収入が少なく貧乏で生活が苦しい!対処法


スポンサーリンク




スポンサーリンク

離婚や母子家庭や派遣で生活が苦しい!

■生活苦相談。貧乏やワーキングプア、1人暮らしで生活が苦しい人の対処方法。節約と収入。住宅ローン。

借金や住宅ローンの生活苦対処法
生活苦は【価値観】と【お金の知識】の問題?




バス男「はぁ〜。僕は生活苦だ。貧乏で毎日の生活が苦しいよぉ。」


バス子「私も〜。仕事はしてるけど、給料が低くて生活が苦しいわぁ。」


「僕なんて、仕事も不安定な生活苦だよ?将来が不安だよ・・・。」


「・・ねぇ、バス男さん?仙人に【生活苦の対処方法】を聞きに行ってみない?」


「仙人様の【生活苦の対象方法】かぁ〜。」







〜貧乏で生活苦/改善方法とは?〜

1.貧乏生活苦の対処方法
@2種類の生活苦

今回の記事では、【生活苦の対処方法】について、見ていきたいと思います。

収入が少なく貧乏で生活が苦しい!対処方法を見ていこう。


さて、世の中には2種類の{貧乏生活苦}があるようです。
@中流階級の{貧乏生活苦}
A貧困層の{貧乏生活苦}

の2種類です。


@中流階級の{貧乏生活苦}の場合は、収入はそこそこあるのに、生活が苦しいようです。世帯年収が300万円も400万円500万円もあるのに、生活が苦しいわけです。

A貧困層の{貧乏生活苦}の場合、収入自体が少なく、生活が苦しいようです。月の手取り収入が10万円代、もしくは定期的な仕事がなく、月の手取り収入が10万円以下の場合もあるようです。世帯年収は300万円以下です。

@中流階級の{貧乏生活苦}でもA貧困層の{貧乏生活苦}でも、【貧乏生活苦の対処方法】は基本的には同じであるようです。

では、具体的な【貧乏生活苦の対処方法】を見ていきましょう。



A生活苦の2つの対処方法 〜生活苦の対処方法〜
生活苦への対処方法には、以下の2つ事柄も含まれるようです。

<価値観を変える>
<お金に関する知識を増やす>

まず<価値観を変える>です。
日本に住んでいる私達が、生活が苦しい!と悩む理由には、「高いライフスタイルが当たり前」と、思い込んでいることにも原因があるのかもしれません。

これは、ある意味、物質文明社会に洗脳されている・・という側面もあるのかもしれません。


・・私達は、「洗濯は洗濯機がするもの」「掃除は、掃除機が行うもの」「暑かったり寒かったりすれば、エアコンを使用すれば良い」と思っています。

現在の日本人は、たくさんの電化製品に囲まれて生活をしているため、電化製品のある生活が当たり前と思い込んでいるからでしょう。

電化製品のない生活なんて、貧乏な貧困層(アフリカ等)の生活と思い込んでいます。

しかし
電化製品が人類を幸せにしていくのは、電力が無料で手に入るようになってからとも言える側面も、あるのかもしれません。

現在は、電力を作り出すために高額なお金が必要であるため、
・電化製品の開発(研究所で必要な電力)
・電化製品の製造(工場で必要な電力)
・作られた電化製品の運搬
・電化製品の販売(販売店舗で必要な電力)
というすべての過程において、たくさんの電力を必要とするため、高額な電気代が電化製品価格に上乗せされ、電化製品の値段が高くなっています。

また、お店に売ってある電化製品を買って、家にもって帰った後も、電化製品を使用するために、毎日、毎日、たくさんの電力が必要となり、電気代がかさみます。

そのため、私達は【値段の高い電化製品代&電化製品を使用する電力代】を支払うため、電化製品がなかった頃より、一生懸命に働かなければならなくなっている側面もあるのかもしれません。

「生活が楽になる!」と思って使っている電化製品が、実は家計を苦しめており生活苦に陥っており、「生活が苦しい!」と悩むことになっている・・。

最新の電化製品が各家庭に普及することで、生活が楽になるのは、販売元の【家電メーカーの上層部の人間】【電力会社の上役の人間】であり、消費者は自らの首を絞めている側面もあるのかもしれません。

