仕事を辞める勇気とタイミング!私の経験談


スポンサーリンク




スポンサーリンク

仕事を辞める勇気とタイミング

仕事を辞める勇気とタイミング
仕事を衝動的に辞めるのではなく辞める準備を始めよう。


バス男「仕事を辞めるいい訳を皆も悩んでいるな〜。」


バス子「私も仕事を辞めたいけど、言いだすタイミングがないし勇気もなくて・・」


「じゃあ仙人様に【仕事を辞める勇気とタイミング】を聞きに行ってみる?」


「仙人の【仕事を辞める勇気とタイミング】か〜。」







〜仕事を衝動的に辞めるのではなく辞める準備を始めよう!〜

1.仕事を辞める勇気とタイミング

@仕事を辞めたい時には?仕事を辞める方法

■毎日の仕事が嫌で仕方ない場合、「仕事を辞めたいな。でも、「仕事を辞めます!」と言いだすタイミングも勇気もなく、

また、生活のために簡単に辞めるわけにもいかないし」と憂鬱な気分で過ごすことになりますよね。

どうすれば、楽しい気持ち・楽しい気分で働くことができるのでしょうか。

また、どうすれば仕事を辞める勇気がでてくるのでしょうか。会社を去るベストなタイミングとは、いつなのでしょうか。

今回の記事では、仕事や退職に伴うストレスを軽減するコツ・秘訣について、見てみたいと思います。

私の退職経験から仕事を辞める勇気を持つ方法と仕事を辞めるタイミングを見ていこう!



A仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?
■仕事が嫌な場合、「でも辞めるわけにはいかない。なんとか定年まで耐え続けないと・・」と思いながら働くのは辛いものがありますよね。

嫌なものは嫌ですし、耐えがたいものは耐えがたいからです。

また職場というのは小さな村(村社会)のようなものであり、村の中では昔からいる村人(勤続年数の長い古株の社員)が偉く立場も強いため、勤続年数の長い立場の強い社員から嫌われると村八分にあい、会社内に入れなくなる現実がありますが・・

人間関係においては相性もあり、コチラが誠意をもって努力し接しても、相手から一方的に嫌われたり煙がられたりする場合もあり、その場合は「古株社員のAさんから嫌われているかも。Aさんから嫌われたら会社に長くはいれなくなるよ。どうしよう?」と憂鬱な気分で毎日を過ごさないといけなくなるでしょう。

そのようなケースにおいては、1社員である自分が努力しても状況は改善されない傾向にあり、であれば「でも辞めるわけにはいかない。なんとか定年まで耐え続けないと・・」と思えば思うほど、辛く追い込まれてしまうことになりそうです。
※職場内の人間関係の問題含む状況改善の仕事は上司や経営者の仕事であり、上司や経営者が仕事をせず状況改善を放置すれば、理不尽に嫌われた1社員は理不尽に仕事を辞めなければいけない現実がある。

それに無理なほど難しい仕事を押し付けられたり、処理しきれないほどの仕事を押し付けられる場合もあるかもしれません。

それは{仕事の振り分けミス}{人員配置ミス}であり上司や経営者のミスであって、1社員が努力して頑張ろうとしても体調を崩したり燃え尽きて終わるだけとなるかもしれません。

それなのに「でも辞めるわけにはいかない。なんとか定年まで耐え続けないと・・」と頑張ろうとすれば、毎日の出社が憂鬱となってしまうことでしょう。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
1社員の努力では不可能なこともある。それなのに「でも辞めるわけにはいかない。なんとか定年まで耐え続けないと・・」と力めば自分自身が追い込まれてしまう


では、どうすれば良いのでしょうか。
解決策の1つとしては、転職により世間体が悪くなったり収入や休日数が減ることを受け入れ予め覚悟しておき、「理不尽に嫌わ嫌がらせをされ始めたり、理不尽に無理なほどの仕事を押しつけられたりし始め、あまりに状況が悪化すれば我慢せず耐えることなく仕事を辞める!他の仕事に就く」としてしまうことなのかもしれません。

職場によっては、そこまで辛い思いやストレスを溜めずして給料を貰っている人も多くいます。否、大半の人が、そこまで辛い思いやストレスを溜めずして給料を貰っています。でなければ、皆、仕事を辞めることでしょう。

ということは、今の仕事が辛い原因は{そもそも就活で入社する会社を間違えた}もしくは{社内で辛いポジションに押し付けられている}にあることでしょう。

そして1社員では会社の状況も変えられませんし、自身のポジションも変えられないでしょう。

このことは今の職場で努力し状況改善を頑張るよりも、転職により、たとえ収入は下がっても、そもそも頑張らずに普通に働ける職場にいった方が良いことを意味しているのかもしれません。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
ブラック企業で働いているなら失うものなどないため、無理して「でも辞めるわけにはいかない。なんとか定年まで耐え続けないと・・」と思い込む必要はない


