生きていく自信がない【生きる覚悟をもつには?】


スポンサーリンク




スポンサーリンク

生きていく自信がない人へ

落ちこぼれ社会人の私の生きる覚悟
「生きる力」の真実。


バス男「はぁ〜。また株で負けた。もう株に投資する残金もない。そして僕には、もう生きていく自信もないよ・・。」


バス子「ちょっとバス男さん。株取引ばかりしてないで、真面目に働きなさいよ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕は働く意味もわからないし、働き続ける自信がないし、自分に自信もないから、社会の中で生きていく自信をもてずに不安なんだ。もっとやさしく接してよね。」


バス子「はいはい。だったら、仙人に【生きていく自信がない】って相談に行ってみれば?」


「仙人様は【生きる覚悟をもつには?】って相談に、なんて答えるのかなぁ?」






〜生きていく自信がもてない人へ〜

1.「生きる自信」の真実
@生きていく自身がもてない・・



社会人になったすぐの頃は「私は、
この仕事には向いていないよ。はぁ〜辛い。早く辞めて他の職に就きたい。」と思っていましたが・・

適職に就くには世間体を気にしないこと【私の経験談】仕事の「向き/不向き」は安心感でわかる

転職してからは、「あぁ、私は、なんの仕事をしても上手くこなせない駄目人間なんだ。」ということが、だんだんとわかってきました。

バス子「転職後も、働き続ける自信がもてない・・落ちこぼれ社会人は辛いわね」

世の中お金と言われる現代社会では、【
上手く働けないお金が入らない → 食べていけない → 生きていけない】です。

私はなんの仕事をしても辛い現実が現れる現状に、生きていく自信をもてずにいました。

お金がないと生きていけない【全人類が強制参加の地獄ゲーム資本主義】賢い攻略法2つ!お金に幸せを依存するリスク



休憩時間の最中「
こんな毎日があと数十年も続くのか?」と思うと、うつ病や病気にならず何十年も働き続ける自信も、生きていく自信も、もてずにいました。

それに・・このような時代であるため、私が定年を迎えるまで存続している企業なんて少なく、つまり、そのうち10年後か20年後かわかりませんが、
倒産し、私は無職となり、もう転職するには遅い年齢になっているだろうに、そこから職探しをすることになる可能性もあることが、推測されました。

突然の失業に備える私の方法!コツは2つ【ダム経営/景気循環】だよ

ただただ仕事ばかりして、生活をまわすだけに忙殺される、楽しいこと・
嬉しいことなんて1つもない日々を生きていたからでしょうか?



私は休憩時間の最中に「自分は、なんのために生きているんだろう?」「なんで、こんなことしてるんだろう?」「
将来が不安だ・・。」と、こんな辛く楽しくない毎日を生きることになっている自分自身に対して、そして世の中に対して・・イライラ、イライラしていました。

将来が不安な人へ

この先1人で生きていく自信がない!対処法を見ていこう。



B「生きていく自信」〜生きる自信がもてない〜


「そういえば以前は、いろいろとイライラしていたな。」

昔を回想していた私は、再び記事を書くためにパソコンの前に座りました。

今日は、良く晴れた日曜日です。

多くの人達は、良い天気の中、レジャーや娯楽を楽しんでいることでしょう。

そして私は相変わらず・・昔と変わらず、
日曜日も仕事です。

今週は、食料を買うためにスーパーに行った時以外、外出していません。

つまりずっと部屋の中にいるわけですから、なんとも娯楽のしようがありません。

1日中、
朝起きてから寝るまでひたすら仕事です。

そしてこれは珍しいことではなく、だいたい、こんな日々です。

ですから年間の労働日数や労働時間は、世間一般的に言えば「ハンパない」ことでしょう。

先週の土曜日に友人と会って以来、もう
1週間以上誰とも話しをしていません



独り言は多いですが 笑

そしてこれは珍しいことではなく、だいたい、こんな日々です。

※追伸→現在はもっと普通の生活をさせて頂けています。

そういえば私は、生きていく自信をもてないでいました。

将来に対する、漠然とした
不安感をずっともっていました。

将来の安定・安心を諦めなさい

現状に対する、漠然とした不満感もずっともって生きていました。

しかし仙人/仙女修行など以降は、ど〜もそういうこととはご縁がなくなってしまったようで、「生きていくことに自信をもてない!」「将来が不安だ!」「現状に不満がある!」と言われても、「まぁ、うーん・・」と思うだけでなんとも感情も思考も湧きません。