もう1度。
エネルギー問題の解決策にも関連する話ですが
電化製品が人類を幸せにしていくのは、電力が無料で手に入るようになってからとも言える側面も、あるのかもしれません。

「最新の電化製品に囲まれた高いライフスタイルが当たり前」という勘違いこそが、生活苦の原因の1つなのかもしれません。

そしてこれは、電化製品に限った話ではなさそうです。

立派な住まい、立派な車、美味しい食事、綺麗な服、、、物質的に豊かな生活・・つまり、高いライフスタイルを求めると、生活苦になっていきやすい場合も、あるのかもしれません。

日本は、ほんの数十年前は、物質的には貧しい国でした。
TVも洗濯機も携帯電話もない生活をしていました。みな、洗濯は当たり前のように手洗いをしていました。



そんな時代から、まだ数十年しか経っていません。

まだ、たったの数十年しか経っていないのですから・・
時代的に、そもそもが無理があるのかもしれません。
庶民が、なんでも新品の製品が揃っているリッチなライフスタイルを望むのは、時代的に、まだ無理があるのかもしれません。

時代的にまだ無理があるのに、周りや社会の風潮、それに企業のCM・広告などに煽られて「リッチな生活をしたい!」と思えば、ローンを組むことで実現することにもなるでしょう。
新品のTVも、新車も、立派な住まいも、手に入れようとするとローンを組むことに、なる場合もあるでしょう。

しかしローンを組むな!のとおり、ローンによって、私達の生活は、苦しくなっている側面もありそうです。

気軽にローンを組みすぎなのかもしれません。
ローンは、借金です。
たかだか{リッチな生活}のために、借金まで背負う必要はあるのでしょうか。

にも関わらず、「みんなローンを組んでいるし・・。」「俺は正社員だから、ローンを組めるんだ!へっへっへ〜。」などと言って、借金のデメリットを強く認識せずに借金を背負い込むのですから、物質文明社会・金融資本主義社会に「洗脳されている。」とも言える側面があるのかもしれません。


そして・・たかだか{リッチな生活}のために借金を背負い、ローンの返済のために生活苦に陥っている場合も、特に@中流階級の{貧乏生活苦}に多いようです。

これはもう、【生活苦 ⇒ 節約】など、そのような話ではないのかもしれません。

{電気代や食費等の節約うんぬん}ではないのかもしれません。
{保険の見直し}なんてしている場合では、ないのかもしれません。

そのような対処方法に取り組んでも、「生活が苦しい・・。」「節約貧乏生活は、やっぱり辛いな。でも我慢だ・・。」などと言うことになるばかりで、一向に幸せに近づかないのかもしれません。

一生、ローンの返済のせいで、生活苦にもなりかねません。
一生、新製品の購入代金のために、生活苦にもなりかねません。
新車やリッチな住まい、家電、ブランド品などのために、生活苦の一生にもなりかねません。


・・
価値観が変わらなければ、少々節約したり、保険を見直ししても、現在の物質文明社会を生きていて、幸せを感じることが出来ないのかもしれません。

私は気がついていなかったのですが・・

生活苦はお金の問題ではなく、価値観の問題

という側面もあるようなのです。

【生活苦の原因⇒お金の問題】×

【生活苦の原因 ⇒ 間違った己の価値観】○

小手先的な節約に奮闘する前に、まずは自身の価値観を変えるのも良さそうです。

生活水準を下げなさい

そして・・生活水準を下げて、それでいて、物質的には豊かでなくても、心の中が豊かであり、「今日もお陰様で、幸せだなぁ〜。」と感じることのできる価値観を、自ら創り上げていくことが重要なことであり、それが【生活苦の対処方法】でもあるのかもしれません。


{自分の幸せ}を、物質的な豊かさや、生活水準に依存させるのではなく、{自分の幸せ}と、物質的な豊かさや生活水準との連動性を切り離し、物質的な豊かさや、生活水準がどうであろうと、心の中では、いつでも幸せを感じながら、幸せに生きていける自分創り・・自分の価値観創りを、していくことも【生活苦の対処方法】なのかもしれません。