1流企業や公務員である役所勤めの人よりも、中小企業やブラック企業で働いている人の方が「毎日の仕事が辛い。仕事を辞めたい」と悩んでいる人が多いことでしょう。

その理由は、本人が甘えているせい!というよりも、そもそも中小企業やブラック企業は労働環境が悪いからだと言える側面もあるのかもしれません。
※公務員は民間で例えると超大企業であり独占企業となる。


別の見方で見てみます。
中小企業に勤めるAさんは、仕事が辛くて辞めたい!と思っています。
一方、大企業に勤めるBさんは、仕事で辛い面は多々あるものの仕事を辞めたい!とは思っていません。

Aさんが甘えているから、Aさんは仕事を辞めたい!と思うことになっているのでしょうか。
答えは、AさんとBさんの仕事を入れ替えればわかることになりそうです。

中小企業で働いていたAさんが大企業に勤め始めると、Aさんは仕事を辞めたい!とは思わなくなったようです。
大企業では仕事の割り振りも休日確保も、きちんとされており、普通に働くことが出来るからのようでした。

一方、中小企業で働き始めたBさんは「仕事を辞めたい」と言い始めたようでした。
中小企業では、仕事の割り振りも適当で、休日や代休が取れないことも黙認され、過剰労働のわりには賃金も安く、社員数が少ないため社風も偏りがちで、離職率が高いなか残っている古株社員達はクセが強く、昔からいる古株社員が横暴な態度をとってもワンマン社長が怒らなければ、なんでもありで・・・

また、いつまで会社が続かもわからない経営状態のため、長く安心して働ける環境ではないこともあって、Bさんは仕事を辞めたい・・・と思い始めたようでした。

つまり、Aさんが甘えているから!ではなく、労働環境・職場環境の問題なのかもしれません。

1個人の努力や頑張り、能力で出来ることなんて、たかがしれているため、全体としての環境の影響力が「仕事を続けられるかどうか」を決定づけている側面が強いのかもしれません。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
そもそも入社から定年まで働く人の割合を見てみよう。少ないなら労働環境に問題があるせいで長く働くことが難しいのかもしれない。

それなのに「定年まで耐えて・・」と頑張ろうとするのは難しいことにチャレンジしており、また、劣悪な労働環境なのに難しいことを頑張ってやり遂げ定年まで働いてもメリットは少ないかもしれない。中小企業は離職率が高い傾向にある



「定年まで頑張って働く!」「骨を埋める覚悟で働く」というのは大企業や公務員の人達の話であって、ブラック中小企業に勤めている場合とは、分けて考える必要があるのかもしれません。

そもそもブラック中小企業であれば、会社自体が、いつまでもつかわからない側面もあるでしょう。

では、どうすれば良いのでしょうか。
「今更転職しても、他に条件の仕事はないし」という場合は、とりあえず期限限定で働く派遣社員の心境になり働くのも、ストレスを減らす1つの方法のようです。

働く期間は、人員削減などにより1人あたりの仕事がさらに増えるなど、「あまりに労働環境が悪くなるまで」です。

そのため、労働環境が悪くならないならば、いつまでも働きますし、理不尽な嫌がらせが始まったり、理不尽に仕事を押し付けられ始めれば辞めることになります。

ブラック中小企業に勤めている場合、これは、ごく当たり前な合理的な考え方ともいえる側面があるのかもしれませんが、終身雇用制度が長く続いた日本社会では、会社自体がいつまで続くかわからないブラック企業や中小企業に勤めている場合でも、「嫌なことがあっても耐えて働き定年まで勤めなければ」と思い込んでしまっている場合もあるのかもしれません。

「職場で、理不尽に嫌われ始めたらどうしよう?」と不安になる必要はないのですね。
そんな酷いことされたら辞めれば良いだけだからです。所詮、ブラック企業や中小企業です。そこまでして、必死にしがみつく意味がないのかもしれません。

「職場で、理不尽に難しい仕事や処理しきれないほどの仕事を、押し付けられ始めたらどうしよう?」と不安になる必要もないわけですね。そんな理不尽なことされ始めたら辞めれば良いだけだからです。

そもそも定年まで働くプランが通用しないブラック中小企業なのですから、どこかで辞める・リストラ・倒産など、どこかで違う仕事に転職することになる可能性も多々あるわけですから、あまりに嫌なことをされ始めたら辞めれば良いわけですね。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
仕事を辞めるタイミング→あまりに職場環境が悪化した時。



B仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?
■では、とりあえずは辞めるまで働くわけで、その間、ストレスを溜めずに働くコツ・秘訣を見てみましょう。

@会社への不満
→「仕事の割り振りがおかしい」「不公平が多い」「休みが少ない」「給料が低い」「無理な業務を命じられる」などなど、
会社への不満にはきりがありませんよね。

