【仕事観が変わる話】どの仕事も辛い人へ。働きたくない人へ


スポンサーリンク




スポンサーリンク

とにかく仕事が嫌だ。働きたくない人へ

仕事を変えても転職しても仕事がつらい人へ
【仕事観/労働観】が変わる話。



バス男働きたくないよぉ。仕事だよぉ。」


バス子「もう。仕事観を変えたら?」


バス男「え?」


バス子「仙人の【仕事観変わる話】、聞いてみたら?」






〜とにかく仕事が嫌だ。働きたくない人へ〜

1.「仕事とは何か?」仕事観/労働観が変わる話

@「働く意味」働くってなに?



「どの仕事に就いても、仕事が辛い」

「とにかく、働きたくない」



原因は、仕事に対する観念(イメージ/思い込み)にあります。

★観念★→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?



こんにちは。名無き仙人です。

今回は【【仕事観変わる話】どの仕事も辛い人へ。働きたくない人へ】です。



※強烈な話のため「仕事観を本気で変えたい」人、
限定で、見て頂けたらと思います。


@仕事が辛い原因【仕事観】


仕事とは、つらいもの

給料は、我慢の対価

働くこと】に対する
イメージや、思い込みネガティブだと。

労働時間が{人生の時間を、切り売りする時間}となり、こう感じます。



貴重な人生の時間が、仕事時間で、失われていく

すると、【働く】という行為、それ自体が、ストレスになります。

バス子「だから{どの仕事に就いても、つらい}となるわけね」

で、どうせ、ストレスに耐える時間ならば、せめて対価を得ようとして。

仕事給与額選ぶことになります。

給与額で職探しすると失敗する理由【高い給料の仕事とは「せめて給料高くないと皆がすぐ辞めるきつい仕事」】

その結果。



満足感を、仕事以外の場所で得ようとするため、散財が増えて、お金が減ります。

仕事で
不快を感じた分、を得るために、お金を使うから、お金も貯まりません。

ストレス発散のための出費が増えるわけですね。

以下の記事のとおりです。

【価値観を変える】お金のかからない生き方【@ストレス出費A見栄消費】

バス子「仕事が楽しい人は、仕事以外で、快を求める必要がないわね」

バス男「だから、仕事が楽しい人は、浪費が減るのか」

【仕事時間】が{自分の時間}ではなく{他人のための時間}になるから・・

人生の満足度が下がり、イライラします。

バス男「これが「働きたくない」と感じる原因かぁ」

では、なぜ、ネガティブな仕事観を持つことになるか?と言うと・・


Bまともな大人は「仕事が辛い」


国際調査の比較によると。

日本人は、世界で1番、仕事が嫌いな人が多いことが判明しています。

「今日の仕事は楽しみですか?」品川駅の広告が炎上したことからも、世の中の多くの人は、仕事が苦痛であることがわかります。

つまり。

まともな大人の条件とは【仕事が辛いこと】なんですね。

「まともか?まともではないか?」は「多数派か?少数派か?」で決まるからです。



戦時中は「戦争しろ。お前もアメリカ人を殺してこい」という人達が、まともな人達でした。

戦争賛成の人達が、多数派だったからです。

だから。



「まともな大人でいなきゃ」

「常識ある大人でいなきゃ」

そう思い込んでいると、無意識のうちに、ネガティブな仕事観をもつことになります。

自分軸がない人は。

周りに流される形で、こう、思い込むことになります。



「仕事とは、つらいもの」

「給料とは、我慢の対価」

私達は、子供の頃、そんなこと、思っていませんでしたね?

じゃあ、いつ頃から、仕事に対して、ネガティブな観念をもつようになったか覚えていますか?

自ら、
洗脳を解いてください。

★自分軸★→図解【他人軸とは?自分軸とは?】他人軸から自分軸へ(他人軸をやめたい人へ)


B仕事がつらい人の特徴「人生観が悪い」


そもそも、仕事とは、生活のために行われています。

もし仮に。

給料がでなくなったら、貴方は出勤し続けますか?



「仕事とは、社会のために行う貢献活動だ」

「この会社に、骨をうずめる覚悟で、働け」

貴方に、綺麗事を言い、会社への忠誠心を求めてくる貴方の上司は・・

給料がでなくなったら、貴方の上司は、それでも出勤し続けると思いますか?

