劣等感を克服する方法!劣等感の原因は【@価値観A他人との比較】


スポンサーリンク




スポンサーリンク

劣等感をなくしたい人へ

劣等感が強い人の特徴「価値観が間違っている」
「劣等感」は価値観から生まれる?



バス男「・・(ドキドキ)。」


バス子「もう。そんなに店員のお姉さんが好きなら、早く連絡先を聞けば良いじゃない。」


バス男「はぁ〜。やっぱり駄目だ。・・僕はコンプレックスの塊で、自分に自信がなく、劣等感が強い人だから、好きなお姉さんに話かけることなんて出来ないよ。」


バス子「もう。・・でも、私も劣等感をもっているものね。そうだ!仙人に【劣等感をなくしたい】って聞きに行ってみない?」


バス男「仙人様の【劣等感をなくす方法】かぁ・・」







〜強い劣等感をなくしたい人へ〜


1.劣等感を克服する方法

@強い劣等感を克服したい!劣等感を克服する方法



劣等感とは、

@他人との比較

A価値観


によって生まれる
感情なのかもしれません。

つまり、【劣等感】とは実体のあるモノではなく、単に私達が勝手に感じている感情なのかもしれません。

仙人劣等感とは感情じゃから、劣等感をなくすことは可能じゃよ。価値観を変えることでのぉ」

お金好きは善悪?にあるとおり、
人間は自分の思い入れが強いものに対しては過剰に反応したり、感情的になるようです。



つまり、
感情が発生したならば、そこには、当人の、なにかしらの{強い思い入れ/思い込み}があるわけで・・{強い思い入れ/思い込み}がなければ、感情は生まれないようです。

たとえば ‘
スポンジ’ の話を聞いても、感情は湧かないでしょう?

それは、私達が ‘スポンジ’ に対しては{強い思い入れ/思い込み}をもっていないからのようです。

そのため、どうしても強く【劣等感】という感情が湧くのであれば、もしかしたら・・それは自分自身の
自信のない部分に対して、過度に強い思い入れをもっているからこそ、生じているのかもしれません。

劣等感を克服する方法を見ていこう!


さて、まず@他人との比較です。



劣等感とは、
他人と自分を比較することによって生まれる感情・・という側面もありそうです。

ですから、自分と他人を
比較しなければ、劣等感は生まれないのかもしれません。

就職し結婚して子供を作るのが立派な大人?【世間体を気にしないコツ】を仙人が解説

仙人劣等感の原因は【他人との比較】じゃからのぉ」

しかし、世界と人間の存在理由にあるとおり、この目の前に広がる痛いほどリアルな4次元世界の現実は、すべての物事が陰陽に分かれており、比較によって認識がなされる世界であるようです。

そのため、よほどのマスター仙人/仙女にでもならなければ、他人と自分を比較する機会をゼロにしてしまうのは難しいことでしょう。

他人と自分を比較する機会がまったくなくなれば、劣等感を感じる機会は皆無となり、自然と劣等感は克服されていくのでしょうが、それは難しいかもしれません。

自分を大切にする方法のとおり、{
他人の意見}ではなく{自分の意見}を大切にしながら・・・自分にとっての幸せの定義/基準を大事にし、他人と比較することなく、日々を幸せに生きていけると良いですよね。

自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)