しかし、文章を書く上で「まぁ、うーん・・」などと言うわけにもいきませんから 笑 少し原因や対象方法を考えてみました。


「生きていく自信がもてません。」
朝起きてから寝るまで毎日働く
生きていく自信がもてるようになるようです。

私は{年間休日数110日}とか{有休も含めた年間休日数130日}などという
俗世間の大衆マインドの中にドップリ浸かっていた頃は・・

「年間の休日数とは、100日前後である」と信じ込んで生きていた頃は、生きていく自信をもてずにいましたが、物理的にではなく心の中で俗世間を捨て、毎日仕事をするのが当たり前の生活になると、生きていく自信がもてるようになりました。

※大衆マインドとは?→夢・目標・願望を実現する方法

{年間休日数110日}とか{有休も含めた年間休日数130日}とか言わずに、淡々と
365日、毎日朝から晩まで働いているのに、生きていくことが出来ないほど貧乏であり続けることは逆に不可能・・とも言えそうです。



生活水準を下げますと・・最低賃金で働こうと、自営で細々と農業をしようと、{年間休日数110日}とか{有休も含めた年間休日数130日}とか言わずに、淡々と毎日まいにち
365日、朝から晩まで働いているのに、生きていくことが出来ないほど食べ物に困り続けることは逆に不可能でしょう。

「毎日朝から晩まで働いているのに、生きていくことが出来ないほど貧乏」ということは難しすぎてハードルが高すぎて、実現できそうにありません。

毎日まいにち朝から晩まで働いていると、どうしても嫌でも、お金がどんどん入ってきます。

結局、「
生きることだけのハードル」「食いつないでいくだけのハードル」というのは高いものではないのかもしれません。

「生きること」「なんとか、かんとか、食いつないでいくこと」が難しいことであり、ハードルが高いことならば、とっくの昔に人類は絶滅していることでしょう。

つまり・・「生きることだけのハードル」「食いつないでいくだけのハードル」というのは高いものではなく・・

この意味がわからない場合は、365日、毎日まいにち朝から晩まで働き続ける生活を長く続けてみれば、わかるようになりそうです。

仙人生きるだけでは簡単だから「将来の夢をもちなさい」と煽られるわけじゃよ」

以下の記事のとおりです。

将来の夢がない人へ【将来の夢は必要ない】焦りの原因になるよ



{年間休日数110日}とか{
有休も含めた年間休日数130日とか言わずに、淡々と毎日まいにち朝から晩まで働き続ければ、生きていくために必要な程度のお金は入ってくるからです。

むしろ現代の日本社会では、「生きることだけのハードル」「食いつないでいくだけのハードル」が低く簡単すぎるため、子供達にも、「将来の夢は?」などと聞き、「大きな夢を描きなさい。大きな目標をもちなさい。」などと教えているのかもしれません。

目標設定は辞めなさい


「生きていく自信がもてません。」



その場合は、いろいろと難しいことは考えずシンプルに、
残りの生涯は一生生活水準を下げ、淡々と毎日まいにち365日、朝から晩まで働いてみるのも良いかもしれません。


TVのない生活ですから、現在の日本社会の
景気の良し悪しはわかりませんが・・ありがたいことに、私個人の景気は悪くないのです。

不景気になる仕組み【お金が回る/回らない】とは?財政出動/景気対策含め「図解」で説明

お陰様で現在、ネット副業投資(株・FX・不動産等)から、収入が入ってきています。



そして・・もし収入が途切れたら、運命の大きな流れ的に「もうお役目ごめん」というわけでしょうから、その時は腰を上げ、ど田舎にでも引越し、生活水準をさらに下げ、ほそぼそと
自給自足的に農業でもしながら、ゆる〜い生き方でもしようかなぁ〜とも思っています。

