精神安定方法と食べ物  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

神安定方法と食べ物

■気持ちを落ち着かせる方法。精神の安定サプリメントや薬、ハーブ、音楽、食べ物・飲み物・お酒、ツボ。

精神安定方法と食べ物
体<心<信念。自己責任の覚悟。



バス男「あ〜落ち着かない。心が落ち着かず精神が安定しないよ。」


バス子「じゃあ、仙人の【精神安定方法と食べ物】についての話を聞いたら?」


バス男「ほ〜。仙人様の【精神安定方法と食べ物】についての話・・・」







〜体<心<信念。自己責任の覚悟〜

1.精神安定方法と食べ物

@精神不安定の主な原因
■私は、気分の上下や、気分の揺れ動きの激しい人生を生きてきました。

精神状態が不安定であったため、「これをやろう!」と思っても、その後、「はぁ〜。やっぱりなんだか、元気が出ないし気分ものらないから・・」とコロコロ移り変っていました。

続けるコツ/技術とは正反対の人生を生きていました。

また、精神状態が不安定なためイライラもしやすく、

「仕事で、今日もイライラさせられる!」

「親や友人の勧めで○○を始めて・・結果がコレだからな。最悪。」

「世の中が不景気のせいで、就活・転職も難しいし将来も不安だし、給料も生活水準も下がる・・。最悪だな。」

などと、いつも愚痴を言っていました。

そして・・
上記のとおり
愚痴の大半は責任転嫁のようでした。

「自分が幸せでないのは、○○のせいだ!私のせいではない!」と{自分が幸せでない理由}を自己責任と捉えるのではなく、他人や世の中に責任転嫁する行為が愚痴のようでした。

愚痴とは? → {自分が幸せでない理由}を他人や世の中に責任転嫁する行為

つまり「愚痴を言う」とは、「私は自分の力では幸せになれませ〜ん。」「私は無力で〜す。私は、自分の力では幸せになれない無力な存在です。」と宣言しているようなものだったのです。

愚痴を言うたび毎回、「他人や社会が‘私のため’に変わってくれないと、私は自分の力では幸せになれない!私は無力だから。」と私は宣言していたのでした。

しかし、‘私のため’や‘私の自己都合’に合わせて、他人や世の中は変わってくれないようでした。
私1個人の幸せのために、他人や世の中は変わってくれなかったのです。
そのことを、己の人生から痛いほど知ります・・。


‘私のため’や‘私の自己都合’に合わせて他人が変わってくれるのは、中学性の頃まで・・なのかもしれません。



「生き方を変えよう。」
仙人/仙女修行などを行っていく中で、今後は、己の幸せを、他人や世の中に依存しない生き方をしていこう!と覚悟を深めていきました。
関連恋愛が辛い理由(異性欲と依存)

それは、他人や世の中、現状や状況、現象に己の幸せを振り回されずに、いつも心の中は幸せな状態をキープするための心の仙人/仙女修行でもありました。

そして仙人/仙女修行が進むにつれて、以前に比べれば、ですが精神が安定してきたのでした。

心が乱されない精神安定状態で生きていけるようになった理由の主な原因は、【信念/心/体】に関する精神安定方法によるものでもありました。

精神安定方法と食べ物について見ていこう!



A信念 〜精神安定方法と食べ物〜
自己責任論は嘘?にあるとおり、
本人には責任はないけど、結果的に、本人が責任を取らざるをえなくなるのが、目の前に広がる痛いほどリアルな4次元世界の現実であるようです。


・・誰しもが愚痴を言ってしまいますよね。
しかし、愚痴を言ってもしかたないのかもしれません。

【自分の人生】について自分で責任をとる覚悟を、心底もち「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めると、愚痴を言う機会が減るようです。


「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と心底覚悟を決めていれば・・「はぁ〜、夫が悪いせいで、私は幸せになれない・・。」「上司のせいで、今日もイライラさせられる!」なんて愚痴がでる機会も減るのかもしれません。

