競争社会が苦手で疲れる!人生で重要な仙人道


スポンサーリンク




スポンサーリンク

競争社会が苦手で疲れる!人生で重要な仙人道

■人生で重要なこととは?競争社会で平和に生きる仙人の「生き方」。人生で大切な教えは「仙人道」

競争社会が苦手で疲れる!人生で重要な仙人道
競争社会で平和に生きる「生き方」。



バス男「はぁ、はぁ・・(ドキドキ)」


バス子
「あっ!(前から好きだった店員さんにアドレスを聞くきね。バス男さん頑張って!)」


バス男「あぁ、やっぱり駄目だ。恐くてお姉さんにアドレスを聞くことが出来ない。トホホ。」


「もうっ。男のクセに、なに甘えたこと言ってるのよ?仕事でも恋愛でも、頑張って競争を勝ち抜き、人生の成功を勝ち取らなきゃ駄目でしょ。」


「うっ。・・でも僕は人と競うのが苦手なんだ。僕はただの、根が良い草食系バスで、平和にのんびり生きていけたら、それで良いのに・・。」


「まあ、私も競争は苦手だけど。・・じゃあ仙人に【競争社会の中で平和に生きる方法】を、聞きに行ってみる?」


「仙人様の【人生で重要な仙人道〜競争社会での「生き方」〜】かぁ・・・」







〜競争社会が苦手で疲れた人へ〜

1.争わない生き方!人生で重要な仙人道

@「競争で勝つ」と「幸せになる」は別物です



競争社会が苦手で疲れる私は「
競争しないで幸せに生きる{生き方}」を模索する人生を歩んできました。

競争社会から離脱した仙人道を生きてきて、今、はっきり言えることは「
競争を勝ち抜き勝ち組になること」と「幸せになること」は別物ということです。

仙人競争に勝たなくても、幸せに生きていけるからのぉ」

競争社会を勝ち抜くノウハウと、幸せに生きるためのノウハウは別物です。

例えば、
競争社会で勝ち組になるための方法は、以下の記事ですが・・

価値主義時代の「価値ある人材とは」稼げる/転職先ある人材になるために必要な5つ「20代30代が今すべきこと」

幸せに生きるために必要な記事は、以下の記事です。

底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)



仙人
「「競争社会で勝ち組になれなければ、幸せになれない」という思い込みがあると{競争社会が苦手で疲れる}となりやすいのぉ。狭い山頂を目指さなくても幸せには、なれるからのぉ。「幸せ」は心で感じる感情じゃから・・。」

バス子「山頂(勝ち組)に辿り着かないと、幸せになれない!という思い込みは、恐いわね」



バス男
皆は山頂を目指して競い合い、登っているけど、そもそも、その山は、絶対に登らないといけない山なのか?の大前提を疑う必要があるのか〜」

【就活】みんなと同じで気持ち悪い!日本の就活は異常でおかしいが「社会は厳しい」

仙人「山頂(勝ち組)にしか「幸せ」がないなら、皆と競い合って、狭い山頂を目指す必要があるが・・」

競争せずに幸せに生きる方法は、以下の記事が詳しいです。

私の「競争せずに幸せに生きる方法」競争社会から降りて10年!競争社会が嫌いな人へ【賢い生き方】です

恋愛/婚活で、競争せずに幸せになる方法は、以下の記事で。

普通の人がいない?「恋愛/婚活で競争するな」競争せずに素敵な結婚相手を見つける方法【承認欲求を捨てなさい】

仙人「競争社会の思い込みから自由になる話を、見ていこうかのぉ」


Aそもそも他人とは?
私にとって、他人とはライバルであり競争相手でした。

他人に勝たなければ、テストでは低い偏差値になりますし、部活動でもレギュラーになれないし、志望校にも受かりません。

また、他人との競争に勝たなければ希望先の就職にも就けませんし、ライバルである同性達に勝たなければ好きな異性とも付き合うことができません。


<他人に勝たなければ人生の負け組みに転落だ!>
→そう思うから、幸せになりたいから、私には、ライバル/競争相手である他人に勝つ必要がありました。

そして「勝ちー負け」は、他人との相対的なものであるため、勝つためには、他人以上に頑張る必要があるようで・・

私は、頑張り勝って、幸せになりたいから、「ライバルである他人に負けたくない!勝ちたい!」という【競争心】と、「頑張らないと負け組みになってしまうぞ!」という【恐怖心】をモチベーションに、人生を頑張り続けるのでした。