税金を払う程度には野菜等を出荷して・・ですね。

たとえ自給自足の生活でも、税金を払わないと世の中は煩いですしね。

自給自足の生活は可能?【田舎の生活費は高いよ】を田舎暮らしの私が大公開


「そういった生活に不安はないの?」
毎日朝から晩まで淡々と農作業をしているのに、生きていくことが出来ないほど貧乏であり続けることは難しいことでしょう。

そんなことなら、
人類はとっくの昔に滅んでいることでしょう。

過去何千年と、私達の祖先は、毎日朝から晩まで淡々と農作業をして生きてきました。

ですから私は、そのときは朝から晩まで淡々と、のんびり農作業でもしようと思っているため、不安は昔ほどはありません。

安定した仕事がないが【安定したい人へ】安定した生き方のコツ5つ<



及び・・
最新家電やら綺麗な家具やら、TVやら洗濯機やら携帯電話まで、なんでもある現代社会の生活水準は、人類の長〜い歴史からみれば、まさに‘夢物語’です。

ありえない、夢のような生活なわけです。

そしてそんな‘夢物語’の中にドップリ浸かっている私達は、電化製品のないボロボロの小屋のような住まいで生活することを不安に感じるものです。

しかしつい少し前・・
たった200年ほど前まで、私達の曾・曾・曾爺様とか婆様とかは、電化製品なんて存在しない電気もガスもないボロボロの小屋のような住まいで生活し、それでいて、それなりに幸せに暮らしてきました。

もしかしたら・・です。

最新家電やら綺麗な家具やら、TVやら洗濯機やら携帯電話まで、なんでもある
現代社会の生活水準の方が、‘異様/異常’なのかもしれませんね。

見栄張る貧乏より身の丈にあった生活が幸せのコツ「勝ち組アピールの心理が現れる支出8つ」に気をつける


「病気になったらどうする!?」


病気になって働けなくなったら
、その時は
生存欲求を諦めるまで・・なのかもしれません。

どちらにしろ。

過去何千年と、私達の祖先は、働けない・・治る見込みのない病気になれば、その時は生存欲求を諦めるしかありませんでした。

「保険がどうのこうの」などはありませんでした。

【諦める生き方】が怖い人へ「人生を諦める」とは、夢見る子供を諦め、現実的な大人になること

仙人「生きる覚悟をもてない落ちこぼれ社会人が、生きる覚悟をもつにはいつか訪れる死も受け入れる覚悟をもつことじゃよ」

バス子「優等生も、落ちこぼれの人も、人間、いつかは死ぬわね」

いったい、どれだけの意味があるのでしょうか?



この宇宙の何百億年と気が遠くなるほど長い時間の流れの中で、死が早まろうが生が伸びようが、いったい、どれだけの差があるのでしょうか。

私達はよくわからないままに、物心ついた頃にはなぜかもう
人生が勝手にスタートしており・・私の場合なんて、目と顔が悪く背も低い駄目男として人生がスタートしていました。

【やりたいことはなくていい】私は、やりたいことはないまま楽しく生きています

せめて事前に相談してくれたら、「やっぱり、生まれる家庭は経済的に恵まれている家庭で・・出来ればアラブの石油でしこたま儲けている王族の家系で・・顔はイケメンで高身長で・・」と希望を述べたのに、そんな事前の協議もなしに、勝手に駄目男の落ちこぼれとしての人生がスタートしていました。