「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と心底覚悟を決めているならば、

「夫が悪い状態でも、私は私で、幸せに生きていくにはどうすれば良い?」

「夫婦は互いに影響し合う。私が変われば、夫もその影響を受けて少しは変わるハズだ。私が変わったのに、その影響をまったく夫は受けない!なんてありえない。私が変わらなきゃ!」

「上司が無能でも、私は私で、幸せに仕事をしていくにはどうすれば良い?」

憧れの人や憧れの女性/男性になる方法(時空間仙術)にあるとおり、私が変わることで、私の時間と空間が変われば、自然と今の上司とは部署なども変わるだろう。時空間を共有できない2人は自然と離れていく。それが法則だから。まずは自分が変わらないと!」

と、
どうすれば幸せな状態で生きていけるか?を考えるようになるようです。


日本社会は個人主義ではなく全体主義でもあるため、自己責任の概念が薄いのかもしれません。
日本では、政治家を始め、誰も責任をとらずになぁ〜なぁ〜でまわっていくところがあるのかもしれません。
これは良い面もあるようです。

しかし、「自己責任の概念」・・本人には責任はないけど、結果的に、本人が責任を取らざるをえなくなるという部分は自覚していた方が、幸せになりやすいようです。

自己責任の考え方は、一見、厳しい考え方のようにも思えますが、
本人には責任はないけど、結果的に、本人が責任を取らざるをえなくなるという現実の世界においては、自己責任の概念が薄い方が、逆に人生が辛く苦しいものになってしまうようなのです。


「私は、旦那が悪いせいで幸せになれない!」
→そうですね。悪いのは旦那かもしれません。
そして、誰のせいであろうと{不幸せな感情}を経験することになるのは当人様です。

「上司のせいで、今日もイライラさせられる!悪いのは上司だ!」
→そうですね。悪いのは上司かもしれません。
そして、誰のせいであろうと{不幸せな感情}を経験することになるのは当人様です。

「親や友人の勧めで○○を始めて・・結果がコレだからな。最悪。」
→そうですね。悪いのは親や友人だと思います。
そして、誰のせいであろうと{不幸せな感情}を経験することになるのは当人様です。

「世の中が不景気のせいで、就活・転職も難しいし将来も不安だし、給料も生活水準も下がる・・。」
→そうですね。悪いのは世の中ですよね。
そして、誰のせいであろうと、{不幸せな感情}を経験することになるのは当人様です。


{本人には責任はないけど、結果的に、本人が責任を取らざるをえなくなる}という現実の世界においては、自己責任の概念が薄い方が、逆に人生が辛く苦しいものになってしまうようです。

累計販売数何千万部の書籍/「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズで世界的に有名なロバート・キヨサキ氏は、自己責任の概念について、「大人になれよ・・。」と述べているようでした。

金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします(書籍「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー)

彼は、自己責任の概念が薄い人や責任転嫁をする人を「大人になれよ・・。」と批判しているのではないと思うのです。

「【自分の人生の幸/不幸】の責任を、自分でとる!!と覚悟を決めた方が、逆に幸せに近づくんですよ?」とアドバイスしているのだと思うのです。


自己責任の概念が曖昧な状態ですと、もっている能力もフルに発揮できないようですし、本人様にとって、マイナスになってしまうようなのです。

誰か他人や世の中、政府に、己の幸せを依存して任せていると、自身の潜在意識は、「別に、私(潜在意識)が頑張らなくても良いよね。他人や世の中、政府に幸せにしてもらえば?」と考え、能力をフルに発揮しない場合もあるようなのです。

一方、 「私は、【自分の人生の幸/不幸】の責任を、自分でとる!!」と覚悟を決めていると、自身の潜在意識が、「じゃあ、私(潜在意識)が頑張ることで、なんとか幸せになっていかないと!」と頑張り始め、能力をフルに発揮し始めるようです。



心底、「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めよう!

