社会の仕組み  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

社会の仕組み

■社会/世界/世の中/経済の仕組み・成り立ちとは?世界経済・地域社会の構造を知りたい!学びたい!

社会の仕組み
この世界/社会は、皆の独自長所を生かし合って成り立っている


バス男「ふ〜む。なかなか見つからないな。女子比率が異様に高い、町や村。」


バス子「なにを検索してるの?バカじゃないの?」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕は女子比率の異様に高い、町や村に移住したいんだ。「恋は相対評価」って言うし・・」


バス子
「仙人・・村・・。そういえば、この前仙人が【社会の仕組み〜この世界/社会は、皆の独自長所を生かし合って成り立っている〜】について、話していた時に、村の話が、、、」


「仙人様の【社会の仕組み】についての話?」


「うん。仙人が言うにはね・・」







〜この世界/社会は、皆の独自長所を生かし合って成り立っている〜

1.社会の仕組み

@{なんでも出来る君}と10人の村人

あるところに、11人の若者がいました。

1人は、なんでも要領良くこなせる能力の高い{なんでも出来る君}です。
その他10名{A男〜J男}は、平凡な人達でした。

{なんでも出来る君}は、「お前ら凡人達と暮らしたら、俺が損することになるから、俺は1人で暮らすぜ。俺は、なんでも要領良く出来るから、1人でやっていった方が、自分にメリットがあるよ。」と言い、1人で暮らし始めました。

一方。
平凡な10人の人達は「皆で協力し合って暮らしていこう!」と言い、{10人村}を作り、共同生活を始めました。
村を作った当初、村の中で話し合いが行われました。

A男→「自分で、なんでもかんでも、全部する必要はないよね。」

K子→「うん。自分が{苦手なこと/嫌いなこと}が、{得意なこと/好きなこと}である人もいるのだから、自分が{苦手なこと}は、それが得意な人にやって貰えば良いと思う。」

I子→「そうよね。私は、モノ作りや機械、パソコンなどは苦手だけど、{歌を歌うこと}なら得意だし好きよ。」

J男→「自分は自分の得意なことをすることで、皆で貢献し合う村を作っていこう!」

この話し合いをキッカケに、村人10人は、それぞれ「自分の得意なこと/好きなこと」を模索し始め、「自分の得意なこと/好きなこと」に磨きをかけていき・・
それぞれが「自分の得意なこと/好きなこと」をすることで、貢献し合う村作りを行うことになっていきました。


A男→「俺は、家を作ることに興味があるから、家作りを担当するよ。」
B男→「僕は、電化製品マニアだし、電化製品の専門家になる!」
C男→「じゃあ俺は、エネルギー関係に惹かれるから、電気やガスのエキスパートを目指すよ。」
D子→「私は、服が好きだから、服作りをしたいな。」
E男→「米や野菜作りなど、農業は俺に任せて!」
F男→「・・じゃあ僕は、車やバイクをいじるのが好きだから、車やバイクを専門とするよ。」
G子→「私はパソコンや携帯の世界に興味があるから、ネットや携帯のプロを目指すね。」
H子→「美容関連に惹かれるから、私は美容師になるわ。」
I子→「私は、いろいろと出来ないけど、歌だけは得意なの。私は自分の歌に磨きをかけることで、皆に貢献するね。」
J男→「僕はゲームに関しては情熱を感じるんだ。だから、ゲームの開発やゲームセンターの運営は、僕がするよ。」
K子→「私は、誰かを助けたり癒したりするのが好き。だから、医療のエキスパートを目指すわ。」


こうして村人10人は、それぞれ自分の専門分野を決め、村での生活を始めました。

村人10人は、上記の、自分の{得意なこと/好きなこと}を専門職とし、毎日取り組むことになったため、その分野での腕が日々磨かれていき、仕事の効率も良くなり、仕事の質も上がっていきました。