あまりにも無茶ブリですし失礼です。

それなのに、よくわからない中、子供の頃から「将来の夢は?」などと、
将来の大きな夢をもつよう暗黙のうちに強制され、「大きな夢を描きなさい。大きな目標をもちなさい。」などち無理強いされ・・

人生に期待するのは諦めなさい

それはまるで、遠まわしに、「
ただ生きるだけ/ただ死ぬまで食いつなぐだけじゃ駄目だ!そんな奴は落ちこぼれ人間、駄目人間だ。そんな奴は優勢学の思想的にも淘汰されるべきだ!さあっ、お前も大きな夢を描きなさい。大きな目標をもちなさい。」などと言われているようなものです。

たまったものではありません。

関連目標設定は辞めなさい

そして、よくわからないうちに、

「やっぱり、新しく綺麗で広い住まいに住んだ方が価値があるよね。」

「最新家電に囲まれてリッチな生活をした方がお洒落でカッコイイよね。」

高いライフスタイルを手に入れるため、頑張って働こう。それが当たり前だよね。」

のような価値観をもたされ、そのせいで・・高いライフスタイルを維持するために、毎日忙殺されるほど、嫌な仕事に耐えながら、私は働くことになっていました。

簡単!家計の見直しのやり方【1カ月の支出を項目毎に表にする方法】支出額を把握できない人へ

そして・・「自分は、なんのために生きているんだろう?」「なんで、こんなことしてるんだろう?」と、その答えもわからぬままに漠然と日々に忙殺され生きていました。

いったい、どれほどの意味や価値があるのでしょうか?

この宇宙の何百億年と気が遠くなるほど長い時間の流れの中で、死が早まろうが生が伸びようが、いったい、どれだけの差があるのでしょうか。

私個人は、病気になって働けなくなったら、その時は生存欲求を諦めしかないのかもしれない・・・とも考えています。

関連健康に生きるコツ


「そんな生活、楽しくないじゃないか!?」


東京の渋谷等・・華やかな場所で、
親のすねをかじりながら仕事もせずに、最新のスマートフォンを所有し、良い住まいに住んで、お腹いっぱい外食を食べ、買い物をたくさんして、華やかに楽しんでみても、やっぱり心のどこか・・

特に深い部分が満たされず、その
満たされない想いから、今日も華やかな場所をフラフラする若者達もいるのかもしれません。

【人生は旅】人生を楽しめる人の特徴は「貧乏旅行を楽しめる」節約旅行を楽しむコツ5つ

そんな若者の中には、深い部分が満たされない寂しさから、いろいろしてみたりもするのですが、それでもやっぱり満たされず・・今日も華やかな場所をフラフラさまよっています。

自分探しの方法/沖縄一人旅にて(早咲き/遅咲き)



その姿はどこか、どうも満たされない想いから、さっさとあの世にでも遊びに行けば良いのに未だに4次元世界の現実にてフラフラしている
浮遊霊(ふゆうれい)にも似ています。

また、立派な一軒屋やマンションに住みつつも、仕事のストレスから頭痛やうつ病と戦いながら辛い思いをして働くサラリーマンや、「
私、なんのために生きているだろ・・。」と、リッチな住まいにて昼ドラをぼ〜っと見ながらフっと思い、溜め息をつく主婦も、いるのかもしれません。

今の日本で働く必要性ある?【したい仕事が見つからない本当の理由】世界がもし100人の村だったら〜仕事版〜

一方で・・現在の私達から見れば、「生活水準が低い」なんてレベルではなく、そもそも
電気もガスも家電もない暮らしをし、毎日まいにち仕事ばかりしている先住民の方々は・・



彼らは自給自足的な生活をしています。「そんな生活、楽しくないじゃないか!?」と思ってしまいます。

そんな先住民の方々は、気分が良かったり、ご機嫌だと、ジャングルの中で歌を歌うそうです。

そして・・彼らは大抵、ご機嫌に歌を歌いながら幸せな生活を送っているそうです。


また、江戸時代の生活・暮らしでは家はボロく、最新家電もありませんでした。

江戸の人々の生活水準は、非常に低かったわけです。

では、当時江戸に住んでいた100万人の人々は、皆、「はぁ〜。生活水準低いからな・・↓」
「こんな生活、楽しくないよ!」と悩み苦しみ、誰1人として幸せではなかったのでしょうか?