ファイナンシャルプランナーに、相談することも大切なことでしょう。

と同時に、自身の価値観を変えることも、大切なことなのかもしれません。
お金の、細かな問題は、その後・・とも言えるのかもしれません。

今のままの{物質的豊かさ}に重きを置いた価値観では、生活苦は、解消されにくいのかもしれません。たとえ、収入が増えたとしてもです。


ジャワ島やアマゾンで暮らす先住民達は、TVも車も洗濯機も携帯電話も、もっていません。
それどころか、服も股間部分を隠す程度ですし、家なんて、その辺の木と葉っぱで作った住まいです。

私達の価値観からすると、彼らは相当に生活苦です。あ〜可愛そう・・。

・・そして彼らは、幸せだったり、気分が良いときには、ジャングルの中で歌うそうです。
そんな彼らは大抵、毎日歌ってご機嫌に過ごしているそうです・・。


中国の隣にブータンという国があります。
ブータンの主要産業は農業であり、GDP(国内総生産)は、日本と比べ物にならないくらい低いようです。貧しい国です・・。

そんなブータンで2007年に行われた「あなたは今幸せか?」という調査では9割の人が「幸せ」と答えたそうです。
ブータンの人々が、物質的豊かさだけに重きを置いた価値観ではないからでしょう。彼らはもっと違うものに、幸せ感をもっていたのでしょう。

そんなブータンの人々に、近年は、物質文明の波が押し寄せているそうです。
スマートフォンを使うような若者まで出始めているそうです。
するとどうでしょう?・・・国民の幸せ度は低下し始めているようなのです。



結局、{幸せ}と{物質的豊かさ}は、関係がないのかもしれません。
むしろ、{物質的豊かさ}に価値観の重きを置き始めると、逆に幸せからは遠ざかっていく場合もあるのかもしれません。
桃源郷は、どこか物質的に豊かな場所にあるのではなく、いつも己の心の中にあるのです・・。毎日の暮らしを桃源郷にする


日本に住む私達は、ここ50年で急速に広まっていった物質文明の価値観に汚染されている側面もあるのかもしれません。
「高いライフスタイルが当たり前」と、洗脳されている側面もあるのかもしれません。

生活水準が低くても、それでも自然と心底幸せを感じることの出来る価値観を創り上げることは、1つの節約方法であり、1つの【生活苦の解消法】とも言えそうです。

【生活水準が低くても、それでも自然と心底幸せを感じることの出来る価値観を創り上げる】・・このことは、少子高齢化により、他国と比べると経済的には沈んでいく可能性が高い、今後の日本国で幸せに生きていくためにも、大切となることなのかもしれません。

心の仙人/仙女修行をとおして、幸せな人生を生きていける‘心のあり方’や‘自分創り’に、励んでいきたいものですね。


次に<お金に関する知識を増やす>です。
もし、宝くじで1億円が当たったら、なにを買いますか?

え?・・前から買いたかった、新築一軒家とあの車?

ほ〜。あなたは、半分は貯金ですか。硬いですねぇ。


え、私?・・・私の場合ですか?
私なら宝くじで1億円あたったら、お金に関する勉強・・・

お金の真実を知って欲しい!
借金と貯金と資産
投資の本当の意味
節約術
お金を稼ぐコツ

上記のようなことを、まずは学び、それから不労所得を生み出す
資産投資(株・FX・不動産等)をすると思います。

具体的には、1億円で、家賃収入が発生するアパート(不動産)を買ったり、安定成長が見込める会社の株を配当金のことも考え買うことになるでしょうか。


前から買いたかった、{新築一軒家とあの車}を買った人の場合
→1億円が当たったことで、豪華な新築一軒家(土地つき7000万円)を買い、新築の家に合わせて新品な家具、家電を買い、高級車を買って、リッチな海外旅行にパ〜っと行ったとします。