その方が、人生が幸せになっていくようなのです。
その方が、精神状態も安定しやすくなるようなのです。

心底、「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めれば、今までなら愚痴を言う場面にて
どうすれば幸せな状態で生きていけるか?と考えるような思考回路にもなっていくようです。

人生は夢にあるとおり、誰しもが死の直前になって、
「他人からの目や評価なんて、本当はど〜でも良かったんだ。」
「だったら‘他人が自分に望んでくる人生’を生きるのではなく、もっと自分が本当に納得した‘自分が自分に望む人生’を生きれば良かったな。」
と悟るようです。

もう、他人の目や評価は、気にしなくても良さそうです。
結局私達は、現実に起きている事象や現象がどうであれ、ただただ、人生を通して、「どんな経験をしてきたか?」「どんな感情を感じながら生きていたか?」ということだけが1番の根本部分であったことを、死の直前に悟るようです。


本当に、自分が幸せな感情を感じながら生きていきたいのであれば、もう他人の目や評価は良いですから・・ 気持ち悪いほどに心底、「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めよう!

自己責任の概念がなぁ〜なぁ〜な雰囲気である日本社会の風潮に流されることなく、自分は自分で、気持ち悪いほどに心底、「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めよう!

その覚悟が固まれば、他人や世の中に己の幸せを依存する割合が減っていくため・・自然と他人や世の中の言動が気にならなくなり精神が安定してきて、毎日も幸せに近づいていくようです。


‘幸せ〜♪’という感情は、いつも当人の心の中にあります。
ですから現実のコントロールが出来なくても、心のコントロールさえ出来れば、どんな状況であろうと、いつでも‘幸せ〜♪’という感情を感じながら生きていくことは出来るようです。
ですので、他人や世の中に、己の幸せを依存する必要はなさそうです。

・・覚悟を決めるには、諦めるものを諦める必要がありそうです。
諦めるべきものを諦めの教えである名無き仙人道にて諦め、心底、「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」と覚悟を決めよう!

この覚悟と、心の仙人/仙女修行による心のコントロールが確立されてくると、精神状態が安定しやすくなるようです。

物質である精神安定剤によって不動の精神状態に到達することは出来ませんが、信念や心のあり方次第では、不動の精神状態に近づくことが出来るんですね。



B心 〜精神安定方法と食べ物〜
■‘心のあり方’次第で、精神状態は安定しやすくなるようです。

理想を現実化する方法にあるとおり、
「物事の良い面を見るか?悪い面を見るか?」
「物事を、どのように捉え、脳で映像化するか?」
などは‘心のあり方’次第であり、その影響次第で精神状態も異なっていくようです。

また、心の中の罪悪感の有無によっても精神状態は変わりますし・・劣等感を克服する方法のとおり、心の中で「自分自身をどんな存在だと認識するか?」によっても精神状態は変化するようです。

心の仙人/仙女修行によって精進し、‘心のあり方’を不動の精神状態に適したものとしていきたいものですよね。



B体 〜精神安定方法と食べ物〜
■最後に、体や食べ物と精神状態についてです。

命綱なしのガケの近くに体をもっていき片足で立ち、「はぁはぁ」と荒い呼吸をしますと、自然と、心も動揺し精神不安定状態になっていくことでしょう。
呼吸と体と心は、連動しているからです。

そのため呼吸と体を整えることで、心を落ち着かせ精神を安定させることも出来るようです。
精神状態が不安定なときは、落ち着く場所にてゆったりと座り、静かにゆっくりと深呼吸をしながら5分ほど座っていると、心も精神状態も落ち着いていくようです。

今日、小鳥のさえずりが聞えましたでしょうか。
流れる雲が目に入りましたでしょうか。

呼吸と心が落ち着いている状態ならば、かなり離れたところで鳴く小鳥のさえずりさえも耳に聞えてきますし、流れる雲も自然と視界に入ってくるようです。
浅い呼吸がクセになり、心に余裕がない状態で生きていると、鳴いている小鳥のさえずりや、流れている雲に気がつくことが出来ない場合もあるようです。

また、5感(目・耳・皮膚・鼻・舌)と心も連動しているため、リラックス出来る音楽を聞いたり、好きなお香の香りを嗅いだり、落ち着く景色を見ることでも、精神状態を安定させることが出来るようです。