〜私の頑張る原動力〜
@「ライバルである他人に負けたくない!勝ちたい!」という【競争心】
A「頑張らないと負け組みになってしまうぞ!」という【恐怖心】


頑張って走り続けていないと、ライバルである他人に負けてしまうから。
私は、ライバルである他人を見ては「この人に負けたくない!勝ちたい!」と競争心を燃やし頑張り、競争相手となりうる他人を見ては「頑張らないと、この人に負けてしまうぞ!」という恐怖心を煽り、頑張り続けるのでした。


<他人は競争相手/ライバルだ!>
→そのような競争心や恐怖心を頑張るモチベーションとして活用し、長い間、人生を生きてきた私はいつしか、他人のことを【ライバル/競争相手】として、見るようになっていたのでした。

そして、他人のことが【ライバル/競争相手】として見えるから、この世界が【(ライバル/競争相手である)他人と競争する舞台】に見えることになり、私はいつしか「人生とはライバルである他人と競い合う舞台である」とも思い込むようになったようでした。


<この世界は競争社会だ!人生とはライバルである他人と競い合う舞台だ!>
→私は、この競争的な社会(なハズ)である現実世界の中で。
ライバル/競争相手(なハズ)である他人に勝とうと、頑張り続けているようでした。社会の荒波に呑まれてしまってからというもの・・


・・まだ幼い小学生の頃、私にとって他人は「仲間」なのでした。
みんな、遊び相手であり友達であり仲間なのでした。

子供時代の私にとって、この世界とは、「仲間」である皆と、ともに協力し合い、楽しむ世界だったのでした。そのため皆と協力して鬼ごっこしたり、野球したり・・していたのでした。



他人とは、競争相手/ライバルなのでしょうか?
それとも他人とは、仲間なのでしょうか?

そもそも、他人って?


この世界は、人生は「ライバルである他人と競争する舞台」なのでしょうか?

それともこの世界は人生は「仲間である他人と協力し合う舞台」なのでしょうか?

そもそも人生とは?


世の中は競争社会と言われています。そのなのでしょう。
そして、競争社会は、もしかしたら、私達の心の中に存在しているのかもしれません。

競争社会が苦手で疲れる理由→心の中で他人達と競争しているから。

他人のことを「ライバル/競争相手」と認識し、「勝ち残るのは、いつも1人だけ」と思い込み、「勝つためにはライバルである他人を負かさなければならない。人生とは競争する舞台である!」と思っており・・

人生で頑張るためのモチベーションに@「ライバルである他人に負けたくない!勝ちたい!」という【競争心】や、A「頑張らないと負け組みになってしまうぞ!」という【恐怖心】を活用し続けているならば、

私達には、この世界が、いつしか競争的な世界に見えることにもなるのかもしれません。

※人生で頑張るためのモチベーションを@「ライバルである他人に負けたくない!勝ちたい!」という【競争心】や、A「頑張らないと負け組みになってしまうぞ!」という【恐怖心】に依存している場合は、頑張り続けていたいがために無意識のうちに、ライバルとなりうる他人を、常に見つけ出すことになるから。



一方で、全ての他人のことを「大切な仲間」と認識し、「ともに勝つwin-winの道を探ることが大切である」と思い込み、「両者がともに幸せになれるwin-winの道を見出すことは可能である。人生とは協力し合う舞台である!」と思っており・・

人生で頑張るためのモチベーションに奉仕/貢献欲を活用し続けているならば、
関連男性/女性の人生の生き方(なんのために生きる?頑張る?)


