1日一食ダイエットの効果や方法【食べても太らない人】と【食べないのに太る人】の違い


スポンサーリンク




スポンサーリンク

1日一食ダイエットは痩せる?太る?

【食べても太らない人】と【食べないのに太る人】の違い
人間は1日に何食、食べるべき?





バス男「【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥】だ。よ〜し!・・・」


バス子
「・・(あっ・・バス男さん、前から好きだったお姉さんの連絡先を・・頑張って!)


バス男「あ、あの〜、・・何カップですか?


・・・・・・・・・


バス男「はぁ〜。‘
聞く’ことで一生の恥をかいたよぉ。やっぱり僕は、お腹周りが ‘ぽよ〜ん’ と太っているから、お姉さんに振られてしまった↓↓」


「バカねぇ。普通、聞くなら ‘バストサイズ’ じゃなく、‘連絡先’ でしょ?{太っている・太っていない}以前の問題よ。」


「きっと僕が痩せていれば・・よし!仙人様に【1日一食ダイエットの効果】を聞きに行ってみよう。」


「仙人の【食べても太らない人食べないのに太る人
違い】ねぇ・・・・」






〜一日一食夕食のみ/ダイエットと健康への効果とは?〜

1.1日1食ダイエットのやり方や方法、効果は?

@人間は1日に何食、食べるべき?


あるQ&Aサイトにて、下のような質問がありました。

質問→「私は現在、1日一食ダイエットをしています。健康面では問題ないのでしょうか?」

上記の質問に対しては、2種類の回答があるようでした。

回答1→「1日1食は、栄養が足りなくなります。今すぐ辞めるべきです。」

回答2→「1日1食でも、栄養バランスが取れていれば問題ありません。」


そもそも私達人間は、
1日に何食、食べるべきなのでしょうか?

あるお医者様は言います。

「1日1食は、栄養が足りなくなります。きちんと3食たべ、カロリーや各種栄養をしっかり摂取しましょう。」

私も、学校ではそのように習いました。

しかし、書籍/「空腹」が人を健康にするの著者である現役のお医者様は、



1日1食でも、栄養バランスが取れていれば問題ありません。むしろ、体が内側から健康になり、体も見た目も若返ります。」という趣旨のことを、本の中で言われているようです。

事実、著者であるお医者様は、上の写真のとおり、お若いです。

とても
50代後半には見えません。

実際、1日一食の食事をされている著者であるお医者様は、20歳くらい若く年齢を見られるそうです。

1日一食の食事をすることで軽い
飢餓状態を作り出すことにより、体の中で眠っていた生命力遺伝子が活動し始め、逆に健康になっていき、若返っていくそうです。


いったい、どちらの考えが正しいのでしょうか?

人間は、1日に3食しっかり食べるべきなのでしょうか?

それとも、1日に1食で良いのでしょうか?

なぜ、お医者様によって、意見が異なるのでしょうか?

その理由は、
現在の西洋医学は、人間の体の神秘について、まだまだ、わかっていないことだらけだから・・かもしれません。

バス子食べても太らない人食べないのに太る人の差も、わかっていないわね」

西洋医学もお医者様も、人間の体のことが、まだよくわかっていない側面があるのかもしれません。

私達は、西洋医学を完璧なものと信じ込んでおり、人間の体について、なんでも答えを知っている気になっていますが、本当は、わかっていない側面もあるのかもしれません。

例えば書籍/「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年の著者の女性は、1日に100キロカロリーそこそこの青汁1杯だけで生きており・・さらに体重が増えているそうです。

バス男食べないでも生きている人が実在するのは、驚きだなぁ」

なぜ、1日に100キロカロリーそこそこの青汁1杯だけで生きられるのでしょうか?

なぜ、1日に100キロカロリーそこそこの青汁1杯だけで、逆に体重が増えていくのでしょうか?

著者の女性の体内では検査の結果、超小食療法や断食療法が続いたことで、腸内細菌の数や種類、基礎代謝量の減少等、体内にも様々な変化が現れているそうです。

そして、そのような肉体の変化は、なにも著者の女性だけではなく、同じく超小食療法や断食療法を続けた、他の患者さんでも起こっているそうです。

著者の女性は、医学的・科学的検査も受けているのですが、検査結果は、「1日に100キロカロリーそこそこで生きていける理由は不明。」「現時点での医学や栄養学では説明できない。」という検査結果が出るばかりです。

西洋医学もお医者様も、人間の体のことが、まだよくわかっていない側面もあるのかもしれません。

書籍によると、同じような
超小食を続け、80歳以上生きた女性も実際にいらっしゃるようです。

健康の絶対条件は「1日に3食、しっかりと栄養食を食べる」なのでしょうか?