その結果。
10人の村では、皆の専門分野での貢献を享受できる生活となっていきました。

具体的には・・・
A男の作る立派な家に住め、B男C男のお陰で快適な電化製品に囲まれ、D子の作る質の高い服を着て、E男の創る美味しい米と野菜を食べて暮らせることになりました。

また、
F男の作る車やバイクで移動でき、G子のお陰で携帯やネットも使えます。

みんなの髪も
H子が切ってくれるため、お洒落な髪型でいられるし、I子の歌がスピーカーから流れ、癒されます。

休日には、
J男のお陰でゲームセンターで遊ぶこともでき、もし病気になっても、医療に詳しいK子がいるから安心です。

10名{A男〜J男}は、平凡な人達でしたが、それぞれが「自分の得意なこと/好きなこと」を発見し伸ばし、貢献し合う村作りを行っていったため、自分1人では、到底達成出来なかったであろう、質の高い快適な暮らしが出来るようになったようでした。



さて、一方。
{なんでも出来る君}は、「俺は能力が高く、1人で、なんでも要慮良く、やっていけんだ!」と自信満々で、1人での生活を始めたのですが・・

実際は、自分で家を作りつつ、かたや一方で、食料調達のために畑仕事もしつつ、着る服も作らねばなりませんから、忙しくて時間が足りないようです。

なんとか自分で作ってみた家は、素人仕事のため掘っ建て小屋となり、雨が降ると雨漏りし、冬は隙間風が寒いし、地震がきたらすぐに倒壊しそうで、恐くて眠れないようです。

また、米や野菜作りも専門ではないため、働いた時間の割には収穫量が少なく、味もいまいちです。
服も、服作りなんて、よくわからないためボロボロの服しか作れません。

結局、{なんでも出来る君}は、自分で髪を切るためにボサボサの髪型にて、ボロボロの服を着て掘っ建て小屋に住みつつ、ちょっとの米/野菜で食いつないでいる状態のようです。

電化製品や車、インターネット、ゲームセンターなんて、夢のまた夢のようです。

また、もし病気になれば、病気になった後から自分で独学にて、医療の勉強を1から始めなければならないため大変です。

{なんでも出来る君}は、「あれ、おかしいな。俺は能力も高く要領だって良いのに、なぜ、「快適な暮らし」とはほど遠い、「生きていくのがやっと」の生活をすることになっているんだ?」と疑問に思いつつ、それでもとりあえず、食べていくために、今日も必死で全部を1人でこなそうと頑張っているようです・・。



A社会の仕組み/構造
■人間1人1人は、ライオンほど強くないし、チーターのように早く走れません。鳥のように飛ぶことも出来ません。

人間1人1人は、たいしたことないのかもしれません。
それでも人類は、これほどまでに、人間社会を発達させてきました。

その理由の1つは、私達人間が、互いの独自長所にて貢献し合う人間社会を構築してきたから・・とも言えそうです。

言い換えると、皆で役割分担をし、それぞれが、自分の役割に邁進することで社会に貢献し合ってきたから、、、人間1人1人は、たいしたことないのかもしれませんが、人間社会は、これほどまでに発達することになったのかもしれません。

日本や世界の社会の仕組みは互いに独自長所を出し合って構築されている!

たとえば家作り。
各自が、それぞれ1人で自分の家を作る場合、「家の設計図作成」から、材料となる「木を切る仕事」、「切った木を運ぶ仕事」、「レンガ作り」から、「ネジを作る仕事」、「大工道具の材料となる鉱石を採取する仕事」、「鉱石を加工し大工道具に仕上げる仕事」、「材料を組み立てる仕事」などを、全部1人でしなければなりません。