私達には、この世界が、いつしか愛に満ち溢れた世界に見えることにもなるのかもしれません。



Aどう生きるか?〜人生で重要な仙人道/競争社会での「生き方」〜
■人によって「この世界の見え方」というのは、異なるのかもしれません。

ある人には、この世界が、競争的な競争社会として見えるかもしれませんし、また、別の人には、この世界が、愛に満ちた世界に見えるかもしれません。

その、どちらともが正しく、

ただ、両者は、この世界を、それぞれの<心のフィルター>をとおして見ている・・のかもしれません。

他人とは、競争相手/ライバルなのでしょうか?
それとも他人とは、仲間なのでしょうか?

そもそも、他人って?


この世界は、人生は「ライバルである他人と競争する舞台」なのでしょうか?
それともこの世界は人生は「仲間である他人と協力し合う舞台」なのでしょうか?

そもそも人生とは?


全ての他人を「大切な仲間」と認識し、「大切な仲間」である他人の幸せを願いながら、{愛する対象}を自分だけに限定することなく他者へと広げ・・【愛するー愛される関係】【ともに繁栄するwin-winの関係】を構築していき、「仲間である他人と協力し合う舞台」である人生にて、幸せの花を咲かせていけると素敵ですよね。


〜追伸〜
→私達は子供の頃から、スポーツや受験で競争させれてきました。
恋愛も、結局は弱肉強食の競争世界で、モテる人が良い思いができるため、競争の原理が働きます。

だから、【他人は仲間】なのに【他人はライバル】と思い込んでいる部分もあるのかもしれません。

特に、ブラック家庭で育ち、ブラック企業で働き・・とブラックな環境にいると「他人には頼れない」「他人は信用できない」となり、「他人は仲間」とは思えなくなりやすいようです。

以下の記事にあるとおりですね。

人間社会は弱肉強食で適者生存!どう生きるか?私の事例(厳しい環境での生き方)

したたかな男女とは?ブラックな環境でもしたたかに生きる方法(したたかに生きる処世術)

ブラックな環境にいると、他人を信用できなくなっていくよ。

すると、どんどん、自分の個人的な世界観が「他人は信用できない。この世界は弱肉強食の世界」となっていき・・「競争社会は疲れる」となっていきやすいようです。

少しづつ、個人的な世界観を素敵なものに変えていくこと。
そのことが、この世界を、平和な世界に変えていくことに繋がりそうですね。

個人的な世界観について詳細は自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)にて。


また、競争社会が苦手で疲れる人には、副業や投資もおすすめです。

副業や投資で稼げるようになると、人生に{第三のスペース(自分の居場所)}が出来て、厳しい競争社会からの逃避場所が出来るからです。

「収入源が会社の給料だけ」だと逃げ場がなくて辛いですものね。

投資や副業については、以下の記事がおすすめです。

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「ふむふむ。人生で重要なことは、1番のライバルである自分自身に打ち勝つことなのか。」


バス子「良い言葉かもしれなけど・・そんなことは書いていなかったわよ。」


仙人「関連記事としては、愛とは何か?名言(人生の繁栄は愛を広げること)や、自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)、それに人間関係/コミュニケーション改善の言葉/名言(他人に対する認識の仕方)もお勧めじゃよ。」


関連自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)
もう疲れた!人生に疲れた時は生き方を変えよう(将来は「なんくるないさ〜(何とかなるさ)」)
上昇志向が強い人の心理とデメリット(向上心に対する正しいスタンスとは?)
精神的に弱い人の特徴と強くなる唯一の方法(嫌われる勇気を持ちなさい)
結婚も仕事も覚悟ができない理由と対処法(「理由」はいらないが「覚悟」はいるよ)
底辺生活から成り上がりたい!成り上がる方法(底辺から脱却する2つのコツ)
処世術とは?ごますり上手な人の特徴5つ(世渡り上手な男女の共通点)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他