から一貫して。
このホームページで書かれる記事の質やジャンル自体は変わっていません。

それなのにアクセス数が変化するのは、自分のお店の質で来客数が決まるのではなく、ライバル店の状況によって来客数が決まるからでしょう。

商売はライバルの状況次第で結果が決まる。この世界が相対性の世界だから。
自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)

仮に、インターネット上に、働く意味について書かれたサイトが、当サイトしかなかったならば。

需要はあるのに提供してるのは当サイトしかないため、人は、他に選択肢がないために当サイトを訪れることになりそうですね。

それと同じで、例えば、その地域に、沖縄料理店が1つしかなければ、沖縄料理やそーき蕎麦を食べたい人は、味や値段に満足できていなくても、その店に行くしかないため、その沖縄料理店は繁盛するかもしれません。

商売繁盛の秘訣→ライバルがいないジャンルや場所で商売すること

ただし。
需要はあるのに提供が追いついていなければ、ほぼ確実に儲かることになるため、そんな美味しい状況をビジネスや商売の猛者達がほおっておくことはなく・・普通は、ライバルがいないジャンルは需要も少なく、ライバルが多いジャンルは需要も多いことになっているようです。

もし、需要はあるのに提供が追いついていない商売を見つけたならば、ライバルが増えるまでの3〜5年は手堅く稼げそうですね。

1番手堅く儲かる商売→需要はあるのに提供がない商売

人にもビジネスにも瞬の時期があるので、瞬の時期に稼げると良さそうですね。

起業資金調達より回収速度が大事(ビジネスの瞬の時期。変化の激しい時代では起業資金を1年で回収する事業プランを立てる)

20代30代で遊びより仕事するメリット(人間という生き物は20代30代で身につけた職能で生きていく)


ベストなのは、人通りも多いのに、ライバル店は少ない場所での開業でしょう。
しかし、そのような場所があれば、他のカフェや喫茶店が出店するため、どちらにしろ、競争は勝ち抜かねばならないかもしれません。

なるべく家賃が安く、人通りもあり、尚且つ、近隣にライバル店となる喫茶店やカフェのない場所を、丹念に探して出店するようにしたいものですね。

Aお店の間取りの決め方
→広々とした店内の方が、ゆっくりと出来てお客様も喜びそうですね。
しかし、店舗内が広いと、その分、地代は高くなりますし、もし客が少なければ、がら〜んとした寂しい、廃れた印象を来店してきたお客様に与えてしまう可能性もあります。

広々とした店内に、お客さんが1組しかいなかったら、入店するのも躊躇するかもしれません。
そういう意味では、初めて飲食店を開業する場合、手堅いのは、地代の安い小さめの店舗でしょうか。

また、センスのいい店舗の外見や、店舗名も大切になりそうですね。
センスのいい、お洒落なカフェでお茶をするのは、一種のステータスでもあるからです。

しかし、なんでも新品のものを買う必要もなさそうです。
飲食店は新規開業→廃業が多いため、中古品がたくさん出回っているからです。
程度のいい中古品を安く手に入れて使用すると、開業費用を抑えることができそうですね。

B繁盛店の接客方法
→接客に関しては、以下の2点も重要となりそうです。

・マニュアル接客
→大規模なカフェチェーン店では、マニュアルにより従業員が接客にあたっていることでしょう。
しかし、マニュアルによる作り笑顔よりも、本当の意味で、お客様のことを想い接客した方が、お客様は「居心地のいい気持ちいいカフェだ」と思いやすいですよね。
心を込めた接客が大事になりそうです。

・常連客との関わり方
→個人が営む小さなカフェや喫茶店には、常連客が多いイメージがありますよね。
しかし、オーナーや店長が、常連客と仲良くお喋りしすぎていると、または常連客が態度がでかいと、新規のお客様は「このカフェは、なんか居心地悪いな。」と感じることになりそうです。

リピートして下さるお客様は大切ですが、少数の常連客のたまり場のようなお店になってしまうと、赤字になってしまうかもしれません。

質の悪い常連客とお店のファン/リピーターは違う。悪貨は良貨を駆逐する。少数の常連客が優遇される店になると良質なお客さんが逃げていく。

常連のお客様を大切にしつつも、新規のお客様が「この店は居心地がいいな」と思ってもらえる工夫や配慮が大切になりそうですね。

Cメニューの決め方
→メニューに関しては、以下の2点も重要となりそうです。

・提供するメニューの絞り込み
→メニューが多い方が、お客様は喜ぶでしょうが、メニューが多いと食材の廃棄ロスが増えますし、少数の仕入れになると、仕入れ費用がかさみそうです。
メニューを絞り込むことで{仕入れ費用・原価率}を下げる工夫が必要となりそうですね。

また、豊富なメニューが売りの大手のチェーン店と戦っても勝てそうにありません。
一点突破のように、メニューを絞り込んで、独自性を出してニッチなジャンルで地域オンリーワンになる方が勝算がありそうですね。