これらを全部1人でやると、素人仕事のため仕事の質も下がり、仕事効率も上がらず、立派な家を建てることなど、出来そうもありません。

一方、家は皆が必要なものであるため、皆で協力し合って役割分担をし、家を作るならば・・

「家の設計図作成」ばかりを専門にする人。

「木を切る仕事」を専門にする人。

「切った木を運ぶ仕事」を専門にする人。

「レンガ作り」を専門にする人。

「ネジを作る仕事」を専門にする人。

「大工道具の材料となる鉱石を採取する仕事」を専門にする人。

「鉱石を加工し大工道具に仕上げる仕事」を専門にする人。

「材料を組み立てる仕事」を専門にする人。

と、各自が、自分の{能力/好きなこと}などを加味しつつ各分野の専門家となって、日々、その分野ばかりの仕事に取り組むことになるため、仕事の効率も質も上がっていき、立派な家を、1人で作る時より短時間で、また安い費用で作ることが出来そうです。


私達の社会は、各自が、自分の{能力/好きなこと}などを加味しつつ各分野の専門家となり、その専門分野から貢献し合うことで、成り立っている社会なのですね。

例えば、他にもラーメンで考えてみると・・
自分で、1から調べつつ、材料を買ってきて塩ラーメンを作っていくならば、時間もお金もかかるうえに、味も美味しくない塩ラーメンが出来ることになりそうです。

一方、365日、毎日毎日、塩ラーメンばかりを作っている塩ラーメンの専門店では、自分で作るよりも美味しい塩ラーメンが、短時間にて安い値段で、テーブルの上に並ぶことになりそうです。
なにも、自分で塩ラーメンまで作る必要は、ないのですね。


〜それぞれが、自分の{得意なこと/好きなこと}を生かし各分野の専門家となり貢献し合うことで、この社会/世界は成り立っている〜


私達人間には、人それぞれで{得意/苦手}や{好き/嫌い}があるようです。
そして、自分が{苦手なこと/嫌いなこと}が、{得意なこと/好きなこと}である人もいるようです。

好みや、得意・不得意は、本当に人それぞれだからでしょう。

そのため、全ての分野におけるプロフェッショナルとなり、全部を自分で行う必要は、ないのかもしれません。

自分が{苦手なこと}は、それが得意な人にやって貰えば良さそうです。
自分は、自分の得意なことをとおして、他人や社会に貢献すれば、良いのかもしれません。


この社会は、1人1人が、己の独自長所を行かせる仕事を行うことで互いに貢献し合い、そのことで成り立っている社会であり・・それは、会社規模でも、そのようです。

例えば株式会社ゼンリン。
この会社は、ひたすら地図作成に頑張っている会社ですが、(株)ゼンリンが、もっぱら地図作成のプロフェッショナルとして活動してくれるお陰で、私達も他の企業も、地図作成を自分でせずとも、安価な値段でカーナビ等の地図を活用することが出来ます。

例えば株式会社一蘭。
この会社は、ひたすら「とんこつラーメン」の研究/開発/提供を行っている会社ですが、(株)一蘭が、もっぱら「とんこつラーメン」のプロフェッショナルとして活動してくれるお陰で、私達は「とんこつラーメン」を自分で研究/開発/調理せずとも、安価な値段で高品質な「とんこつラーメン」を食すことが出来ます。

それぞれの会社が、それぞれの独自長所を生かした独自の分野で貢献し合う形で、私達の社会は構成されているのですね。

そしてそれは、世界規模でも、そのようです。

それぞれの国が、それぞれの独自長所を生かし貢献し合うことで、世界は成り立っている側面もあるのかもしれません。

例えば、アラブ諸国は石油を採掘・輸出することで、日本などは機械を製造、輸出することで・・ハワイなどは、観光分野を洗練させることで、互いに世界に貢献し合っているようです。



B自分探し 〜社会の仕組み/構造〜
■自分の独自長所を探し発見し、伸ばし・・その独自長所を生かして他人や社会に貢献しつつ働けている時、人は、給料額以外でも、精神的な充実感を感じることになるのかもしれません。

社会貢献/奉仕に惹かれる理由(貢献や奉仕が幸せに繋がる理由)のとおり、究極的には、全ての人達が、自分と同じ1つの存在だからでしょう。
つまり究極的には、他人への奉仕は、自分自身への奉仕でもあるのかもしれません。