及び、食事に関して。
精神状態が不安定な場合、過度にハイな状態と鬱な状態と、2通りあります。
エネルギーが増えすぎ、過度にハイな状態となり、それはそれで困ってしまいます。

このようなバランスの崩れは、体内の陰陽のエネルギーのバランスが崩れていることが原因である場合もあるようです。

陰のエネルギーが多くなりすぎると、鬱気味になりやすいようです。
陽のエネルギーが多くなりすぎると、過度にハイな状態になりやすいようです。

食べ物は食品によって陰陽に分かれているようで・・、陰陽の食べ物を各人の状況に応じてバランスよく摂取し、体内エネルギーの陰陽のバランスを整えることで精神状態が安定することもあるようです。

食べ物の陰陽に関しては「食べ物 陰陽」で検索すれば情報が出てきます。

また、食生活には生き方が現れます。

自分と相手を傷つける悪い食習慣(食生活から「生き方」がわかる)にあるとおりですね。

食生活を改善することで、生き方が改善され、精神の安定に繋がる場合もあります。

ちなみに。
精神不安定の原因が食事(食べ物)にある場合、原因は、食品添加物かもしれません。

詳しくは食生活改善方法(昨日食べた肉や刺身は美味しかったね!薬漬けだしね。)にて。



Cまとめ 〜精神安定方法と食べ物〜
■偉そうなことを書いてきましたが、私はまったくダメ駄目で・・それなのに偉そうに失礼致しました。申し訳ございません。。。
なかなか難しいですよね、不動の精神安定状態を保つことは。


さて、‘大切さ’ で言えば、信念>心>体(物質的なもの)・・の順なのかもしれません。
体や物質的なものより、信念の方が大切であり、影響力も大きいのかもしれません。

精神状態をド安定状態にしたければ、覚悟が必要なのかもしれません。

気持ち悪いほどの覚悟「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」が必要なのかもしれません。
覚悟がないうちは、精神状態が不安定に揺れ動き、愚痴も口から出てくることになるのかもしれません。

覚悟を決めた方が、人生が楽になり、楽しくもなるようです。
そして覚悟を決めるには、諦めるべきものを名無き仙人道にて諦めなければなりません。
諦めの覚悟ですね。

そしてこの「私は、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる!!」という覚悟は、別に誰かに言う必要はなさそうです。

ただ、自分の心の深〜い部分で静かに1人、「今後はもう、【自分の人生の幸/不幸】を自分で責任をとる。」と決めておくだけで良さそうです。

そしてその覚悟によって苦行は辞めなさいのとおり、まずは自分が幸せになることで・・周りの人に自然と幸せのおっそわけをしながら生きていけるようになると素敵ですよね。


さて、精神安定のためには{自分に合った仕事選び}も重要ですよね。

職場の人間関係が悪かったり、自分に合っていない仕事を毎日のように続けていれば、精神不安定になってしまっても、仕方なさそうです。

賢い{仕事選びの方法}含めて、就職や転職については、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、転職による収入減の対策には{投資/副業}があり、以下の記事が詳しいです。

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


〜精神安定方法と食べ物〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「精神安定方法と食べ物かぁ。」


バス子「食べ物も、精神に影響を与える場合があるのね。」


仙人「楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。関連記事では、誰にも言えない!相談できない深刻な悩みの解決方法【恋愛/人間関係】(1人で抱えこむのが最もヤバい)もおすすめじゃよ。」


関連幸福/幸せと不幸の原因(幸不幸の原因は他人や環境?)
精神的に弱い人の特徴と強くなる唯一の方法(嫌われる勇気を持ちなさい)
弱気を克服する私の方法(初心に戻り甘えを捨てる)
心が弱い原因は甘え!私の克服方法(メンタルの弱さは甘えが原因?)
心の平安や平和を保つ方法7つの原則(心の平安を保つ7原則)
メンタル弱い人の特徴!心が弱い私の原因(メンタルが弱い男女の共通点)
食生活改善方法(昨日食べた肉や刺身は美味しかったね!薬漬けだしね。)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他