答えは「否」ですよね。江戸の人々は、四季折々の祭りも含め、現在に比べれば生活水準がかなり低いにも関わらず、
幸せに暮らしていました



こんなことを書くと、「宗教的だ!」などと言われることもあるようなのですが、
‘幸せ’と物理的な生活水準は関係がないようなのです。

幸せは、物理的などこかにあるのではなく、いつも己の心の中にあるからです。

世界の中心で華やかな暮らしをしていても、【
己の心の中の桃源郷】を見出せない人は、いつも漠然とした不安や不満をもち、イライラすることの多い人生を生きていくでしょう。

また田舎にて、農業をしながら暮らしをしていても、【己の心の中の桃源郷】を見出せない人は、いつも溜め息をつきながら漠然とした不安や不満をもち、イライラすることの多い人生を生きていくでしょう。

人生で大切なものが手に入らない理由は欲望の罠【幸せの基準を下げなさい】

一方で・・



世界の中心で華やかな暮らしをしていても【
己の心の中の桃源郷】を見出せている人は、いつもご機嫌で幸せで満たされており、イライラすることの少ない人生を生きていくでしょう。

また世の中の場末にて、地球でも耕しながら、のんびりと・・世間一般的な尺度で見れば生活水準の低い暮らしをしていても【己の心の中の桃源郷】を見出せている人は、いつもご機嫌で幸せで満たされており、イライラすることの少ない人生を生きていくでしょう。

貴方が都会で頑張る理由【心が満たされていないから】私が沖縄の島時間で学んだ「本当の幸せ」

人間が幸せになるための条件とはなにか?それは物理的なモノや地位や名誉等にどうしても依存しなければならないものなのか?」

【生きる自信】についての本質の話というものは、「仕事がうんぬん」とかではなく、「人間の幸せ」についての話なのかもしれません。

(幸せって、なんで決まるの?)底辺職の生活と人生の幸せ

生きることは出来そうです。

生活水準をめいっぱい下げ、毎日まいにち毎日365日・・朝から晩まで生産活動をし続ければ、生きることは出来そうです。

そのことを、私達の子孫、ご先祖様方が何世代、何十・何百世代と歴史の中で証明してくださっています。

生きることは出来そうです。

重要なことは、人間の幸せについて、己の中でしっかりとした明確な答えをもっておくことなのかもしれません。

私は長いこと、その答えがあやふやで、
世の中の風潮や常識に流されっぱなしだったため、よくわからないままに「生きていく自信がもてない・・。」と悩んでいました。

常識人と非常識人の違い【社会常識ある人は流されている人】私が非常識な理由

私が悩んでいたのは、「生きていく自信がもてない」からではなく・・それは正確に言うと違っており・・

私が悩んでいたのは、世間一般社会の中で、
常識的に使われている{‘幸せ’を計る物差し}を使用した場合に限り「生きていく自信がもてない」と悩んでいたわけです。

私は、
自分オリジナルな{‘幸せ’を計る物差し}をもっていなかったため、世間一般社会の中で、常識的に使われている{‘幸せ’を計る物差し}を拝借し使っていました。

その頃の私は幸せではありませんでした。



一方、観念を書き換える方法【生きながらにして生まれ変わる転生仙術】に取り組んだ以降の私は、自分の中で自分オリジナルな{‘幸せ’を計る物差し}をもつようになりました。

すると、以前よりは幸せになっていきました。


「生きていく自信がもてません。」
それはもしかしたら、自分オリジナルな{‘幸せ’を計る物差し}をもっていないため、世間一般社会の中で、常識的に使われている{‘幸せ’を計る物差し}を拝借し使い、自分自身の幸せや人生について考えているからかもしれません。