・目玉商品のメリットとデメリット
→目玉商品があれば、お客様も目玉商品につられ来客数が増えそうですが、おしているメニューに飽きられてしまえば、それで終わってしまいそうです。
来客を目玉商品に依存しすぎるのは危険かもしれません。

D価格設定(価格の決め方)
→潰れるお店は「長時間労働・安売合戦」により潰れていくケースが多いですよね。
やってはいけないのに、他に方法も思い当たらないし、ついやってしまい、そして潰れていくことになるのが「長時間労働・安売合戦」だと言えそうです。

もし、価格を下げることや、長時間働くことで自分の時給を下げることにより、優位性を生み出し、ライバル店に勝とうとしているなら、危険信号だと言えそうですね。

※価格を下げたり、長時間働くことは、自分や従業員さんの時給を下げることに繋がる。
そのため価格競争の激しい外食産業や小売店、サービス業などは業種として平均賃金が低い傾向にある。


{価格設定・値決め}は経営ですが、お客様もwinし、そしてオーナー店長である自分や、従業員さんもwinできる適正な価格で売る・提供することが大切になりそうです。

価格が安くなければ「この店、値段が高いよ!」と、敬遠されることでしょう。

しかし、店の雰囲気や料理などの味で、価格以上の価値を提供できるなら、「価値あるものにはお金を払う」というお客様は来てくれそうですね。

商売で大事なのは「誰を客層にするか?」という顧客戦略ですよね。

普通、価値に対して適正な価格で売ったり提供することになるため(※価値に対して価格が高ければ、客は「ぼられた!2度と来ない!」と思うことになるため価値に対して適正な価格をつけることになる)、価格を下げれば価値が下がり、「価値が低くても安ければいい」というお客様が客層になりますし、価格を上げれば、提供できる価値も上がり、「値段が高くても価値が高ければいい」というお客様が客層になりそうです。

誰を客層にしたいか?を考えて、価格設定をしていけると良さそうですね。

飲食業でも小売店でも、不動産大家業でも、「価値が低くても安ければいい」というお客さんをターゲットにしているオーナーもいますし、また「値段が高くても価値が高ければいい」というお客様をターゲットにしている社長もいるようです。

先日、いつもお客さんが多いバルに初めて行ってみました。
そこでメニューを見ると、大手の安売りチェーン居酒屋なら500円以下のメニューが1000円でだされていました。
私は「この店には、もう来ないかもしれない」と思いましたが、それでも、そのバルの店主や、店の雰囲気や味などが好きなのか?、しっかりと常連客がついているようでした。

安売り合戦に参戦したら店が潰れることを思うと、価値を上げることで価格を上げる経営戦略も1つの選択肢なのかもしれません。

E繁盛店の集客方法
→集客においては、以下の4通りの集客が大切になりそうですね。

@看板の出し方
→そこが店だと、お客様に気がついてもらえないと来客はないでしょう。
そして「あ、ここは飲食店だ」と気がついてもらえるのは看板があるからですよね。

そういう意味で、目立つ看板や、行ってみたくなるようなセンスの良い看板は、集客における基本だと言えそうです。

また店内が見えるようガラス張りにするのも、1つの集客方法ですよね。
初めてのお客さんでも気軽に入りやすいのが大手チェーン店であり、初めてのお客さんにとって、入店の心理的ハードルが高いのが、個人が行っているお店です。

個人が営んでいる知名度の低いお店に初めて入るのは心理的ハードルが高い(一般消費者にとって)。

「このお店、行ってみようか」と気軽に思ってもらうために必要な工夫をし、入店の心理的ハードルを下げるようすると、新規のお客様が増えそうですね。

Aチラシで集客するには?
→地域を限定してポスティングを行うのも1つの集客方法ですよね。
地域を限定してチラシを配れば、費用対効果も高くなりそうです。

Bネット広告による集客方法
→インターネット広告でも、地域を限定して広告を出すことができるようです。
ネット広告の良いところは、安いために費用対効果が上がりやすいところでしょうか。
予算も、少しづつ投入しながら費用対効果をはかれるためネット広告による集客も良さそうですね。

C口コミによる集客方法
→1番の集客方法は口コミですよね。口コミが起きるのは「感動」がある場合のようです。
例えば「この価格で、この料理は、本当にお得ね!」など感動があれば、人は知り合いに自分の感動体験を言いたくなり、勝手にお店のことが広がっていくことになりそうです。

クチコミを起こすコツ→感動してもらえるよう知恵を絞ること

お客様を喜ばせ、感動させるのが商売人の仕事ですよね。
「こうやったら、お客様が、もっと喜んでくれるかもしれない」とか「こうすれば、お客様に感動をあたえられそうだ」とか、そんなことばかり考えながら毎日を楽しく過ごそう。