長く務める気があれば、「会社が労働環境を改善してくれない!これじゃあ定年までずっと辛い思いをすることになる!」とイライラしながら毎日を送ることになりそうです。

一方、「自分は期間限定の社員で、そのうち辞めるんで関係ないっすね。どーでもいっすよ。」となってしまえば、いちいちイライラしなくて済むことになりそうです。

A同僚への不満
→職場内に嫌な人がいたり、人間関係が上手くいかない人がいると「同僚との人間関係が悪化すると会社に、いられなくなる。どうしよう?」と毎日、憂鬱な気持ちで働かなければいけませんよね。

また、「嫌われないように(嫌われることは会社を辞めないといけないことを意味する!)」と過剰に人間関係に気をつかい、そのこともストレスになりそうです。

一方、「自分、もう、どうせ長く働かないから、どうでも良いっすよ。え!?人間関係?悪化したら辞めるまでですよ。」とわりきれるならば、いちいち同僚の態度などを気にする必要もなくなり、相性の悪い人とは無理して仲良くしようとする努力をやめることもできるため、気が楽になりストレスも減ることになりそうです。

関連記事には職場の同僚と仲良くなれない理由は1つ( 社会人の「友達の作り方」 )があります。

B飲み会への不満
→せっかくの休みの日に会社の飲み会が入ると気分が滅入ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

「定年まで耐えて働かないと」と義務のように感じている人は、「飲み会も仕事だ。嫌で仕方ないけど、いかなきゃ」と全ての飲み会に参加し、気疲れをしてストレスを溜めることになりそうです。

一方、「どうせ長く働く気はないんで。」とわりきることが出来れば、会社の飲み会が続いても「まあ、どうせ辞めるから、次の飲み会は断ろう」と考えることができ、ストレスも減ることになりそうです。

関連記事には、

@会社の飲み会に行きたくない時(会社の飲み会が苦痛な私の対処方法)

A会社の飲み会の断り方4つ(飲み会に参加するのが当たり前のキャラにならない方法)

があります。

C辞めた後の準備
→労働環境が悪化したら辞める場合、それまでの間に「辞める準備」を行っておくことが大切になりそうですね。

仕事終わりに手堅い資格を取得する、投資や副業を始める、社外に人脈を築き転職できるようにしておく・・・など、辞める準備をし準備が整えば、仕事をやめます!という勇気もでてくることでしょう。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
仕事を辞める勇気をだす方法→辞めた後の準備を整えること


今の仕事が嫌な場合、衝動的に辞めたくなる時がありますが、続けられるうちは続け、その間に辞めた後の準備を行っておくことは重要なことだと言えそうです。



C仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?
■さて、現実的に言って、転職を続ければ収入や世間体は下がっていくことになりやすいですよね。

そのため、詳細は勝ち組と負け組みの価値観(自分オリジナルな価値観)にあるとおり、心の中で勝ち組・負け組みのラットレースからおりておき、また、副収入を今のうちから作っておくのも良さそうです。
「残業するな!副業せよ!」ですね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。感謝しています。


〜追記〜
私の場合、仕事を辞める勇気を持てたのは「副業からの副収入が一定額になったから」でした。

また、仕事を辞めるタイミングも「副業からの副収入が一定額になったタイミング」でした。

言い換えると、「
次の仕事が決まったから、仕事を辞める勇気が出たし、仕事を辞めるタイミングもきた」と言えるでしょう。

よって、仕事を辞める勇気を持つには、次の仕事を決める必要があるわけですね。

実際、人事の仕事をしていて、次の就職先が決まってから現在の職場に「辞めます」と言う方が多いですね。

「次の仕事は決まっていないけど、とりあえず今の仕事を辞める」という人との割合は少ないです。

仕事を辞めるタイミングは次の仕事が決まった時!

賢い就職や転職の仕方含め、転職については、

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

の記事が詳しいです。


〜仕事を辞める勇気と決意/会社を辞めるタイミングとは?〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「仕事を辞めるのって勇気がいるよね。」


バス子「上司に言い出すタイミングが難しいものね。」


仙人「関連記事としては、給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)や、月曜朝が仕事で憂鬱!解消(我慢して仕事を続けながら状況を改善していくコツ)もお勧めじゃよ。」


関連採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
転職!成功と失敗の違い(職を変えても続く不満を解決する方法)
サービス残業が当たり前?仕事が終わらない原因(仕事量と給与額が一致しており利益に上限はないから)
企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)
ブラック企業の特徴と見分け方(ブラック企業の見分け方と就職してしまった場合の4つの対策)
ブラック企業の定義と診断法(ブラック企業の診断方法と入社した場合の対策方法)
第二新卒の転職/メリットとデメリット(転職のメリットとデメリットを知ろう!)
就活で失敗しないコツ(就活や転職で就業先の会社に満足するためのコツ・秘訣)
職場の雰囲気が悪い時(社内の派閥争いや対立に巻き込まれない方法)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他