出勤しませんね。

結局、
お金のために、会社に行っているわけです。



上司や、周りの大人達が言っている【
綺麗事】に、騙されないでください。

洗脳されないで、ください。

そして、つまり結局。

仕事とは、人生のために、存在しているわけで・・

だからこそ、人生観が、仕事観にも影響を与えています。



「仕事を通して、自己成長しなきゃ」

「人生には苦労も必要だ。立派な大人になるために」

「辛くても、耐える人が、偉い」



宇宙は1度も「自己成長しなさい」なんて、言ったことはありません。

宇宙の存在目的は、人類を自己成長させることでは、ありません。

宇宙は、ただ、あるがままにあります

勝手に、宇宙の存在意味を、決めつけないでください。

仙人「人生観が歪んでいると、仕事観も、ネガティブなものになりがちじゃよ」

「自己成長するべきだ」

「仕事をつうじて、自己成長するべきだ」

誰が、なんの目的で、そう言い始めたのか?起源を調べたことが、ありますか?

そもそも「社会貢献とは、何か?」と、考えてみたことがありますか?

以下の動画のとおりです。



自ら、
洗脳を解いてください。


C仕事がつらい理由「世界観が悪い」


上図は「おばあさん」と思い込んでいる人には、おばあさんに見えます。

「お姉さん」と思い込んでいる人には、お姉さんに見えます。

※【
妻と義母 トリックアート】で検索すると、本物の絵がでてきます。

現実の
見え方は【思い込み】によって、変わります。



仕事とは、つらいもの

そう、
思い込んでいる人には、仕事が3.7倍増しで、つらいものに見えます。

観念によって、現実の見え方が変わってしまう話は、以下の記事が詳しいです。

世界観【怖い世界vs明るい世界】心が休まる時がない人へ(不安で緊張しがちな人へ)


D具体例!私の経験談【仕事がつらい人の特徴】


社会人になってから。

私は、こう
思い込んでいました。

「仕事とは、つらいもの」

「給料とは、我慢の対価」



だから、私は、
無意識的に、つらい仕事を選んでいました。

※観念とは、無意識にもつ{イメージ/思い込み}です。

★無意識★→【図解】意識と無意識の割合と【無意識をコントロールする方法】

なぜか?

私にとって「仕事とは、つらいもの」だからです。

そして私は。



無意識のうちに、上司や、嫌いな同僚に、嫌味な態度をとっていました。

当然、上司や同僚は、私に対して、嫌な態度をとってきます。

そして、私は、職場の人間関係で苦しんでいました。

我慢して、出勤し続けていました。

なぜか?

私にとって「給料とは、我慢の対価」なので。

私にとって
我慢せずに、給料を頂くことは、悪いことだからです。



私は、無意識【潜在意識】のうちに・・

自ら、仕事を辛いものにしていき。

みずから、仕事で我慢する状況を作っていき。

給料を貰う正当性を作り出していたのでした。

そして。

仕事とは、つらいもの」そう思い込んでいるから。



私には、仕事が3.7倍増しに、辛いものに見えて。

だから私は、いつも、こう思っていました。

「はぁ。仕事がつらい

とにかく、仕事が嫌だ

働きたくない

これが、無意識にもつ観念の力です。



観念が、私達の個人的な現実を作り出しています。

だからこそ。



無意識にある観念が変わらない限り。

意識で「楽しく働きたい」と思っても。

なぜか、それを実行できません。

例えば。

日本は職業選択の自由があって、私は、なんの仕事も自由に選ぶことができます。



釣りが好きな私は、釣り具屋で働くこともできます。

釣り具メーカーに転職するための行動を取ることもできます。

釣りユーチューバーになることもできます。

でも、実際には、行動に移せません。

なぜだと思いますか?



考え}や{行動}の95%は、無意識(潜在意識)だからです。

だから。



無意識【潜在意識】
が変わらない限り「仕事が、とにかく辛い」状況から、抜け出せません。



無意識にもつ観念
人生脚本】が、人生を作り出しているわけですね。

★観念★→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?

これは、超
地獄

人生の時間は【働いている時間】が、ほとんどです。

それが地獄時間であれば、こう思って当然です。



生まれてこなければ良かった

「人生を早送りしたい」

そして、私は、そう思いながら、生きていました。


E仕事観が変わると起きること【私の経験談】


そんな当時。

私は、観念を書き換える方法【転生仙術】によって。

無意識(潜在意識)にある観念
書き換える作業に取り組みました。



具体的には、以下の手順です。

@無意識にある
悪い観念を、消す

A無意識に
良い観念を、入れる



その観念を入れ替えてしまう作業は、仕事観に限った話では、ありません。

例えば、社会は「まともな大人になれ」と言ってきますが。

仙人道では「子供に、戻りなさい」と教えています。

私は、
洗脳が解かれていくなかで・・

自然と{
考え方}も{行動}も変わり始めて、こう思うようになりました。



「なんだ。仕事って、別に、楽しくても良いのか」

「私は【働きたくない】のではなかったのか。私の仕事観が、悪かっただけか」



あれから10年。

現在、私にとって仕事とは、世間的な感覚で言えば【趣味】です。

趣味です、趣味。

それ以上、どうして、何か、いろいろと、意味づけを行わないといけないのですか?