私達、人間の体は、まだまだ謎に包まれています。



さて、「1日一食ダイエット」や「人間は、1日に何食、食べるべき?」という話題になると、議論の中心は【
カロリー】や【栄養素】の話になります。

「やはり3食きちんと食べて、【カロリー】や【栄養素】を十分にとるべきだ!」

「いいや、1日一食でも【カロリー】や【栄養素】が補えていれば、大丈夫だ。」

このような議論になるようです。

そして上記のような議論を聞く度に、私はいつも、
インドの修行者のことを思い出します。

1日1食ダイエット健康法の効果や真実を見ていこう!



A健康と精神 〜1日一食ダイエットの真実〜
日本人の病気の多くは、
生活習慣病のようです。

特に、食べすぎによって肥満体型となっている生活習慣病の方が多いそうです。

食べ過ぎる人は【自分と他人を傷つける人】食生活から「生き方」がわかるよ

日本に住む私達は、本人が望みさえすれば、1日3食、お腹いっぱい栄養たっぷりの食事を頂くことが出来そうです。

そしてその結果が、食べすぎによる肥満体型であり、生活習慣病予備軍です。

食べすぎにより、寿命を縮めている現実があるのかもしれません。

その一方で・・



↑上の、食べ物を恵んで貰いながら生きる
インドの修行者は、

「1日3食、30品目をたっぷり食べなきゃ〜。お肉と野菜と・・あと、乳製品やミネラル豊富な海草やキノコ類と・・」

「最近、肉と海草を食べていなから、肉と海草を恵んでくれません?この器に肉と海草を入れて下さい。あと、出来れば生野菜も。」

と、食事から取る栄養によって長生きしているのでしょうか?

彼は、【
カロリー】や【栄養素】を重視して、ここまで長生きしてきているのでしょうか?

それとも、健康に生きるための信念など・・
精神的な力によって、長生きしているのでしょうか?

私達日本人は、綺麗な住まいに住み、毎日ご馳走ばかり食べているせいで、なにか大事なことを忘れてしまっているのかもしれません。

飽食時代に生きる私達に必要なのは、栄養豊富な食事でしょうか?

それとも、健康に生きるための信念など・・精神的な部分でしょうか?

現時点での西洋医学を「完璧なものだ!」と信じきっている私達は、食事や健康に関しても、物質面である【カロリー】や【栄養素】のことばかり考え【信念や精神】のことは軽視する傾向があるようです。

仙人食べても太らない人食べないのに太る人の違いは信念・・思い込みも関係しておるじゃろうのぉ」

以下の記事のとおりです。

自己催眠ダイエットの方法!痩せない本当の理由は潜在意識「太りやすい体質」は思い込みです

バス子食べないのに太る人の特徴は「私は太りやすい体質だ。遺伝だ」と思い込んでいる点ね」

バス男食べるのに太らない人の特徴は「私は太りにくい体質だ。遺伝だ」と信じ込んでいることだー」

病気を克服する方法にあるとおり、‘心のあり方’によって、私達の肉体は変化します。



及び、目標達成の仕方・方法にあるとおり、物事が現実化される仕組みというのは、
潜在意識レベルで、実現可能と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されないという仕組みになっているようです。


だからこそ、「1日に3食しっかり食べなきゃ、病気になっちゃう!!」と潜在意識レベルで信じ込んでいる人は、1日1食にしただけで、体調が優れなかったりし、「あぁ、やっぱり1日に1食じゃ人間は弱って病気になるんだ・・。」と思い込み、思い込みが現実化され実際に病気になったりもすることでしょう。

その一方で、「1日に1食しっかりバランスよく食べれば、人間は健康でいられる。」と潜在意識レベルで信じ込んでいる人は、1日1食、食べるだけでも、書籍の著者であるお医者様や、その他の1日一食で健康に若若しく生きている人と同様、健康に生きていくことでしょう。

また、「人間は【カロリー】や【栄養素】だけで生きているのではあらず。」と潜在意識レベルで信じ込んでいる人は、カロリーや栄養素が、現時点での栄養学的には足りていなくても、書籍の著者の女性や、インドの修行僧のように、それでも健康に長生きすることでしょう。


私達に必要なのは、栄養豊富な食事でしょうか?