B繁盛店を経営したい
■数ある飲食店の中で、自分のお店を目立たせたり、お客様の印象に残るようにするのは、難しいものですよね。

インターネットビジネスでも、そうで、数あるホームページやブログの中に埋もれてしまわないよう・・目立ち、訪問者様の記憶に残るよう、他と差別化し、ブランディングしていく必要がありそうです。

お洒落なカフェであれば、ハイセンスな店舗名や、お洒落な外観や内装なども大切になりそうですし、

お洒落なホームページであれば、ハイセンスなイラストなどが大事になってきそうですね。

自分のお店の特徴を作り、それをブランドにして、ブランドを育てていこう

お客様が「あの辺りの飲食店は・・あっ、○○が良かったよ!」と思い出してくれたり、「また、行きたいな」と思ってもらえるには、ある程度、印象に残る工夫も必要かもしれませんね。

個人が飲食店を開業するなら、大手企業のチェーン店とは違う独自性を売り出していくことが重要になりそうです。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


★追伸★
→経営者がバカでも稼げる商売の1つは{需要はあるのに供給はない商売}ですよね。
お客さんは{Aが欲しい!}と言っているのに、Aを提供する人が、ほぼ自分しかいなければ、バカが商売しても儲かるでしょう。

2010年、ネットビジネスを始めた当初は、人生系の記事・・例えば「なぜ、生きるのか?」などの記事を書いているサイトが少ない状況でした。
そのため、バカな私が運営する、このサイトが、ものすごいアクセス数になっていました。
{需要はあるのに供給はない商売}だったわけです。

そういう状況であれば、嫌でも繁盛しますよね。

ただ、よほど参入障壁が高くない限り・・例えば鉄道会社の業界のように、後から参入するのが困難ではない限り、遅かれ早かれ「これ、儲かるじゃん!」ということで、同じことをするライバルが現れてきます。

ネットで言うと、現在は、大手企業までが人生系の記事もあるサイトを作っていて激戦のレッドオーシャンになっています。

{需要はあるのに供給はない商売}をすれば、ほぼ確実に繁盛店を作れるよ。ただ参入障壁が高くないと、すぐにライバルが現れることになるよ。

では、どうすれば?
対策や対処法の1つは、投資だと個人的には考えています。
ビジネスを1から作り上げるのも、他のジャンルに新規参入するのも、時間とエネルギーが相当にかかりますよね。

しかし、儲からなくなってきた商売をおこなっている企業から、儲かる商売をおこなっている企業に投資資金を移すのはクリック1つで行うことができます。

つまり、何も自分で、繁盛店を経営する必要がないわけです。繁盛店を経営している会社に投資すれば良いわけですね。
そのように、投資や買収で、その時、その時で、儲かっている企業や業種、業界に資金を移し、成長し続けている上場企業もありますよね。

あるいは、繁盛している国に投資する!でも、儲かりやすい投資先に、資金を投資する!でも、良いでしょう。

栄枯盛衰が続く現実世界では、1つの商売だけで繁盛し続けるのは難しいよ。そのため投資を行う必要があるよ。
※現実世界の正体はこちら→エネルギー問題の解決策!可能性は無限の理由(人間や現実の正体)

現在で言えば、手堅いのに好利回りな、中古太陽光発電への投資だったり、ソーシャルレンディング投資だったりに、資金を振り分けるのも良さそうですね。

産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)

高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)

このように投資を活用することで、長く繁栄し続けることが出来ることになりそうです。


なお、サイドビジネスや副業については、以下の記事が詳しいです。

@サイドビジネス種類一覧!稼げるおすすめ副業はコレ(サイドビジネス一覧)

A副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「ふむ。やはり繁盛店の経営には「お色気接客ガールズ」が必須なのか。」


バス子「ちゃんと話を聞いときなさいよ。」


仙人「関連記事としては、お店を開くには?経営のコツ(実家のガソリンスタンドから学んだ商売/ビジネスが50年続く秘訣)や、脱サラ起業で失敗しない準備(会社員の間の過ごし方が独立起業の成功を決める)もお勧めじゃよ。」


関連儲かるフランチャイズおすすめはココ!資料請求体験談(フランチャイズは勉強になったよ)
ラーメン屋は儲かる?年収(ラーメン屋の実際の売上/経費/利益とは?)
喫茶店を開業/経営!年収は?(喫茶店経営の年収シュミレーション)
居酒屋開業は儲かる?(居酒屋開業の収支シュミレーション)
便利屋開業は儲かる?(長時間営業&価格競争による失敗を避けるには?)
自営業の年収(自営業者のリアルな収入とは?)
人を雇うと廃業する理由(今の時代、お金は1人で稼げるが?)
時給2000円の仕事を作る方法(作業の時給はビジネスモデルで決まる)
起業資金調達より回収速度が大事(変化の激しい時代では起業資金を1年で回収する事業プランを立てる)
お金持ちになるには職業より投資が大事(収入を生み出すエンジン/ドル箱の作り方)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他