仙人「他人と自分を比較して劣等感を感じる意味はないのぉ。そもそも、他人は貴方に興味ないからのぉ」」

以下の記事のとおりですね。

批判されるのが怖い!私の対処法【人は本当の意味では他人に興味ない】


次にA価値観です。
劣等感とは、当人がなにかしらの
価値観をもっているからこそ、生じる感情なのかもしれません。

たとえば、です。



貴方が{
太っている自分}に対して、劣等感をもっていたとします。

「太ってても幸せ」な人になってから痩せる方法【痩せても幸せになれない理由】

太っている自分に対して劣等感をもっている貴方は「はぁ〜。私って太っている落ちこぼれだからなぁ。」と、悩んでいます。

しかし、貴方が仮に
1000年前にタイムスリップしますと、貴方は{太っている自分}に対して、圧倒的な優越感を感じ始めるのかもしれません。

それは1000年前の世界では、価値観で言いますと{太っていること}は優劣的に、‘劣’ではなく‘優’だからです。

つい数十年前まで、食料不足くの多くの国々では、価値観で言いますと{太っていること}は優劣的に、‘劣’ではなく、むしろ‘優’だったのです。

日本でも、以前の文化では「
太っている女性の方が美しい」とされていた時代があるようです。

そのような時代では、現在「細いよねぇ」と言われているような細身の女性達は、「はぁ〜。私って痩せているからなぁ↓」と、劣等感を感じ悩んでいました。

当時の価値観では、{痩せていること}は優劣的にいえば‘劣’だったからです。

仙人劣等感の原因価値観じゃよ。劣等感が強い人の特徴は間違った価値観をもっている・・周りに流された価値観をもっている人じゃのぉ」

常識人と非常識人の違い【社会常識ある人は流されている人】私が非常識な理由

バス男価値観なんて時代によって変わるなぁ」

以下の記事のとおりですね。

社会常識に変化が起きる仕組み【今後10年の社会変化も】35歳までにやるべきこと「大人の頭が固い理由」

つまり・・貴方が{太っている自分}に対して劣等感を感じている理由は、貴方が太っているからではなく、貴方の価値観では{太っていること}は優劣的に、‘劣’とされているからなのです。

仮に、です。

貴方の価値観が変わり、自分の中での価値観的に{太っていること}が優劣的に‘優’になれば、貴方は太った自分のまま、劣等感をもたなくなるのです。

ダイエットして痩せなくても、価値観が変わりさえすれば、貴方は太った自分のまま、劣等感をもたなくなるのです。

綺麗に痩せるには?方法




結局、劣等感とは、深い部分の話をすれば価値観の話なのかもしれません。

劣等感の話は、能力の話ではなく、価値観の話とも言えそうです。

そして、エネルギー問題の解決策にあるとおり、すべての{人/生き物/モノ/出来事}は、元を辿れば同じ1つの存在(サムシンググレート)に行き着くため、大きな視点から言えば、皆、同じ1つの存在であり・・



貴方Aさんの違いなんてものは、人差し指中指の違い程度なものなのかもしれません。

人差し指と中指は、見た目こそ多少違うものの、本質的には同じ{人間}の部分です。

貴方とAさんは、見た目こそ多少違うものの、本質的には同じ{サムシンググレート}の部分・・なのかもしれません。


それなのに、です。



人差し指と中指は、見た目こそ多少違うものの「どちらが優れているか?劣っているか?」なんてあるのでしょうか。

貴方とAさんは、見た目こそ多少違うものの、「どちらが優れているか?劣っているか?」なんてあるのでしょうか。

仙人他人との違いは、ではないのぉ。個性の違いじゃよ」

もし「ある!」と感じるならば、そこには当人の個人的な価値観【○○は優れていて、△△は劣っている】という価値観があるため、錯覚的に感じているだけであり、もし当人の価値観が完全にフラットな状態ならば・・

つまり、【○○は優れていて、△△は劣っている】という価値観をもっておらず、「人それぞれの違いは、単なる個性の違いよねぇ〜。」という考えならば、自分と他人を比べた際に、「どちらが優れているか?劣っているか?」なんてものは、存在しないように感じるのではないでしょうか?



仙人宇宙空間にはもない。価値観とは思い込み。他人と自分とを比較して劣等感を感じる意味も、合理性もないのぉ」

賢い人の特徴【合理的な考え方をする方法】考え方を変えたい人へ!知識/体験が大事だよ

Aさんは優れていて、Bさんは劣っているなんて、1個人の視点/価値観からでなく、大いなる視点/価値観から見た場合、あるのでしょうか。

私達1人1人の違いは・・そこにはただ、違いがあるだけで、その違いは{優劣の違い}ではなく、単なる違いがあるだけなのかもしれません。

その違いは、
ビールジョッキコーヒーのマグカップの違いにも似ています。



ビールジョッキとコーヒーのマグカップでは、「どちらが優れているか?劣っているか?」なんてあるのでしょうか?

そこには、ただ
ただ、違いがあるだけのようにも思えます。

人間が1個人の視点/価値観から、勝手に「優れている!劣っている!」と、ピーチクパーチク言っているだけなのかもしれません。



人それぞれの違いはまるで、上図の幼稚園の子供達のようなものであり・・ 人それぞれ
違いはありますが、それはそれぞれ、異なったそれぞれの個性であり、 「ミキちゃんが1番素晴らしく、ケン君は最も劣っている」 なんて、そんな優劣なんて、本質的な優劣なんて、あるのでしょうか?