さて、私達は仕事を選ぶさい、「給与額」や「安定度」、「世間体」を重視して仕事を探す傾向にあるようです。
そしてその時、自分の{得意なこと/好きなこと}を生かし各分野の専門家となり、他人や社会に貢献するという観点が、抜け落ちていることもあるのかもしれません。

「給与/収入」「世間体」というのは、仕事をとおして得られるものの1つにすぎず、また、「給与額/収入額」「世間体」というのは、外側からつけられる自分に対する評価の1つに、すぎないのかもしれません。

つまり、「給与額/収入額」「世間体」だけで、その仕事をしている際の{満足度/充実度}が決まるわけではないのですね。

「給与額/収入額」だけで、その仕事をしている際の{満足度/充実度}が決まるのは、生活水準が収入に見合わず高い場合か、お金に価値の重きを過度・過剰に起きすぎている場合か、{仕事とは、生活費/娯楽費を稼ぐ手段}と思い込んでいる場合か・・のいずれかである場合が、多いようです。


世の中金だ!」「高い生活水準ほど素晴らしい!」「新製品ほど素晴らしい!」などの資本主義社会の洗脳や、自身の既存の価値観/思い込み、他人の目の縛りから自由となっていき・・自分の{得意なこと/好きなこと}を生かし各分野の専門家となり、他人や社会に貢献しつつ働くようになると、「給料額/お金」以外の面でも、精神的な充実度や満足度を、仕事から得られることにも、なるようです。
関連お金を使わない生活(資本主義経済とお金)
物を捨てる前に(恥/人の目の真実)

そして、そのような、「給与額」や「安定度」「世間体」だけを重視して仕事を選ぶのではない場合。
以下の点も考慮し、職探しを行っていくことも、悪くはなさそうです。


@自分の得意なこと/好きなことは?
→自分の苦手なこと、嫌いなことを仕事として取り組んでも、毎日嫌な感情を感じることにもなりそうですし、仕事に関するスキルや能力も向上しにくいのかもしれません。

多様性に富むこの世界では、自分が苦手なことが、得意なことである他人がいるようです。

自分の苦手なことは、既に、誰かがやってくれていることでしょう。にも関わらず、なにも、わざわざ自分が、自分の苦手なことを仕事として取り組む必要はないのかもしれません。
関連苦行は辞めなさい

自分は、自分の得意なことをすることで他人や社会に貢献する・・それでも、良いのかもしれません。

自分の得意なことや、好きなことを仕事として取り組むならば、毎日、楽しい感情を感じることにもなりそうですし、「好き!得意!」だからこそスキルや能力も向上し易く、スキルや能力が向上すれば、より、他人や社会に貢献することも可能になりそうです。


A情熱をもって取り組めることは?
→世の中や他者へ貢献する場合のみ、会社は売り上げが発生し、その売り上げの中からお給料が発生するため・・お金(給料)というのは、世の中や他者への貢献の対価とも言えそうです。

つまり、仕事として取り組む以上、世の中や他者に対して、貢献出来る必要があるわけですね。

「好き/得意」と「実際に、世の中や他者に貢献出来る」には違いもあり・・だからこそ、仕事として取り組む以上は、世の中や他者に貢献出来るレベルまで、自分の「好き/得意」を伸ばしていく必要がありそうです。

そして、自分の「好き/得意」を、他者や社会に貢献出来るレベルまで伸ばしていくには、何年もの間、コツコツと取り組む必要があることも多く・・その何年もの修行期間を乗り越えていくためには、‘情熱’も必要となる場合が、ありそうです。


書籍「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏によると、情熱とは「愛」と「憎しみ」から生まれる感情でも、あるそうです。

金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします(書籍「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー)

だからでしょうか。

「医療で貢献したい!」という気持ちと、「病気で苦しんでいる人達がたくさんいる社会が、嫌になる!」という気持ちが交わると、医療に対する情熱が生まれてくることもあるようですし・・