また、ついついリッチな生活をしてしまい、生活水準もだいぶ上がりました。親戚や友人にせがまれ、だいふ奢りもしました。

・・半年後、残ったのは新築一軒屋と高級車だけで、また、いつものようにカードローンや電気光熱費の支払い等に追われる毎日に戻りました。

1年後、上がってしまった生活水準を下げることは難しく、家を担保にした借金によって、高い生活水準を維持する状態になり、ローンの支払いで生活苦な状況です。

5年後、ローンの支払いが苦しく、ローンの支払いを完済するため新築一軒家を売って、今はボロアパートに住んでいます・・。

10年後、ボロアパートに住みながら、なけなしのお金で宝くじを買う日々です。もちろん、あれ以来は宝くじは当たっていません・・。


不動産に投資した場合
→1億円が当たり、その後コツコツと数年かけて、不動産投資の勉強をし、その1億円で家賃収入が発生するアパート1棟買いました。

アパート1棟から、毎月、自動的に入ってくる家賃収入は、100万円です。

1億円はなくなってしまいましたが、代わりに、毎月、自動的に家賃収入が100万円入ってくるようになりました。

1年後・・
毎月に必要な生活費は30万円ですから、1ヶ月に70万円づつ貯まっていくため、1年後には840万円の貯金が出来ていました。
※税金等を考慮していない。説明のため。

5年後、貯金が6000万円になり、その貯金で再度、アパート1棟を買いました。すると、毎月、自動的に入ってくる家賃収入は、140万円に増えたため、そこで初めて、やっと贅沢品(新車・新築一軒屋)を買いました。

10年後、毎月自動的に入ってくる家賃収入140万円によって幸せにくらしながら、今は海外を巡りながら、海外の恵まれない子供達のために、慈善事業を起こすことを計画しています。


・・・上記は1例ですが、要は、<お金に関する知識>がなければ、いくらお金を稼いでも、生活苦は続く場合もあるのですね。
たとえ、1億円あっても、1時的にリッチになるだけで、またすぐ生活苦になるかもしれません。

@中流階級の{貧乏生活苦}でもA貧困層の{貧乏生活苦}でも、生活苦の原因の1つには、<お金に関する知識>が挙げられるようです。

お金に関する知識が乏しい状態で、節約に励んだり、保険の見直しをしたりしても、収入が増えても、生活苦が改善されない場合もあるようなのです。

まずは根本的な部分である<お金に関する知識>を、身につけることも必要なのかもしれません。
その方が、電気代や食費の節約等、応急処置だけを頑張るより、効果が期待できそうです。


お金に関する知識は、難しい話ではなさそうです。
ただ、今まで学ぶ機会がなく「なんとなく、難しそう・・。」と敬遠しているだけなのかもしれません。

残りの人生が、まだ数十年以上ありそうな場合は、ここらで1度、お金に関する知識・・・

お金について

借金と貯金と資産

投資の本当の意味

節約術

お金を稼ぐコツ

上記のようなことを、学んでおくのも、悪くはないのかもしれません。


さて、具体的な生活苦への対処方法ですが、まずは節約であり、その後に副業や投資を行って収入を増やしていくことになります。

節約については、以下の記事が・・

@通信費の節約方法!月5000円は節約できる?(スマホ代やネット代の節約術まとめ)

A簡単!冬の電気代の節約方法(電気代を安くするコツ)

B冬のガス代の節約方法!ガス料金の節約グッズも(ガス代の節約術)


副業や投資については、以下の記事が詳しいです。

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

〜生活苦の対処方法〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕の場合、生活苦の原因は投資の仕方に原因があるのかな?」


バス子「生活苦は、価値観の問題でもあるのねぇ。」


仙人「楽しく、幸せな日々を生きていけるように、コツコツと楽しみながら精進していけると良いのぉ。」


関連スマホで月4万円を安全に稼ぐ方法5つ(スマホでの稼ぎ方)
サイドビジネス種類一覧!稼げるおすすめ副業はコレ(サイドビジネス一覧)
クレジットカードで節約する方法(誰でもできる節約方法)
車にかかるお金は軽自動車が安い!維持費を安くする私の方法(車両費の節約術)
持ち家か?賃貸か?一生賃貸のメリット(持ち家と賃貸、どっちが得か計算してみた!)
ストレスなし!簡単に食費を安くする私の節約術(簡単な食費の節約術)
掛け捨てより貯蓄型!生命保険の見直しポイント(ライフプランナーから聞いた{生命保険の有効活用方法})





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他