適職の見つけ方!仕事の「向き/不向き」は安心感でわかる


スポンサーリンク




スポンサーリンク

続けられる仕事と続かない仕事の違いは安心感

安心して働けていない仕事や将来が不安な人へ
世間体を気にすると適職・天職は見つからない。


バス男「僕、今の仕事を長く続けていく自信がないなぁ。」


バス子「私も〜。適職や天職に、転職したいけど、自分に向いている仕事がわからないのよね。」


バス男「長く続けられる仕事や適職の見つけ方を知りたいな。」


バス子「仙人に【適職の探し方】を相談に行ってみましょ。」







〜仕事の{向き・不向き}は安心感でわかる〜

1.長く働ける適職が見つからなかった私の経験談

@世間体を気にすると天職には就けない


20代の時にはわからなかった{自分に向いている仕事/向いていない仕事}の違いや特徴がわかってきました。

私の実体験を元に【長く働ける適職の特徴】を解説します。


A自分に向いている仕事の特徴
仙人「自分に向いている適職の特徴を見ていこうかのぉ」


@自然体で毎日、無理なく続けられる
私は{向いている仕事}と{向いていない仕事}の両方をやった経験から以下のことを感じています。

自分に向いている仕事は無理なく自然体で続けられる

仙人「向いていない仕事だと、1日、1日、こなすがやっとじゃよ」

仕事を覚えていない最初の頃、大変なのは当然ですが、
向いていない仕事の場合、3年以上経って、仕事に慣れてきても、プレッシャーや不安を感じながら働くことになります。

漠然とした焦り感や、不安感が、いつまでも続くのが{向いていない仕事}や{向いていない会社}の特徴であり・・

安心して働き続けられる仕事が{向いている仕事}や{向いている会社}の特徴だと感じています。

【仕事の{向き・不向き}】には、「
職種の向き・不向き」と「勤め先の会社の雰囲気や方針、人間関係が合う・合わない」と「働き方の向き・不向き」があります。

働き方の「向き・不向き」は、以下の記事も詳しいです。

働くことに向いていない自分を認める話【私の経験談】 出来ないこと(会社勤め)を諦める勇気と対処法(葛藤)

仙人「{どの仕事が、自分にとって安心して取り組める仕事か?}は人によって異なるのぉ」

人生は長く、40年も50年も働き続ける必要があります。

3年間、働けば良いだけなら、プレッシャーや不安に耐えながら働くことも可能ですが、長くは働けませんよね。

自分に向いている続けられる仕事/
適職は「長く安心して働き続けられる会社・職種・働き方」と言えるでしょう。

仙人「職種だけではなく、{働き方}や{職場の人間関係}なども関係する話じゃよ」

会社員の方が安心して働ける人もいるし、フリーランスの方が安心して働き続けられる人もいます。

学校の教師が天職で、職員室や教室にいても、安心していられる先生もいますし・・

私のように、
職員室や教室にいると、不安とプレッシャーで、消耗する人もいます。

教師に向いていない人の特徴!辞めた私の教職体験談(先生に向いていない人とは?)

{何が自分に向いているか?}は、本当に人それぞれです。

仙人適職を見つけるコツは、社会常識や他人と比較しないことじゃよ」

人は、1人1人違います。「どの仕事に向いているか?」も違います。


A私の事例

私が教職を辞める時、周りの人達は「
教員免許もあるのに、もったいない。」と言いました。

社会一般的に見れば、公務員である教員になった方が、収入的にも社会的地位的にも、勝ち組になるからでしょう。

だからこそ、私は葛藤することになりました。

お金や、世間体をとるなら、教員を続けた方が良いのは明白でした。

常識的に考えても、そうで、教育学部の友人たちも、当たり前のように教員になっていっています。

でも、私には教師という仕事は向いていないことは、
自分では感じていました。

仙人「他人たちには、わからない{自分の感覚}の話じゃよ」

職員室にいても、教室にいても、安心感はなく、プレッシャーばかりで辛く・・


その一方で、私は、絵を描いたり、ブログを書くのは楽しくて夢中になって取り組むことが出来ました。

【ハイクオリティーなイラストが魅力のブログを、仕事に】なんて、社会常識的に言って、おかしいですよね。


だからこそ、私も「自分は変なんじゃないか?
教師をしておくべきだ」とも葛藤しました。

バス子「VRを見ているイラストと、「教師をしておくべき」と葛藤する話は、合わないわよ」

「この世が仮想現実の理由」VRで現実の価値低下【今後起きる変化】や「死後の世界」も全部話すよ(現実の正体)

その葛藤は、教師を辞めた後も長く続きました。

ただ、歳をとるにつれ「社会の物差しで、自分自身を評価する必要がないこと」や「
人には出来ること・出来ないことがあること」などを理解していきました。

働くことに向いていない自分を認める話【私の経験談】 出来ないこと(会社勤め)を諦める勇気と対処法(葛藤)

私は、以下の2つを受け入れるのに時間がかかったのです。

@社会的な評価の高低・・例えば「医者は偉い」「アルバイト生活は負け組」などの常識で、自分自身を評価する必要はない

A人には「向き・不向き」や「出来ること・出来ないこと」がある。

仙人「社会常識や、他人の目・評価を気にすると、自分に向いた仕事がわかりにくくなるのぉ」


人によっては、家に引きこもってブログを書いていると、不安やプレッシャーを感じたり「こんなことでいいのか?」と感じることになるでしょう。

現在、教職に就いている人に「ブログを仕事にしろ」と言えば、多くの人が拒絶反応を示すでしょう。

人によって、この辺りは、まったく違います。

「どう感じるか?」という自分自身の気持ちに正直になって、社会的常識をとっぱらうと、自分に向いた仕事や、安心して長く働ける適職がわかってきます。

仙人大多数の人と違う感覚を持っている場合ほど、{自分はおかしいのではないか?}と悩むことになりやすいのぉ」

これらは{個人的な感覚}の話であるため、少数派の感覚を持っている人ほど、自分の感覚を重視して仕事を選ぶと「非常識な奴」と多数派から批判される職業や、仕事に、就くことになり、葛藤が生じやすいです。