そして、今回のような話は、聞く機会が少ないと思います。

仕事観が、ひっくり返ってしまった経験を、したことがある人が、少ないからでしょう。

安心してください。

大丈夫です。



仕事とは、何か?」仕事観も、
書き換えることが可能です。

すなわち。

仕事が辛すぎて「生まれてこなければ良かった」と思うような地獄の人生も、変えることが可能です。



私は10年ほど、こんな記事を書いてきていますが。

私の体感では。

恋愛観よりも、人間関係観よりも、人生観よりも・・

日本人は、仕事観の方が、
洗脳が強いです。

感情的な反応が強いことほど、そこに、根深い思い込みがあります。



私達は、フライパンに関する話を聞いても、
感情的な反応がおきませんね。

なぜか?

私達は、フライパンに対して、根深い洗脳がないからです。

今回の仕事観の話は。



洗脳が根深い人ほど、感情的に、嫌悪感や、反発心が生まれることになります。

そして。

洗脳が根深い人ほど、洗脳が解かれると、人生が大きく変わります。

本当は、こんな話、書くと、感情的に拒絶がでて嫌われるので、書きたくない裏事情がありますが 笑

仕事観の洗脳が解かれることで。



人生100年時代。

働く期間が長すぎる私達において、救われることになる人が、たくさんいることも知っています。

だから、言葉も、きつめでしたが、書いている裏の裏事情があります。

不快な気分にさせてしまったことを、心から、お詫びいたします。

大変、申し訳ございませんでした。

貴方様の人生を、心から、応援しています。

最後まで、ありがとうございました。

感謝しています。




なお、仕事の
ストレス不安を、今すぐ簡単解決したい場合は、以下の記事で。

【今すぐ解決】不安ストレス解消ワーク


〜追記1〜


サラリーマン、フリーランス・・働き方とわず、仕事趣味的な人も、たくさんいます。

ただし、思い出してください。

人口の多数派は「仕事が嫌だ」なので、人前では「仕事?まあ、趣味かな」とは言わないわけです。

私だって、親しくない人に対しては「しんどいですわ〜」とか、テキトーに話を合わせますよ。

でも、実際は、趣味的に通勤している人(隠れ仕事好き)も、たくさんいるわけですね。

大人たちの
建前に、騙されないでください。

つまり、仕事が趣味でも(仕事が好きでも)、別に良いわけですね。


〜追記2〜


日本には、勤労の義務があり「働かざる者、食うべからず」という{ことわざ}もあります。

そして、日本には、中小企業含め。

「創業者社長の娘だから」という理由だけで、1回も会社に行ったことすらないのに。

株主として、毎年、配当金で300万円とか1000万円とか1億円とか、もらっている人も、結構います。

そして、配当金から税金を払っています。

「働く」って、なんでしょう?

世の中の頑固おじさん達は、こう言います。



【働く】とは、社会のために、汗水たらして、我慢しつつ・・俺も我慢している。だから、お前も、我慢しろ!」

日本には、ボールを投げたり、打ったり、または蹴ったり・・遊んでて、年収1億円以上を稼いで、周りからも称賛されている人達がいます。

「働く」って、なんでしょう?

日本には、スマホで取った動画を、動画サイトにアップロードしているだけで、年収1億円以上稼いで、たくさん税金を納めている人達もいます。

「働く」って、なんでしょう?

この記事を書いている現在、まだ始まっていませんが。

将来的には、仮想空間の中で、仮想通貨を稼いで、税金を納め、生活していく若者も出始めるでしょう。

「働く」って、なんでしょう?