自分の中で
自分オリジナルな{‘幸せ’を計る物差し}をもつようになると、肩の力がス〜と抜け、心の中ではゆる〜い風が吹き始め、その風は追い風となり、少しづつ生きていく自信がもてるようになっていくから、不思議なものです。


・・ちなみに、世間一般社会の中で、
常識的に使われている{‘幸せ’を計る物差し}には、「ここからコッチは勝ち組それ以下は負け組み」などと、そんなくだらないことまでご丁寧に、メモリ部分に書き込まれているようです。

受験→就活→婚活→出世争い【人生は競争】競争社会で日本人は何の競争してる?「資本主義での競争とは?」

自分にとっての幸せの定義/基準を見出していけると良いですよね。

なお、動画「宇宙から見た君の存在価値。「生きていてごめんなさい」は勘違い」もおすすめです。




〜追伸〜
現在も生きていくことに対する不安や、収入面に対する不安などがあるのに、自分に自信がなく背伸びするせいで、また謙虚さが欠如しているせいで・・このような記事の書き方となってしまいました。
大変申し訳ございませんでした。


〜追伸2〜


具体的な生きていくための手段ですが、{
仕事選び}と{副業/投資}が重要となりますよね。

就活に関しては、就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)が詳しく・・

仕事選びや、副業/投資については、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


また、就活や就職と、同じくらい影響力の大きい
結婚/婚活については、婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)の記事が詳しいです。

【女の幸せは男次第】で【男の幸せも女次第】いい人と結婚したら「人生あがり」は男女共通


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は株でボロ儲けできたら、生きていく自信が湧いてくるんだけどなぁ。」


バス子「もうっ。そんな話は投資(株・FX・不動産等)の記事内でしないさいよ。」


仙人「異性との出会いの方法一覧に関するスキルや、ネット副業投資(株・FX・不動産等)に関するスキルというのは、それは小手先のノウハウにすぎず、やはり大切なことは、そのような小手先のノウハウではなく、己の中で確固たる{‘幸せ’を計る物差し}をもっておくこと・・とも言えそうじゃのぉ。そしてそのうえで、必要を感じるならば、異性との出会いの方法一覧に関するスキルや、ネット副業投資(株・FX・不動産等)に関するスキルを学べば良いのかもしれぬのぉ。ノウハウも毛嫌いする必要はないからのぉ。楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連自分に向いている仕事がわからない解決策3つ(向いている職業の見つけ方)
隠れ優良企業の探し方!穴場の業界2つ(ホワイト企業率が高い業界2つ)
誰にも言えない!相談できない深刻な悩みの解決方法【恋愛/人間関係】(1人で抱えこむのが最もヤバい)
20代前半でやるべきこと4つ(これから30歳までに貴方の人生で起きる変化とは?)
弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)
もう疲れた!人生に疲れた時は生き方を変えよう(将来は「なんくるないさ〜(何とかなるさ)」)
したたかな男女とは?ブラックな環境でもしたたかに生きる方法(したたかに生きる処世術)
人間社会は弱肉強食で適者生存!どう生きるか?私の事例(厳しい環境での生き方)





負の思い込み】を書き換える仙人術



1.観念とは→観念とは【わかりやすく図解】なぜ「思い込み」をなくすと人生が変わるのか?

2.人生観私の人生観が【人生とは苦労して成長するもの】から【人生とは楽しむもの】に変わったキッカケの話

3.お金観私のお金観が変わった時の話【お金で苦労する原因は、お金に対する思い込みのせいだった】

4.恋愛観私が結婚できた理由【恋愛観/結婚観の書き換えでした】「押しつける人」と「歩み寄れる人」の違い

5.人間関係観私の人間関係観は【負の思い込みだらけでした】書き換えのワークをやってみた結果・・

6.仕事観私の仕事観【給料は我慢の対価】楽しく働くことに罪悪感をもった過去を癒した時の話





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他