以下の記事のとおり
「常識か?非常識か?」も「変わり者かどうか?」も、単純に多数決で決まってしまうからです。

変わり者の人生とは?変わってる人の特徴(変わり者の私の悩みと人生)


A自分に向いていない仕事の特徴
自分に向いていない仕事の特徴は「
安心感がない」であり「充実感がない」です。

1日、働いていて、安心感がなく、また仕事が終わった後に充実感もないなら、自分に向いていない仕事だと言えるでしょう。

自分に向いている仕事の場合、仕事中も不安がないし、仕事が終わった時には、充実感があるからです。

これらは
{感覚}の話であり、数値化できないので、自分の直感や感覚に対して、素直になる必要があります。

仙人給与額や休日数は数値化できて、仕事毎の比較が容易じゃが、「充実感」や「安心感」は、数値化出来ないから、仕事毎の比較・検討が難しいからのぉ」

バス子「仕事毎の給与額や休日数の差は、簡単にわかるから、給与額や休日数などで仕事を探し、決める人が大半ね」

バス男「でも、適職かどうか?は、数値化できない{安心感・充実感}も関係するのか〜」

仙人「たとえ収入額も休日数も少なくとも、自分の心が感じる{安心感や充実感}が高いなら、その仕事の方に就く方が、人生の幸福度は高まるじゃろうのぉ」

バス子「だけど、他人から見ると「なんで、こんな収入的にも、身分的にも低い仕事を?」と見られるケースがあって・・他人の目や世間体が、天職に就くのを妨げるわけね」

適職や天職へ就くのを妨げるのは、常識や世間体、それに収入額ですよね。

常識や世間体、人の目、収入額を気にしすぎると「自分の心が、どう感じているか?」がわからなくなり、自分に向いた仕事がわからなくなってしまいやすいよう私は感じています。

給料額の決まり方を知ると給料が増えない理由がわかる(給与額の決まり方とは?)

仙人「ただし、世間体や給与額も、仕事選びでは無視できぬからのぉ」


<仕事には世間体の意味もある>

話が矛盾しますが、
仕事をする理由には「世間体の確保」も含まれています。

小さな島国(日本)では、勤め先の会社など、仕事で他人のことをジャッジする風習があり、仕事による肩書「〜会社の正社員」などがないと・・

「怪しい人だわ」などと怪しまれたり、信用されなかったりする現実もあります。

特に、
婚活の時には仕事による世間体がない状態だと苦労することになるようです。

「世間体なんて気にするな」は、言うのは簡単ですが、実際は世間体の圧力や、他人からの目/評価の影響は強く、仕事選びで【世間体】は無視できる存在では、ないよう感じています。

バス子「世間体がいい仕事に対して、充実感や安心感、やりがいを感じられるなら悩みにくいわね」

仙人「自分の感覚が、そうではない場合に、葛藤することになるじゃろうのぉ」

なお、そういった場合には「表向きの仕事」を持つ人が多いようです。

仕事は1つである必要がないからでしょう。


B向いている仕事を探す経済的余裕を作ろう

重要な話があります。

私は当初、{自分に向いている仕事は?}と仕事で強く悩んでいました。

今では、だいぶ、悩みも薄れています。

その理由は、経済的な余裕が以前よりは出来たからです。

仙人経済的な余裕がある方が、仕事を選びやすくなるからのぉ」

バス男「芸能人2世は、バンドマンになりやすいけど、お金に余裕があるからか〜」

自分に向いていない仕事であっても、生活費のために、お金のために、やらなければならない現実が私にはありました。

しかも長いこと、ありました。

自分に向いている仕事をしたくても、それでは十分な収入にならないことは往々にあり、経済的な余裕がないと{自分に向いている仕事}なんて言ってられない現実がありますよね。

ベーシックインカムが導入されたら、私含め、もっと皆が、給与額を重視しなくなるので、自分に向いた仕事に就きやすくなり・・

仕事時間の幸福度が高まることで、人生の幸福度が劇的に向上し、
社会が天国モードになっていくのでしょうが・・。

ベーシックインカムとは?メリットとデメリット【反対派/賛成派の意見】(ベーシックインカムまとめ)

バス子「経済的な余裕は、どうやって作ればいいの?」

仙人「まずは収入を増やして、資産運用でお金を増やしていく方法が王道じゃのぉ」

バス男「毎月、資産運用からの運用益が自動的に入ってくるなら、仕事も選びやすくなるなぁ」

資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)

運用資金作りで重要な
収入を増やす方法は、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕はプールの監視員の仕事に、最も充実感を感じるんだ〜」


バス子「バス男さんが監視員をしているプールでは、いろいろな意味で、泳ぎたくないわね」


仙人「関連記事では、底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)もおすすめじゃよ」


関連ニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)
就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)
既卒におすすめ就職エージェント【厳選3社】ホワイト大手企業の求人はココ(就職エージェント)
転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も(転職エージェント比較)
天職の見つけ方! 向いている仕事を占い師に占ってもらった私の体験談(占いで天職を)
「我慢して今の仕事を続ける」メリット・デメリット【私の経験談】見極めの基準も(転職に迷う場合)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他