仕事とは、何か?】元々、確かな
定義なんて、ありません。

私達がもつ仕事観は、全て【個人的な思い込み】です。

そして今後、テクノロジー進化により・・

もっと「働くとは何か?」定義は、はちゃめちゃになっていきます。

AIやロボット化で、古い仕事は、消えていっているし・・

旧来の労働観が強すぎると、生きづらい世の中になっていきます。

時代の変化が早い!対処法【正解のない時代の生き方のコツ】「生き方の期待値」考え方を仙人が解説



頑固おじさん達は、自分たちは、定年まで、あと少しなので逃げきれるから・・

自分のポジションから「お前なぁ、働くってことはな・・」と、旧来の労働観から説教してきますが。

騙されないで下さい。

洗脳されないでください。

生きづらくなります。



勤労の義務洗脳を解く話は、以下の記事で。

仕事したくない人へ【働かないといけない】洗脳を解く話

仙人「勤労の義務は、アメリカやイギリスなどには、ないからのぉ」




なお、義務については、以下の記事が詳しいです。

【図解】生きるモチベーション3つ【@使命感A義務感B楽しむ】生きる目的の話


〜追記3〜


頑固おじさん達は「
生活のために、嫌だけど我慢して、俺は働いているんだ」と言います。

でも、日本は最低賃金が保障されています。

好きな仕事に就いても、最低賃金は保障され、最低賃金以上を貰えることも多いし・・

好きな仕事なら、年間休日を減らしても、楽しく働けるので、総収入は増えます。

つまり、生活していけます。

「生活のために、嫌な仕事を我慢してこそ、立派な大人だ」は、
建前です。



本音は【世間体のために、嫌な仕事を我慢している】です。

周りの目を気にする他人軸で生きていると、これが発生します。



★自分軸と他人軸★→自分軸とは?他人軸とは?【自己満足vs承認欲求】自分軸で生きる方法

そして。



本音は【
高い生活水準で暮らしたいから、嫌な仕事を我慢している】です。

資本主義の洗脳にかかっていると、これが発生します。



私は現在、走行距離10万キロを超えたボロ軽自動車に乗っています。

そして「雨も防げるし、エアコンついてるし、なんて快適なんだろう」と、いつも思っています。

頑固おじさん達が、自分を良く見せたいがために、ついているウソ(建前)・・

「生活のために、嫌だけど我慢して、俺は働いているんだ」に、騙されないでください。



合理的な思考を身につけ【他人達がついている嘘】を見抜ける人になってください。

自分軸で、生きてください。

資本主義の洗脳を、自ら、解いてください。

【自分軸vs他人軸】や【資本主義の洗脳】は、仕事観とも、絡んでいるからです。

関連記事は、以下です。

【価値観を変える】お金のかからない生き方【@ストレス出費A見栄消費】


〜追記4〜


この話を書いている理由の1つに【増税】があります。

少子高齢化に伴う【増税】が進むと。

「給料上がっても手取り収入は増えない」が加速します。

つまり。

【高い給料のために、嫌な仕事を我慢して行う】のメリットが低下します。

逃げきれる年齢の頑固おじさん達には、無関係の話ですが。

年齢が若い人ほど、この点は、リアルな話であり・・

将来的には、今回の記事のような考え方をする人は、増えていくでしょう。

世代交代が進むなかで、常識は、変化するからです。

以下の記事のとおりです。

社会常識に変化が起きる仕組み【今後10年の社会変化も】35歳までにやるべきこと「大人の頭が固い理由」

その過渡期にあるなか「頑固おじさん達のポジショントークに騙されずに、自分の頭で考えることも、大切かもしれませんよね」という話でした。


★合わせて読みたい★
観念を書き換える方法【転生仙術】

1.
人生観【人生観2種類】頑張るvs楽しむ【苦しみに耐える人生】が嫌になった人へ「人生観の変え方」

2.
お金観【図解】お金に「困らない人vs困る人」原因。スピリチャル潜在意識編

3.
恋愛観恋愛/婚活【同じパターンを繰り返す】原因は潜在意識!スピリチャル編

4.
人間関係観【図解】嫌いな人を消す方法【スピリチャル潜在意識編】人間関係の悩みが途切れない原因

5.
世界観世界観【怖い世界vs明るい世界】心が休まる時がない人へ(不安で緊張しがちな人へ)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「転職しても、やっぱり仕事が辛いんだけど?」


バス子「仕事観/労働観に、問題があるわね」


仙人「関連記事としては、【図解】潜在意識を入れ替える方法(2ステップ)潜在意識を変えたい人へもお勧めじゃよ。」


関連【読むだけでOK】思い込みが激しい人へ【改善する話】
【マジ話】思い込みをなくす方法【客観視で、思い込みを消す】
マジ【自己洗脳のやり方】@消すA入れる「自分をマインドコントールする方法」
勤労は義務か?【引きこもり対策】ベーシックインカム導入後の世界に行ってきた感想
年功序列賃金が崩壊し成果主義になる理由と時期「フリーランス増えるよ」20代30代は必見!
正社員なら安泰ではない【成果報酬賃金と転職が当たり前の時代】生き残れる正社員の働き方/考え方を公開





負の思い込み】を書き換える仙人術



1.観念とは→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?

2.人生観私の人生観が【人生とは苦労して成長するもの】から【人生とは楽しむもの】に変わったキッカケの話

3.お金観私のお金観が変わった時の話【お金で苦労する原因は、お金に対する思い込みのせいだった】

4.恋愛観私が結婚できた理由【恋愛観/結婚観の書き換えでした】「押しつける人」と「歩み寄れる人」の違い

5.人間関係観私の人間関係観は【負の思い込みだらけでした】書き換えのワークをやってみた結果・・

6.仕事観私の仕事観【給料は我慢の対価】楽しく働くことに罪悪感をもった過去を癒した時の話





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他