「子供達の教育に貢献したい!」という気持ちと、「既存の教育には、問題がある!」という気持ちが交わると、教育に対する情熱が生まれてくることも、ありそうです。


Bニーズがあるか?
→たとえ自分の「得意なこと/好きなこと」であっても、その「得意なこと/好きなこと」に対して、他人や社会のニーズがなければ、他人や社会に貢献することが出来ません。

貢献の対価が収入でもあるため、貢献出来なければ、収入にならず自己満足の趣味ともなりそうです。

「自分の「得意なこと/好きなこと」で、尚且つ、他人や社会に、求められていることはなにか?」と自問してみるのも、良さそうです。


C良心が、それをすべき!と囁いているか?
→本当は、私達の潜在意識は、己の成すべきことを、知っているのかもしれません。
だからこそ、私達の潜在意識や良心が、「貴方は、その仕事をすべき」と囁いている声を無視せず拾うことも、大切となりそうです。

・・そして、良心なく、あるのは破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」だけの場合、間違った囁き声が、聞こえてくることもあるようです。
関連繁栄原則と破滅原則(2つの原理原則)



Cまとめ 〜社会の仕組み/構造〜
■私達の社会は、1人1人それぞれが、それぞれの自分の持ち場/役割を、こなしていくことで成り立っている社会でも、あるのですね。

このことは言い換えると
自分の成すべきことを成しなさいとも言えるのかもしれません。

私はついつい、自分の持ち場/役割を離れ、自分の成すべきことをやっていないのに・・他人には偉そうにお節介を焼いたり、口先だけ介入をしたり、政治に対しては批判をしたり・・としてしまいます。

地域の伝統行事などで、神輿を担ぐ場合、1人で担ぐ必要も、1人だけが頑張る必要もなく・・・ただ、神輿を担ぐメンバー1人1人が、それぞれの自分の持ち場/役割を十全にこなしていくことが、大切となるようです。

私達の社会においても、1人で支える必要も、1人だけが頑張る必要もなく・・・ただ、社会を構成しているメンバー1人1人が、それぞれの自分の持ち場/役割を十全にこなしていくことが、大切となるのかもしれません。


まずは、自分の成すべきことを成すことが大切・・。
そして、私達の成すべきことの1つは苦行は辞めなさい幸せ人生仙術のとおり、「自分が幸せでいること♪」でも、あるのかもしれません。

自分が幸せでいることにより、周りの人達に、自然と{笑顔・幸せ・感謝・思いやり・優しさ}のおっそわけをしていく・・そのためにも、楽しみつつもコツコツと、心の仙人/仙女修行の方も、精進していけると良さそうですよね。

さて、社会の仕組みに関する記事としては、以下の記事もおすすめです。

@人間の行動原理/行動心理の裏(社会システム次第で行動が決まる?)

A格差社会から階級社会になる日本(格差がもっと広がったら、どうなる?)

B戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)


〜追記〜
今回の記事とは、また別の視点から、社会の仕組みについて見ていく記事があります。

格差が広がり続ける理由や、その対処法についての記事ですね。

@資本家/投資家階級から労働者階級が搾取される仕組みは江戸時代から(格差社会と階級社会の真実)

A日本の労働者階級を抜け出し富裕層になるには?2つの方法(労働者階級から抜け出る方法)

B日本人が働きすぎる理由!戦国時代から続く過労死への対策(3つの原因)


〜社会/世界/世の中/経済の仕組み・成り立ち〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は、11人目の村人として、みんなに世話をしてもらいたいなぁ。」


バス子「バス男さんからも、なにかしらの面で貢献した方が、バス男さん自身も幸せになれるかもしれないわね。」


仙人「楽しみつつもコツコツと、精進していけると良いのぉ。」


関連インターネット投票選挙を反対する人の理由(政治が変わらない理由)
社会主義・民主主義・資本主義の違い(国のシステム)
日本経済と世界経済の真実(スポーツと食料)
世界を変える方法!社会を良くするには身近な人を大切にすること(【優しさ】の輪)
勉強する意味!私の勉強する理由(将来、役に立たない勉強を学校でする理由)
副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)
月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他