それとも、健康に生きるための信念など・・精神的な部分でしょうか?

現在の西洋医学は、人間の体の神秘について、まだまだわかっていないことがあるようです。

わかっていない事柄を事実として、「やはり3食きちんと食べて【カロリー】や【栄養素】を十分にとるべきだ!」「いいや、1日一食でも【カロリー】や【栄養素】が補えていれば、大丈夫だ。」などと、議論している側面もあるのかもしれません。

わかっていない事柄を「事実である!」と仮定して、議論しているわけです。

そして、4次元世界の現実とは?にあるとおり、
事実真実は異なるようです。

人間の体についての
真実は、まだ科学や医学ではわかっていないのかもしれません。


私達に必要なのは、栄養豊富な食事でしょうか?

それとも、健康に生きるための信念など・・精神的な部分でしょうか?

現時点での
西洋医学を「完璧なものだ!」と信じきっている私達は、目に見える食事を重視し、病気になれば目に見える薬(クスリ)を重視します。

西洋医学や自然科学自体が、目に見えるものを分析することによって積み上げられてきた学問だからかもしれません。

薬のほとんどは科学物質であり、自然界には存在しない異物でもあるようです。

そして、
薬のほとんどは病気自体を治す力はなく、ただ、症状を和らげるだけである場合も、多いそうです。

病気自体は、人間の自然治癒力によって治されるのです。医者も薬剤師も、そのことをよく知っています。

知らないのは西洋医学に洗脳されきっている一般人だけなのかもしれません。

病気自体を治す力もない異物を、病気時に体内に入れる・・・それなのに、私達は病気になるとすぐに薬を重視します。

このような現状になっているのは、
薬九層倍(くすりくそうばい)と言って、薬が非常に儲かることも、影響しているのかもしれません。


そんな私達は、人間に備わっている自然治癒力や、【健康に生きるための信念など、精神的な部分】を軽視する傾向があるようです。

それらは、目には見えないからでしょう。

私達に必要なのは、栄養豊富な食事でしょうか?

それとも、健康に生きるための信念など・・精神的な部分でしょうか?

病気時に必要なのは薬・・病気自体を治す力はほとんどない薬でしょうか?

それとも、人間に備わっている
自然治癒力を信じる心や「人間は健康が当たり前である。病気は己の自然治癒力によってすぐに治る。」という信念でしょうか?

健康には、栄養を十分に摂取する
滋養と、食べすぎにより疲労した各臓器を食事量を減らすことで休ませる浄化の2つのバランスが大切であるようです。

飽食時代を生きる私達に必要なのは、さらなる
滋養でしょうか?

それとも、
浄化でしょうか?



Bまとめ 〜1日一食ダイエットの真実〜


病気を克服する方法にあるとおり、‘心のあり方’によって、私達の肉体は変化するようです。

及び、目標達成の仕方・方法にあるとおり、物事が現実化される仕組みというのは、
潜在意識レベルで、実現可能と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されないという仕組みになっているようです。

だからこそ、本当は1日に何食食べようと、そんなことはど〜でも良い話なのかもしれません。



私達が
潜在意識レベルで「1日に3食しっかり食べなきゃ、病気になっちゃう!!」と心底信じきっているならば、1日に3食、食べれば良いでしょう。

潜在意識と顕在意識の違い(潜在意識を図解で解説)

また、 私達が潜在意識レベルで、「1日に2食、食べれば健康でいられる。朝は無理して食べる必要はないよ。」と心底信じきっているならば、1日に2食、食べれば良さそうです。

私達が潜在意識レベルで、「1日に1食、栄養をきちんと取りながら食べれば健康でいられる。」と心底信じきっているならば、1日に1食、食べるだけでも大丈夫なのかもしれません。

私達が潜在意識レベルで、「人間は食べなくても生きていける!!」と心底信じきっているならば、食べなくても生きていけるのかもしれません。

※大衆マインドの影響があるため、普通は、潜在意識レベルにて「人間は食べなくても生きていける!!」と心底信じ込むことが出来ません。

大衆マインドとは?夢・目標・願望を達成する方法




「潜在意識か、何か知らんが、食べなきゃ生きていけないだろう?」


そうですね。

そのように信じきっているならば、食べないと生きていけないでしょう。

そして、書籍の著者の女性や、仙人/仙女修行を積んだマスター仙人/仙女、それに修行を積んだインドの修行者(ヨギ)など、潜在意識レベルで、「人間は食べなくても生きていける!!」と心底信じきっている人達は、長いこと食べなかったり、超小食だったりと、実際に、現時点での医学や栄養学では説明がつかない食習慣を送りながらも、健康的に、日々の生活を送っているのかもしれません。