本質的な優劣なんて存在しない、ならばですよ?

どうして【劣等感】なんて感情を、わざわざ感じる必要があるでしょうか。


そもそも、です。

【劣等感】なんて感情は、そもそもおかしな話なのかもしれません。

エネルギー問題の解決策にあるとおり、私達は創造主でもあるのかもしれません。

私達は創造主なのに、どうして【劣等感】なんて感情を、わざわざ感じる必要があるのでしょうか。

私達の本質は、いわゆる世間で言われる神様と、質的にも同一であり、私達は、創造主の1部分でもあるのかもしれません。

私達1人1人は、全体である{サムシンググレート}の部分、部分であり・・部分は、質も種類も全体・・つまり{サムシンググレート}と同様です。違いは、規模だけです。

私達の本質である魂は、創造主と、質的にも同一であり、私達は、創造主の1部分であり、皆が同じ1つの存在であるにも関わらず・・肉体という個別感覚の強い殻に宿ることにより、【皆は同じ1つ】ということを、ついつい忘れてしまい、・・・

自我意識が過剰に強くなりすぎてしまい、ついつい自分は自分は自分は自分はとなり、「私は、こう思うんです!」と、自分1個人の偏った視点/価値観を、絶対的な価値観と勘違いしてしまい、この世に‘優劣’が存在するかのように錯覚をおこし・・

自分と他人の違いは、人差し指と中指の違いのようなものであり、まあ違いはありますけれども、
本質的には同一で、少なくとも親しい兄弟みないなものであり、

「人差し指の幸せは、己の幸せでもあるよね。」

「中指の辛さ/苦悩は、自分の辛さ/苦悩でもあるよね。」

ということを忘れてしまい、自分と他人を、完全なる別者として錯覚し、

「あの人より、私は劣っている。はぁ〜↓」

「幸せなあの人が妬ましい。くぅ〜、呪って不幸にしてやりたい!」

などと、そのような勘違いをしているだけなのかもしれません。



Bまとめ〜劣等感をなくす方法〜


「劣等感が生じるか?否か?」は、当人の価値観によるものなのかもしれません。

「○○が優れている」「××は、劣っている」という優劣の価値観を、自分の中でもっているからこそ、劣等感というのは生じてしまう感情のようです。

「劣等感が生じるか?否か?」は、当人の
価値観次第で決まるのかもしれません。

「○○が優れている」「××は、劣っている」という優劣の価値観を、自分の中でもっているからこそ、劣等感というのは生じてしまう感情なのかもしれません。



世間一般的な価値判断の基準に従わなければならない法律なんて存在せず・・・それなのに、世間一般的な価値判断の基準に鵜呑み的に従い、そのことで自分に劣等感を感じ・・

ありのままの自分を認めてあげることができず、背伸びをして、無理して頑張り・・



世の中に煽られて、
皆と同じ山の山頂を目指し、他人を蹴落としてでも山頂に到達しようとする競争社会に、知らず知らずのうちに飲み込まれていき、「人生が楽しくない。辛い。」と、私は嘆いていました。

受験→就活→婚活→出世争い【人生は競争】競争社会で日本人は何の競争してる?「資本主義での競争とは?」

人類の歴史は、
レバレッジの獲得の歴史でもあります。



そして、人間が使用できる1番のレバレッジは、己の{心/思考/
潜在意識}のようなのです。

潜在意識と顕在意識の違い(潜在意識を図解で解説)

人類の歴史は、目の前に映し出される自然の中から、レバレッジを見つけだす歴史でもありました。

昔の人々は、自然に存在する木や鉱石を使用し、最小の労力によって最大の効果を出すための‘弓矢’を作り出しました。

その後も、人類は自然に存在する木や鉱山や石油などを利用し、最小の労力によって最大の効果を出すための‘発明’‘道具’を作り出してきました。

電化製品も、その1部です。

しかし現在の物質文明は、目に映し出される{
目に見えるものばかりに焦点を当てる自然科学を基礎に発展してきたためか?