仙人「仙人は霞を食べて生きていると信じられているが【食べないのに太る】の逆バージョンの信念なわけじゃのぉ。ふぉふぉふぉ〜」

私達、人間の体は、まだまだ謎に包まれています。

現在の西洋医学は、人間の体の神秘について、まだまだわかっていないこともあるのかもしれません。

私達は、まだまだわかっていないことだらけでもある西洋医学の知識を完璧な真実と信じ込んでいるため、ついつい、「潜在意識か、何か知らんが、食べなきゃ生きていけないだろう?」と、思ってしまいます。

現時点では、まだまだわかっていないことも多いのかもしれません。

そして、現時点でも、
‘心のあり方’や‘信念’によって、私達の健康は大きく左右されるとは言えそうですなのです。

‘心のあり方’や‘信念’の力によって、長いこと食べなかったり、超小食だったりと、実際に、現時点での医学や栄養学では説明がつかない食習慣を送りながらも、健康的に、日々の生活を送っている人達がいる事実は・・

「物質(食事等)より‘心のあり方’や‘信念’の方が、肉体に与える影響力は大きい」ということを教えてくれているのかもしれません。

仙人/仙女修行を積むことで、正しい真実の知識をもとに、健康に適した‘心のあり方’や‘信念’を育てていき、楽しく健康的に生きていけると良いですよね。


人間は健康が当たり前である。病気は己の自然治癒力によってすぐに治る。」と、私は信じています。

なぜなら私達は、エネルギー問題の解決策のとおり、この‘現実’を創造している創造主と同じ1つであり、私達1人1人は、【‘現実’を創造している創造主】の、部分・部分だからです。私はそう、信じています。


〜追伸〜


私の1日一食ダイエットの方法や、やり方としては、
夜ご飯をバランス良く、ゆっくり食べる!というものです。

仕事が終わった夜に、リラックスして、ゆっくりと美味しく食事を頂くことで、ストレス発散にも繋がりますしね。

また、夜ご飯をゆっくり食べることで、気持ちを仕事モードから、リラックスモードに切り替える効果もあるように感じています。

ただ、夜に1日分のカロリーをドカ食いすると太ってしまう恐れがあるので、朝もしくは昼に、スムージーを飲むのも効果的なように感じています。
スムージーを飲むことで、栄養バランスも良くなりますしね。

関連記事には、一食置き換えダイエットお勧め商品を試してみたよがあります。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕も効果があるなら、一日一食ダイエットを頑張ろうかなぁ。」


バス子「自分に合ったダイエット方法が見つかるといいわね。」


仙人「ダイエットも同様なのかもしれぬのぉ。潜在意識レベルで、「1日に1食、食べるだけでも私の場合は太る。」と心底信じきっているならば、一日一食でもダイエットを成功させていくのは難しい場合があるかもしれぬのぉ。正しい知識をもとに、健康に適した‘心のあり方’や‘信念’を育てていきたいものじゃのぅ。→信念/本当の意味と名言(信念のもつ影響力)」


関連見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)
疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)
断食ダイエットの方法と効果(断食ダイエット法の種類/効果と注意点)
断食体験談(個人的な断食体験談)
病は気から?本当の意味(生命エネルギー(気)の減少は病気に繋がる)
体調不良の原因は食事とストレス!対策(自律神経と交感神経のバランスをとるコツ)
寝ても疲れが取れない原因(疲労蓄積の悪循環から抜け出す方法)
ラブラブ夫婦と仮面夫婦の違い(信用・感謝・尊敬・絆)
座禅の効果と方法(「考えないようにしなきゃ!」と‘考える’のではない)
副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)





負の思い込み】を書き換える仙人術



1.観念とは→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?

2.人生観私の人生観が【人生とは苦労して成長するもの】から【人生とは楽しむもの】に変わったキッカケの話

3.お金観私のお金観が変わった時の話【お金で苦労する原因は、お金に対する思い込みのせいだった】

4.恋愛観私が結婚できた理由【恋愛観/結婚観の書き換えでした】「押しつける人」と「歩み寄れる人」の違い

5.人間関係観私の人間関係観は【負の思い込みだらけでした】書き換えのワークをやってみた結果・・

6.仕事観私の仕事観【給料は我慢の対価】楽しく働くことに罪悪感をもった過去を癒した時の話





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他