が追いついてきておらず・・

人類が自然の中から見つけ作り出したレバレッジの多くは、兵器に応用され、人々は同胞である人類を殺しあう戦争を繰り返してきました。核爆弾も、その1つです。



3月11日M9.0東北・東日本巨大地震と原発事故などを見るに・・ そろそろ人類は、人間が使用できる1番のレバレッジは、己の心/思考/潜在意識など{目には見えないもの}であり、【
1番大切なことはお金・地位・権力・名誉などではなく、思いやりや愛等の心である】ことを知るべき時期が近づいてきているのかもしれません。

東北の被災地の方々の、苦しい中での{思いやりや愛等の心}は、そのことを世界中の人々に教えてくれました。


なお動画【劣等感の克服法「劣った人は価値がない」は嘘】もおすすめです。




★合わせて読みたい★


劣等感を克服するには【
本当に幸せになっていいよ】と自分に許可できる必要があります。

この話は、以下で。

幸せになるのが怖い人へ【幸せを許可するワーク】私の事例。USJにて

幸せを拒絶する心理4つ【なぜ幸せになれない?】ずっと幸せな人と、ずっと不幸な人の違い


〜追伸〜


劣等感をなくす方法の1つは「
謙虚になること」かもしれません。

自己評価ばかり高くて、実力はないならば「俺は、こんなハズじゃない!今の自分はダメだ」と劣等感を感じやすくなってしまいそうです。

プライドを捨てる方法6つ【自慢はうざい】バカにされるくらいが丁度いいよ

一方、謙虚になって「私は、全世界で1番の雑魚新米である。周りの全ての人がリスペクトすべき先輩だ」と思うようになれば、劣等感も軽減されそうです。

人を見下すのをやめたい!謙虚な人になる方法(人を見下してしまう原因と対処法)

また、実力をコツコツと身につけていくこと・・言い換えると、実績を、コツコツと積み重ねていくことも、劣等感の克服方法の1つになりそうです。

実績が積み重なれば、周りの人達からの評価も高くなり「すごいですね」と言われる機会も増えて、劣等感は薄れることになりそうです。

劣等感を克服するには、長期的な目線で、実力・実績をコツコツと積み重ねていくこと。



また、私の場合は、劣等感を克服するために
投資副業に勤しんできた経緯もあります。

投資や副業で結果を出せると、自分に
自信がもてるようになるし、リアルに収入が増えていき、一石二鳥ですものね。

投資や副業については、

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

が詳しいです。


また、仕事や職選びの失敗は、私たちに劣等感を抱かせ、成功は、私たちに自信を与えることになるようです。

賢い就職・
転職の仕方含め、就活や転職については、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕も劣等感を克服したいなぁ。」


バス子「劣等感を克服するには、自分の価値観を変えることから行う必要があるのかもしれないわねぇ。」


仙人「劣等感は、誤った既存の知識/価値観などから、発生する感情なのかもしれぬのぉ。人間は十人十色じゃから、皆、素晴らしい存在なのじゃと思うのじゃよ。楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連地震の前に目が覚める理由(心のラジオ)
まっすぐな性格の人になるには?歪んだ性格の治し方(歪んだ性格の改善方法)
カリスマ性ある人の特徴4つ(カリスマ性の秘密にせまります)
天才肌の特徴と凡人の私の生き方(凡人の処世術)
嫌なことから逃げる人の2つの心理(嫌なことから逃げないコツ)
センス/才能がない人がプロになる方法(今からプロになるための4つの条件)
人生大逆転したい!方法(20代30代40代で人生を逆転させるコツ)





負の思い込み】を書き換える仙人術



1.観念とは→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?

2.人生観私の人生観が【人生とは苦労して成長するもの】から【人生とは楽しむもの】に変わったキッカケの話

3.お金観私のお金観が変わった時の話【お金で苦労する原因は、お金に対する思い込みのせいだった】

4.恋愛観私が結婚できた理由【恋愛観/結婚観の書き換えでした】「押しつける人」と「歩み寄れる人」の違い

5.人間関係観私の人間関係観は【負の思い込みだらけでした】書き換えのワークをやってみた結果・・

6.仕事観私の仕事観【給料は我慢の対価】楽しく働くことに罪悪感をもった過去を癒した時の話





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他